30 2014

角館・武家屋敷と桧木内川堤の桜景色 ~2014春の東北紀行 その1~

2014年ゴールデンウィークの旅。
今年は4月27日~29日の3日間を使って東北の春景色を巡ってきました。
そして、この旅は昨年の夏に生まれた双子の娘にとって、人生で初めての「お泊り旅行」にもなります(^^)。

これからしばらくの間、そんなバタバタな家族旅行で血の滲む思い(笑)をしながら切り取ってきた「東北の春」をお伝えします。
その一発目は東北の一大桜名所として有名な「角館」です。

「武家屋敷通り」のシダレザクラ
角館の桜景色(武家屋敷シダレザクラ)

角館の桜と結婚式の光景


「桧木内川堤」のソメイヨシノ
角館の桜景色(桧木内川堤ソメイヨシノ)

東北地方の桜ってホント綺麗で、多くの人が魅了されるのも分かる気がしました。
特に角館は、古い武家屋敷からなる小京都の街並みをブラブラ散策したり土産物を見て回ったりするだけでも楽しいハズで、家族旅行にはピッタリだと思います。

今回の旅の最初にして最大のターゲット。
いきなりクライマックスってどないな旅やねん(爆)。



2014年04月27日 秋田県仙北市 角館・武家屋敷通り


金沢ではとっくの昔に散り果ててしまった桜ですが、東北では平地や盆地であってもゴールデンウィークに楽しめるってんだからすごい!
まるで3週間ほど前にタイムスリップしたような錯覚に陥りました。

ちょうどゴールデンウイークに見頃を迎える「弘前公園」・「角館」・「北上展勝地」の3つは、「みちのく三大桜名所」と呼ばれ、説明不要なほど有名です。
いずれも「三大」に相応しい絶景っぷりで、毎年そんな美しい桜景色をTVやネットで指を咥えながら拝見していたのです。

が!
今年の春、ついに私にもその「機会」が訪れました!!
やった~!ついに東北桜デビューだぁ!!



ところで・・・
北陸(金沢)から角館への行き方って知ってます?
東京人や東北新幹線沿線にお住まいなら「こまち」でウトウトしているうちに角館駅まで連れてってくれるでしょうが、北陸から向かう場合は目から血の鼻水が流れるほど頑張らなくてはならない。
もちろん、車です。

金沢⇒(北陸自動車道)⇒新潟中央JCT⇒(日本海東北自動車道)⇒朝日まほろばIC⇒(国道7号線)⇒あつみ温泉IC⇒(日本海東北自動車道)⇒鶴岡JCT⇒(日本海東北自動車道)⇒酒田みなとIC⇒(国道7号線)⇒金浦IC⇒(象潟仁賀保道路・仁賀保本荘道路)⇒本荘IC⇒(日本海東北自動車道)⇒川辺JCT⇒(秋田自動車道)⇒協和IC⇒(国道341号線・46号線)⇒角館!

何ていうかもう、眠気の世界にいざなうがごとくの道また道。
自虐ネタで言えば、これぞ裏日本街道って感じ?(笑)
道がつながってなくて中途半端。
金沢を深夜1時に出て、新潟市付近で朝の薄明を感じ、山形県に入ったところで日の出を迎え、秋田県に入れば「おはようございます」の防災無線の声。
さらに日が高く上り、午前9時にようやく角館に到着です。


「日本海東北道」の早期全線開通を願います。
それから、できれば新潟県が東西二つの県に分断されることも願います(新潟長いんだよ~・笑)


ってなワケで、北陸人から気の遠くなる距離「感」がある東北ですが、着いてみれば旅の疲れが吹き飛ぶほどの桜景色でした。

まずは角館定番の「武家屋敷通り」です。
角館・武家屋敷通りのシダレザクラ


「角館のシダレザクラ」は国の天然記念物にも指定されているそうです。
樹齢300年を超える古木が小京都の町並みにおよそ400本。
例年見頃は4月下旬と言われていますが、この日はまさにピークと言える咲きっぷりでした。
「武家屋敷通り」の左右に何本ものシダレザクラがあり、そこからまるで桜のシャワーのごとく垂れ下がるピンク色の花がとても綺麗。
観光ポスターなんかでよく目にした光景が目の前に広がっていて、ちょっと鳥肌ものでした。
秋田・角館の春(武家屋敷通りのシダレザクラ)


古い趣のある建物がシダレザクラで着飾っています。
ん~、なんだか「みちのく~」って感じ。「小京都~」って感じ。
根拠はないんだが(笑)
みちのくの小京都 角館の春

みちのくの小京都 角館の春



さすがは「みちのく三大桜名所」だわ、メチャクチャ人が多い!
賑わう桜の時期の角館


第一級の観光地とは聞いていましたが、桜の時期はホントにすごくて、まるで大都市の中心商店街にいるようです。
とても人口14,000人(合併前)の小さな町とは思えませんでした。
武家屋敷通りで我が子と桜のコラボを撮ろうと思っていましたが、その考えは甘かった(^^;。
絶対に人が写りまくります。
それにしても親子連れが多いです。
角館の武家屋敷にて


そのうち疲れてくる娘・・・。
ちょっとお疲れモード!?(角館にて)

ちょっとお疲れモード!?(角館にて)


「○○ちゃん、疲れたねぇ」
と妹に気をかける姉。
妹は無視して爆睡(笑)。
ちなみに双子のもう一人は別行動で行方不明中(^^;。
会話?する娘たち(角館武家屋敷通りにて)



僕の感覚では、角館に着くなら「午前9時まで」が勝負の分かれ目かもしれません。
この時間を過ぎると駐車場はどこも満車で渋滞が発生するし、多くの観光バスや東京方面からの新幹線が続々到着して、ドバっと人が増えてしまいます。

そしてそのドバっと増えた人が一斉に向かう場所が、「角館樺細工伝承館」前のシダレザクラ。
ここは角館の武家屋敷界隈で最も桜が美しいばかりか、一般車駐車場からの人波と観光バス駐車場からの人波が直角に交わる交差点にあるんです。
そりゃ混むわ(苦笑)。
角館樺細工伝承館前のシダレザクラ


角館のシダレザクラの開花は、ソメイヨシノの開花に比べて若干時期が早くなるそうです。
この日はシダレザクラが満開、そしてソメイヨシノはだいたい5分咲きといった感じでした。
両方を楽しむにはタイミングを合わせる「読み」の技術が必要ですが、シダレザクラだけでも十分満足いく光景だと思います。
もちろん、ここで「満足」というのは、「片道8時間を夜通し走り続けても見に来る価値がある」ということですからね(笑)。
角館樺細工伝承館前のシダレザクラ

角館樺細工伝承館前のシダレザクラ

角館樺細工伝承館前のシダレザクラ



ここのシダレザクラのシダレっぷりは見事です。
まるで桜の暖簾です。
満開のシダレザクラ まるで桜の暖簾


小さな子供の手の届く高さまでシダレてるので、ちょっと触ってみることも可能。
それに、花好きの場合は接写も超簡単です。
シダレザクラに触ってみよう(角館にて)

角館のシダレザクラ



そんな激混みのエリアで、さらに人が集ってくるような出来事が!!!
角館樺細工伝承館前 激しく混雑中


白無垢のお嫁さんが現れたではないか!
しばらく眺めていましたが、雰囲気から言って観光用なんかではなく、どうやら「ホンモノ」の新婚さんのようでした。
最高の桜の下、大勢のカメラマンに囲まれて、照れ笑いしながら会話するお二人さん。
いやぁ、これ以上ない最高のシチュエーションを与えられましたね!!
角館の春のシーン シダレザクラの下で


人力車の人のポーズもなかなかキマっていました。
いつも練習してるのかな(笑)。
角館の春のシーン シダレザクラの下で



そのほかにもいろんなパフォーマンスが繰り広げられて、いかにも「さくら祭り」的なノリでした。
これはチンドン?
富山っすか??(笑)
チンドン? 角館武家屋敷界隈にて


ご当地キャラも楽しい角館の思い出づくりにお手伝い。
まぁ世の中にはいろんなキャラがいますよね。
「福松くん」と「お梅ちゃん」。
パっと見た感じ、どこにも角館っぽい「匂い」が漂ってないんだけどね(笑)。
角館のご当地キャラ「福松くん」と「お梅ちゃん」


鯉のぼりと桜のコラボレーション。
ふと思ったんだけど、北陸ではこの組み合わせはほとんど目にすることがありません。
桜の時期が4月上旬と早いですからね。
でも、東北(特に北東北)の桜はちょうど端午の節句前に満開を迎えるので、こういう組み合わせをあちこちで見ることができたのが新鮮でした。
鯉のぼりと桜のコラボレーション(角館にて)


そんなワケで、武家屋敷界隈のシダレザクラを存分に楽しみながらそぞろ歩きするのですが、この角館の桜の凄いのは武家屋敷だけではないのだ。



角館・桧木内川堤


武家屋敷から歩いてほんの数分のところにある「桧木内川堤」も角館の桜名所。
こちらは普段よく見かける「ソメイヨシノ」がメインです。
川べりの堤防に約2kmにわたって続く桜並木はどこから見ても圧巻でした。
桧木内川堤の桜並木(角館にて)

5分咲きの桧木内川堤



ソメイヨシノはまだ満開には達していなかったのですが、開花情報によればこの時点ですでに5分咲き。
実は、「開花宣言」があったのが「前日」だというのです。


え!?
たった1日でこんなになっちゃうの??


東北の桜の勢いはハンパなくすごい!
角館・桧木内川堤の桜並木 これでも開花1日後

桧木内川の畔のシーン


本当は写真の奥のほうにある橋からの眺めが順光になるのですが、そこまで歩く時間も体力も残っていなかったので、残念ながら逆光で(^^;
ズラリと続く桜並木(角館・桧木内川べり)



ソメイヨシノの足元にはスイセンの花。
両者が協力しあい、いかにも春らしい光景となっていました。
このような川べりの桜並木は決して珍しいものではないのですが、わが子にとってはゴチャゴチャ人が集まる武家屋敷界隈よりも、こちらの川沿いのほうが居心地がよかったみたいです(^^)。
桜並木の下で(角館・桧木内川)

ソメイヨシノのスイセンのコラボレーション



望遠です。
しかも、娘を肩車しながら撮るという荒業です(笑)。
ここもかなりの人で賑わっていますが、観光客よりもどちらかというと地元の方々のお花見スポットのような雰囲気でした。
いわゆる「外向け」の名所(武家屋敷)だけでなく、こんなに立派な「憩いの場」が生活の延長線上にあるなんて、すごく羨ましいぞ角館!
花見客でにぎわう角館・桧木内川


ってなワケで、東北春紀行第1回目は角館の桜でした。
初回からかなりぶっ飛ばした記事にしてしまった気がしてきました(笑)。
東北に着いてすぐさまコレですからね、テンションは上がりまくりますよ。

この後は進路を北から東へとり、岩手県に入ります。
「岩手と言えば、北上展勝地か!」
と思うかもしれませんが、残念、違います。

ホントは桜一色で染めたかったのですが、家族もいるのでみんなが楽しめる旅にしなければと思ったワケです(^^;。
では引き続き、東北の旅記事にお付き合いくださいませ。



<2014東北春紀行シリーズ>
その2 桜舞う世界遺産・中尊寺
その2 桜舞う世界遺産・中尊寺

その3 花がいっぱい!みちのく杜の湖畔公園


その4 置賜さくら回廊 烏帽子山千本桜


その5 置賜さくら回廊 双松公園


その6 置賜さくら回廊 伊佐沢の久保桜



ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

角館 武家屋敷 シダレザクラ 桧木内川堤 ソメイヨシノ 桜並木 東北 秋田 ゴールデンウィーク

10 Comments

まっさ  

> さん

こんばんは♪
このたびは当ブログにお越しいただき、コメントまでいただき、ありがとうございます(^^)。
旅の参考になったとのことで、私も嬉しいです。


5/4に角館旅行とのことですが、桜に限定してしまうと時期が少し遅いかもしれません。
私が訪れたのは4/27で、すでにその時は見頃を迎えていました。
それから1週間後になるし、雨の降る日もあったので、おそらくかなりの桜が散ってしまっていると思います。
桜吹雪も見ごたえがありそうですが、ご出発の直前にもう一度開花状況を確認したほうがいいかもしれませんね。

桜がなくとも、角館はきっといい町だと思います。
楽しんできてくださいね!
お立ち寄り、感謝♪

2014/05/02 (Fri) 03:11 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

> さん

こんばんは♪
東北の桜は今回初めて見たのですが、有名な観光地じゃなくても十分綺麗なんですよ。
私の住んでいる付近ではなかなか見られない光景で、とても新鮮でした。
機会があれば、是非春の東北へ旅してみてはいかがでしょうか?
オススメしますよ(^^)

おっしゃる通り、家族の理解や協力があってこそ、撮影も楽しむことができました。
協力というか・・・半分「諦めモード」みたいな理解ですけどね(笑)。

お立ち寄り、感謝♪

2014/05/02 (Fri) 02:58 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>呑兵衛あなさん

こんばんは♪
確かに、天候には恵まれたと思います。
旅を終えた翌日に東北は雨が降ったみたいなので、その点ではホントにラッキーでした。


故郷は秋田ですか!?
ならば、角館の風景は馴染みがあるものかもしれませんね。

ちなみに、今回の私の旅は全てマイカーです。
車をお持ちでないなら鉄道か飛行機でしょうが、一番ラクなのは飛行機で羽田まで飛んで、乗り継いで秋田まで飛ぶルートでしょうね。
鉄道なら、大宮まで出てそこから東北・秋田新幹線ですが、来年春には北陸新幹線で大宮まで2時間ほどで行けるようになるので、秋田もグンと近く感じるかもしれません。
新潟まで行って「いなほ」に乗るというルートもあるようですが、本数が少なそう。

選択肢はいくつかあるようですが、いずれにせよお金か時間がかかっちゃいますね(^^;。
滅多に行けない地ですが、だからこそ魅力的でもあります。
またいつか訪ねられたらと思っています。

お立ち寄り、感謝♪

2014/05/02 (Fri) 02:52 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>土佐けんさん

こんばんは♪
今回の旅は2泊3日。走行距離は合計1500kmほどでした。
その半分以上を初日1日で走りました(^^;。

東北ってホント遠いんですよ。
福島・仙台あたりならまだ大丈夫ですが、秋田・岩手・青森がねぇ・・・。
でも今回、こうやって初めてそれらの地域をゆっくり回ることができて、満足のいく旅でした。

私が立ち寄ったのは人の多く集まる観光地がメインですが、無名の農村地帯であってもとにかく桜が綺麗だったのが印象的でした。
今は東北初心者ということで無難な場所で済ませていますが、将来はもっとディープな東北桜景色も撮ってみたいものです(^^)。

お立ち寄り&応援、感謝♪

2014/05/02 (Fri) 02:32 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>aunt carrotさん

こんばんは♪
今回、初めて角館を訪ねましたが、桜の時期は最高に美しいです。
噂には聞いていましたが、実際に見てみると、人気が高いのもナットクの光景でした。

私が現地に着いたのはちょうど9時で、最も収容台数の多い駐車場がすでに満車。
角館周辺には地元の方々が空き地なんかで営んでいる臨時の駐車場があり、なんとかそこに滑り込ますことができました。
やはり、タイムリミットは9時ですね。
ただ、金沢から9時に間に合うように行くには、日付変わってすぐに出発して、寝る間も惜しんで運転する必要があるんだよなぁ(^^;。
東北ってホント遠いんです。

今回は秋田・岩手・宮城・山形でそれぞれ写真を撮ってきました。
4~5回は続くと思うので、どうか広い心でご覧ください(^^)。
お立ち寄り、感謝♪

2014/05/02 (Fri) 02:26 | EDIT | REPLY |   

-  

こんばんは

5月4日に角館へ旅行の予定なので
今の開花状況を知りたくて
こちらのブログにたどり着きました

とっても参考になりました
ありがとうございました♪

2014/05/01 (Thu) 23:24 | EDIT | REPLY |   

-  

こんにちは。

凄く綺麗です。まさに滝桜ですね~
枝垂れ桜の名所って少ない気が致しますが東北にもこんなに素晴らしいところがあるんですね。はじめて知りました。
4人の小さいお子様お連れになっての家族旅行で、こんな素敵なお写真とれるなんてご家族の協力もかかせないですね!

2014/05/01 (Thu) 14:58 | EDIT | REPLY |   

呑兵衛あな  

天候が良いときに旅をなされたようで、よかったですね。

教えてください。
小生も、金沢から故郷の秋田に旅するルートを模索しているのですが、貴殿の旅の交通手段し何を利用されましたか??
マイカーですかね?

2014/05/01 (Thu) 12:03 | EDIT | REPLY |   

土佐けん  

東北に行かれたんですね^^
僕は全国各地を仕事や遊びで訪れていますが、
東北にだけは行ったことがないんです。
素晴らしい桜の画の数々、
お見事! 綺麗! 他に言葉が出てこないんですけど^^
車で出かけられたとのこと、走行距離、走行時間も
ハンパ無いことになっているみたいですが、
これだけの絶景を見られると、その疲れも
吹っ飛びそうですね^^
この時期の東北は観光客で凄そうですね~~
一回目でこんなに素晴らしい画の数々、
続きがとても楽しみです♪

ポチッ全部!

2014/04/30 (Wed) 21:52 | EDIT | REPLY |   

aunt carrot  

驚くほど豪華な咲きっぷりの桜、、、
流石みちのく三大桜名所に入るだけのことはありますね。
こんな桜の下に身を置いてみたいものです。
そうそう、鎌倉でも同じ午前9時が目安です。
そのころまでに一番見たいところに行かないと、どっと観光客がきます。
同じですね。
次は岩手県ですね。
岩手県も長いから青森に行くときに、まだ岩手って言っちゃう。
どんな景色が広がるのか楽しみです。

2014/04/30 (Wed) 21:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment