31 2014

初夏の兼六園 杜若(カキツバタ)と梅の実の緑が彩る名園散策(2014)

暑い日が続いていますね。
北海道の真夏日とか、九州の猛暑日とか、いろんな「暑さネタ」のニュースが続々と入ってきています。
まだ5月だというのに、列島はまるで真夏のような空気です。

東京都心よりも二日早く金沢で今年初めて最高気温30℃以上の真夏日となった日、兼六園のカキツバタver.2014を見に行ってきました。

兼六園のカキツバタと花見橋

全ての桜が咲き終わった後の兼六園の主役は、なんてったって緑の木々と青いカキツバタ。
これに限ります。
今回は初夏の兼六園を代表するシーンをお伝えします。

初夏の兼六園 ことじ灯籠


2014年05月28日 石川県金沢市 兼六園


日本三名園の一つとして名高い兼六園。
週末なら入園無料(土・日は石川県民であることが証明できればタダなのだ)なのであまり意識していなかったのですが、今年の消費税増税により兼六園の入園料が従来の300円から10円上がって310円になっています。
入場料とか拝観料とかでこの「10円」の端数って面倒じゃない?
ササっと支払いを済ませて中に入りたいのに、小銭を多く出したりお釣りが細かくなるからこれまでよりも列に並ぶ時間が増えるかも。
まぁ兼六園の料金所で長蛇の列ができることは滅多にないけどね(笑)。
全国の、これまで百円単位キッカリだったところも、このように値上げされているのかなぁ。


さて、久しぶりに兼六園にお金を落として中に入ります。
前に来たのはちょうど桜が咲く頃でしたが、今は緑のセカイ。
春に桜のライトアップをお伝えした「桜が岡」も今は深緑に包まれています。
兼六園 そろそろ深緑の季節


中に入って早速登場するのが、兼六園のシンボル「ことじ灯籠」
もはやおなじみの画ですが、兼六園に来てこれを撮らずに帰るワケにはいかない(^^)。
灯籠の右の丸っこい植栽はサツキなんでしょうが、チラホラとしか咲いていませんでした。
サツキを楽しむにはちょっと時期が遅かったかもなぁ。
兼六園のシンボルことじ灯籠


灯籠のベストシャッタースポット「虹橋」(写真左側の白いやつ)。
そのたもとには、まだ咲き残っているサツキがありました。
初夏の花サツキのピンクをことじ灯籠に添えてみました。
兼六園 サツキの花とことじ灯籠


そして、今度はカキツバタの青紫を添えて。
兼六園のことじ灯籠 カキツバタの青を添えて


兼六園の「霞ヶ池」や曲水に架かる「雁行橋」などの見所も、サツキがそっと彩りを添えていました。
初夏ならではです。
兼六園の霞ヶ池 サツキがそっと彩る

兼六園の曲水と「雁行橋」 サツキのピンクを添えて



5月の兼六園といえば、何といってもカキツバタでしょう!
園内をクネクネと流れる曲水や池の畔などの水辺に、約1万株4万本が群生していて、カキツバタファンにはたまらない光景が広がっています。
ここ3年ほど毎年見に来ていますが、私の感覚では見頃は5月25日頃を中心とした前後1週間ほどです。
6月の始め、ちょうど金沢の「百万石まつり」が行われる頃まで楽しむことができます。
兼六園のカキツバタ(2014)

兼六園のカキツバタ(2014)

兼六園のカキツバタ(2014)



日本庭園、そしてカキツバタに欠かせないのが「水」ですよね。
兼六園の6つの美的要素(六勝)のひとつでもある「水泉」を司るのが曲水や池。
その水は市内を流れる辰巳用水から水を引いたもので、兼六園の複雑な地形を巧みに利用して、園内にくまなく潤いを与えているそうですよ。
水辺に咲くカキツバタ(金沢市兼六園にて)


そして園内でも特にカキツバタが美しいのが、曲水の「千歳橋」(ちとせばし)から「花見橋」(はなみばし)にかけてです。
まずは千歳橋の上から。
この辺から始まって・・・
兼六園の曲水を彩るカキツバタ(千歳橋)


グルっと弧を描くようにカーブして・・・
兼六園の曲水を彩るカキツバタ


花見橋に至ります。
兼六園の曲水を彩るカキツバタ(花見橋)



緑いっぱいの兼六園と、曲水に咲くカキツバタの共演。
初夏の兼六園に来たならば、絶対に見逃せないシーンですよ(^^)
花見橋の上から眺めたカキツバタの光景が一番有名だと思いますが、ここは春の桜の名シャッタースポットとしても有名な場所です(だから「花見」橋と呼ぶ)。
タイミングがよければサツキのピンクも加わって、初夏らしいカラフルな光景になります。
花見橋から見た曲水のカキツバタ(金沢市兼六園にて)

花見橋から見た曲水のカキツバタ(金沢市兼六園にて)



さて、この時期の兼六園の裏オススメスポットなのが「梅林」です。
2ヶ月前は梅の花で紅白に彩られていた梅の名所は・・・
兼六園の梅林(春)
(2014年03月29日撮影)


今は緑一色のセカイ!兼六園の梅林 初夏の緑

兼六園の梅林 初夏の緑


兼六園の梅は何も花を愛でるだけではありません。
「白加賀」(シラカガ)と呼ばれる品種(春先には白い花をつけます)など、実を収穫できる梅もたくさん植えられていて、毎年梅雨の時期にちゃんと収穫が行われます。
収穫量は例年900kgほどになるそうですよ。
兼六園の「白加賀」 梅の実が実る


たくさんの梅の木で緑色の実が確認できました。
まだ収穫には早いですが、あと少ししたら色づいて、収穫後は梅干しになるのかな、それとも梅酒!?
兼六園の梅をいつか味わってみたい気もしますが、なかなか市民の口には入らない(^^;。
兼六園の梅林 梅が実る

兼六園の梅林 梅が実る


梅が熟すとなんともいえない甘い香りがします。
あの香りから、梅干のクッソ酸っぱい味が想像できなくて子供の頃は不思議がっていたっけ。
この兼六園も収穫のときは辺りが梅の香りに包まれるのでしょうか。
兼六園の梅林 梅が実る



ってなワケで、この春の最後にお伝えしたのは兼六園のカキツバタ、そして収穫をひと月後に控えた梅林の様子でした。
ちょうど散策していた時間帯に今年初の30℃超えとなったのですが、確かに異様なほど額から汗してた(^^;。
緑多き兼六園は、次週の百万石まつりに合わせてライトアップが行われ、夏の兼六園へと移り変わっていきます。
初夏の兼六園 緑の梅林にて


来週、ここを前田のお殿様が入城します(^^)
20140529104917.jpg



ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

金沢 兼六園 カキツバタ 初夏 梅林 曲水 真夏日

5 Comments

まっさ  

>ぽてとぉ~さん

おはようございます♪
いよいよ九州が梅雨入りしました。近々、本州も雨の季節に突入していくのかもしれません。


うちも実家では収穫したての梅を使って梅干しを作っていました。
実家の梅干しが一番です!(^^)
採れたての青梅はホントにいい香りがしますよね。
ついついそのまま生で食べてみたくなりますが、青い梅を生で食べたという話をほとんど聞かないところを見ると、やっぱりあまりおいしくないんでしょうか(^^;
(体にあまり良くない成分が含まれているらしいですが、梅干しや漬け込みにすると消えるそうです)


沖縄の観光名所も、やっぱり増税の影響で値上げされてるんですね。
これまで消費税が3%→5%→8%と上がってきましたが、入場料なども値上げになったのは今回が初めてなんじゃないかな?
値上げ自体は反対ではないけれど、単に「10円」という小銭がちょっと面倒かな~と思いました。
お釣りを払うのも手間がかかってしまいますしね。
思い切って350円に上げちゃっても、兼六園なら全然OKなんだけどなぁ・・・なんて(^w^)

お立ち寄り、感謝♪

2014/06/03 (Tue) 03:54 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>土佐けんさん

おはようございます♪
カキツバタとアヤメとショウブですが、僕も何が違うのか詳しくは説明できません(^^;。
一つ言えるのは、この時期兼六園にいっぱい咲いているのは間違いなく「カキツバタ」である、ということです(笑)。

兼六園の梅は、収穫後一般に売られるワケではなく、福祉施設などに配られるとの話です。
園内の売店なんかで売られればいいんですけどね~。

ところで梅干しは苦手ですか?
おにぎりには梅干しが一番なのに~(^w^)。
あとは梅酒。それ以外に梅の活用法ってあるのかな?
親が梅干しを作るために神社で収穫した梅の実を持ってくるのですが、これがものすごく甘い香りがして、ついつい食べてみたくなったものです。
が、生で食べるってあまり聞かないですよね!?
やっぱりおいしくないのかなぁ。


お立ち寄り&応援、感謝♪

2014/06/03 (Tue) 03:34 | EDIT | REPLY |   

ぽてとぉ~  

梅雨入り前の兼六園のカキツバタの花々や新緑の梅の木々が鮮やかで素敵です

梅の実といったら、わたしの実家のほうにも大きな梅の木があり、子供のころは、毎年収穫を手伝って、青梅のあま~く漬けた梅酒や梅の実を食べてきました

そういえば、最近は惣菜で入っている梅干ばかりで、実家の青梅はたべてないなぁ~

兼六園の入場料の値上げ・・・実は沖縄でも「ちゅら海水族館」や「首里城」などの主要な観光名所は、増税の影響で値上げしちゃいました

ちょっとお財布には残念ですが、増税の影響で、働く人達の給料や維持費などを考えれば、少しの値上げでもいいかなぁ~って思っちゃいました

新緑の梅とカキツバタの花々にぽちっ!!

2014/06/02 (Mon) 06:58 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/06/01 (Sun) 22:25 | EDIT | REPLY |   

土佐けん  

初夏の兼六園、緑が眩しいですね^^
カキツバタとあやめと菖蒲の違いが全くわからない僕ですが
花の美しさは伝わってきます^^
兼六園にこんなにカキツバタが咲いているとは知りませんでした!
それより驚いたのは、兼六園で梅が採れるんですね!
梅干とか梅酒になるんですか?
市民の口には入らない・・・と言うことはどこかに持って行くんでしょうか?
折角兼六園で採れたのに、市民の皆さんで食べられたら良いですよね~
といいつつ、僕は梅干しが苦手です(^^;
コメントを書いているだけで唾液が出てきますw

ポチッ全部!

2014/06/01 (Sun) 21:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment