春休み リニア・鉄道館へGO! ~大人も子供も楽しめる名古屋の高速鉄道博物館~

 04, 2014 21:34
今年の年始、息子との2人旅で「リニア・鉄道館」へ行ったことに少しだけ触れたと思います。
その時は渋滞などで思いのほか移動に時間がかかってしまい、受付終了2分前になんとか入館を果たしたのですが、写真なんて撮ってる場合ではありませんでした。
その「リベンジ」ってのもあるんですが、春休みに息子を楽しいところへ連れて行こうと思い、このたび再訪することができました!
名古屋のリニア・鉄道館 歴代新幹線

ドクターイエローの模型にうっとり?


ここでは、JR東海が保有していた歴代新幹線車両に触れられたり、最新の技術を駆使したリニアについてジックリ学べたりするほか、なんと言っても目を引くのが「日本最大級のスケールの鉄道ジオラマ」です。
どちらかと言うと鉄オタではなくもっと幅広い層に受け入れられる博物館だと思いますよ。
今回はいつもと少し趣向を変えて、名古屋の「リニア・鉄道館」について綴りたいと思います。

リニア・鉄道館の鉄道ジオラマ


鉄道ジオラマの記事はコチラです
20140330171642.jpg


2014年03月30日 愛知県名古屋市港区 リニア・鉄道館~夢と想い出のミュージアム~


「リニア・鉄道館 ~夢と想い出のミュージアム~」は、名古屋市の金城ふ頭にあるJR東海の鉄道博物館。
伊勢湾岸自動車道の名港中央ICを降りてすぐだから、車で行く場合のアクセスはすこぶる良好です。
さすが名古屋!

この日の名古屋近辺では桜がほぼ満開近くになっていたのですが、雲行きは怪しく今にも雨が降りそうな天気でした。
この天気が幸いした。
もし天気が良くて綺麗な青空だったら、桜を撮りたくて撮りたくてたまらなくて精神崩壊をきたしてただろうから(笑)。

外観はあまり飾りっ気がなくてどちらかというと「地味」なんですが、なんとなく新幹線やリニアをイメージします。
名古屋のリニア・鉄道館

入館料は大人1,000円、子供(3歳以上)500円、乳幼児(3歳未満)はタダ!
今回はなんと家族全員6名で入ったのですが、下3人は無料なので、大人2名・子供1名の計2,500円で済みました(^^;。
あぁよかった・・・。
では、入りましょ。
名古屋のリニア・鉄道館



まずはJR東海らしい「攻撃的」な展示フロアへ。
真っ暗な室内にライトアップされた車両が浮かび上がる演出がなされています。
「世界最高速度」を樹立した3つの車両(SL・新幹線・リニア)が展示されています。
リニア・鉄道館 歴代の最高速度記録車たち


こちらは「MLX01」というリニア車両で、2003年に今なお鉄道世界最速となる581km/hを記録しました。
リニア・鉄道館に展示されているMLX01


一応車内にも入れますが、中は今の新幹線によく似た至ってフツーな座席で拍子抜け(笑)。
ちなみに、座ることはできません。
リニアの車内の様子(リニア・鉄道館)


奥に見えるのは「955形」新幹線。愛称は「300X」
300Xは300系に続く高速鉄道技術を生み出すために開発された試験用車両で、1996年に当時の電車式鉄道としての世界最速である443km/hを記録したそうです。
955形新幹線「300X」とリニア車両「MLX01」



さらに奥へ入っていくと、今度は明るくて広~い展示フロアへ。
ここがリニア・鉄道館のメインエリア、新幹線と在来線車両の展示室です。
リニア・鉄道館の実車展示スペース

リニア・鉄道館の実車展示スペース



歴代のJR東海の新幹線車両がズラリ。
なかなか圧巻です!
駅のホームとはまた違った視点から楽しむことができます。
歴代のJR東海新幹線車両(リニア・鉄道館)



1964年(もう50年も前なのか!)の開通以来、「SHINKANSEN」の名前を世界にしらしめてきた初代新幹線「0系」
日本の高度成長期を支えてきた立役者です。
新幹線と言えばコレだ!って人もきっと多いでしょうね。
流線型のスタイリッシュな新幹線が多い今となっては古くさいデザインに思えてしまいますが、当時は非常にカッコよかったそうですよ(親の話では)。
0系新幹線車両(リニア・鉄道館にて)


0系では運転台が特別公開されていて、写真を撮ることもできます。
息子が是非運転台を見てみたいと申してきたので、30分ほどの順番待ちが必要でしたが中へ入ってみました。
0系では運転台特別公開されている


0系運転台で記念撮影!
運転士の制服は記念撮影用に貸してもらえます。
なぜそこまでサービスがいいのかといいますと、スタッフが撮った写真を販売することが主目的だから。
撮ってもらった写真はすぐさま現像され、1000円で購入することができます。
ちなみに買わなくてもOK(^^;。私は記念に買いました。

ついでに、自前のカメラでも撮ることができます。
制服姿がそこそこサマになってる我が息子、今年小学3年生。
0系新幹線電車の運転台で記念撮影


0系の運転台。
夢の超特急と言われていたワケですが、今となってはなんともレトロな雰囲気
こう言っては失礼ですが、率直な感想は
「オモチャみたい」(笑)。
だってさ、新幹線ってもっとこう・・・ボタンがいっぱいあったりデジタル表示がいっぱいある「コックピット」的なイメージぢゃん?(^w^)
ですが、当時は最新技術がテンコ盛りの近未来的な空間だったのでしょう。
0系の運転台の様子


0系の食堂車です。
最近は「グランクラス」料金を払えるリッチな層のみ車内で食べ物のサービスを受けられますが、昔は新幹線や特急列車にはこういう食堂車があって、旅の楽しみの一つでもありました。
速さを追い求めて手に入れた「時間」と引き換えに、こういう旅の醍醐味が失われてしまった・・・とも言えますね。
0系食堂車の入口

0系の食堂車


0系と在来線特急の共演。
日本の鉄道の中心が在来線から新幹線へバトンタッチしてから、今年ではや半世紀です。
振り子式電車と新幹線0系



1985年に0系がフルモデルチェンジされて登場した第二世代の「100系」
僕の年代だと、物心ついた頃に見たり乗ったりしていたのが確かコイツです。
前に向かってシュっと細くなる先頭形状や、キリっとした細長い目、それに新幹線初の2階建ての姿がとてもカッコ良くて憧れていました。
今となっては昔の車両と思いきや、実はつい2年前(2012年)まで山陽新幹線で走っていたんですね。
100系の展示車両(リニア・鉄道館にて)


100系は2階建て車両の中を見学できます。
2階は食堂車。
実は、かつて1度だけ、この食堂車で食事をしたことがあります。
中学校2年生だったか、父と一緒に鉄道の旅をした時に京都から博多へ向かう「ひかり」の中でした。
その先にも後にも新幹線の食堂車でご飯を食べることはありませんでした。
昔はここに入る時、とんでもなくドキドキワクワクしたものです。
100系の食堂車の様子

100系の食堂車の様子


ゆったりと時が流れる食堂車の裏方では、きっと大忙しで料理を作っていたことでしょうね。
料理人が戦っていた100系の厨房も見学できます。
100系の厨房の様子


0系と100系の共演。
0系と100系新幹線車両(リニア・鉄道館にて)



続いては「のぞみ」デビューを華々しく飾った第三世代の「300系」
0系、100系と正常進化をとげた新幹線ですが、この300系はとんでもなく大きなフルモデルチェンジだったのを覚えています。
顔面は尖ったものからのっぺりしたものに大きく変わり、ちょっと「ワル」っぽい感じがカッコ良かった。
ボディはアルミニウム合金製で大幅にダイエットしたそうで、最高時速は航空機を強く意識して大幅に上がって270km/h。東京-新大阪が2時間半になりました。

確か、「名古屋飛ばし」ってのもあったな(笑)。

この車両はつい何年か前まで出張でお世話になっていたのを覚えていますが、2012年に引退したそうです。
これに続く700系の外観がアレだったのもあって、JR東海の車両の中では今でもカッコ良さ「筆頭」だと思っています。
(ちなみに、もっとカッコいいと思っている500系はJR西日本)

ただ、2階建てや食堂車、ビュッフェ、個室など、100系の楽しい面を尽く廃止させてつまんなくした張本人だと私は思っている(^w^)。
300系新幹線車両(リニア・鉄道館にて)



そして、今も現役で活躍中の第四世代「700系」は、今年の1月に展示されたばかりの新顔です。
あのカッコいい300系の後継としてデビューしたのですが、そのお顔の滑稽さたるや、何ていうか・・・
失望しました(爆)。
700系新幹線車両(リニア・鉄道館にて)


普段の生活ではなかなか撮ることのできない、真正面からの画!
「カモノハシ」の異名をもつ車両ですが、このアングルだと一層エラの張り具合が際立ちます。
改めて思いますが、新幹線ってデカいよね。
700系カモノハシを真正面から


できれば最新式のN700系もこんな間近で触れられたらなぁなんて思いましたが、さすがに最新式の車両を墓場(博物館)に持ち込むことはできないワナ(^^;。
しかし、700系がここに展示されるようになったってことは・・・そろそろ引退がささやかれる時期なんですかね。



・・・と思いきや、こんなところにN700系が!
N700系の新幹線シミュレータ(リニア・鉄道館)


いや、これは実車ではなく、リニア・鉄道館で大人気のアトラクション、「新幹線シミュレータ」というもの。
その名のごとく、新幹線の運転を疑似体験できるらしい。
実はこのシミュレータ、抽選なんですよね。
入場する時に一緒に抽選券がもらえ、所定の時間になるとディスプレイで当選番号が発表されます。
母数はどれだけか分かりませんが、このリニア・鉄道館に13:15~15:15の2時間の間に入場した人全員がライバルなので、相当数になるでしょう。
そのうち、N700系の運転席に座れるのはわずか6名。
新幹線シミュレータの当選発表


めんどくさいけど、計算してみっか。

ニュースによると、開業から2年4ヶ月程で来場者数200万人を突破した。
それまでの営業日数は週一日の休館日も考慮してだいたい740日程度。
ってことは、一日あたりの平均来場者数は200万人÷740日でだいたい2700名程度。
ブツブツ・・・
今は平均的にはもっと落ち着いていると思うが、春休みの休日だから一日4000人と見積もって。
で、開館時間が10時~17時までの7時間で、そのうちの2時間ってことは0.3営業日ってことで・・・
ブツブツ・・・
4000人×0.3日=1200名。これが母数。
そのうち当選者は6名だから、当選確率は・・・6÷1200=0.005



れ、0.5%だって~!
200人に1人!!
なんか知らんが、「新幹線シミュレータ」は、一流企業の就職試験並に狭き門だ!


受かった人、おめでとさん!
私ですが、3枚もらったってことでウキウキしてましたが、実際はかすりもしなかった(涙)。



ってなわけで、シミュレータは諦めてもらって、スタンプラリーに勤しんでもらう(笑)。
リニア・鉄道館でスタンプラリーに挑戦中!


その他、子供たちに大人気の「プラレール」で遊べるフロアがあったりして、何気に気分を紛らわせてくれるのだ。
プラレールワールド(リニア・鉄道館)


たかがプラレール。されどプラレール。
ここまで立派なディスプレイだと目を奪われます(^^)。
プラレールのディスプレイ(リニア・鉄道館2F)


確か家にも息子が遊んでたプラレールがあったと思うんだけど、それにはあまり興味を示さず。
ただ、なぜかこういうところに来ると急に遊びたがって、いつまで経ってもその場を離れないのであった。
プラレールに夢中



ここまでで何となくでもリニア・鉄道館の様子が伝わったんじゃないかと思います。
でも、ここの凄いのはこれだけではない。
真骨頂は「ジオラマ」なんです!

ですが・・・
今回はここまでしか写真を掲載できません(さすがに1記事に40~50枚はイケナイと思うんです(笑))。
ってなワケで、ジオラマの様子はまた次回。



【リンク】
リニア・鉄道館

ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Tag:リニア・鉄道館 新幹線 0系 100系 300系 700系 博物館 JR東海 春休み

COMMENT 4

まっさ  2014, 04. 06 [Sun] 09:16

>aunt carrotさん

こんにちは♪
新幹線の開業のインパクトは相当大きかったようですね。
そんなインパクトが来年北陸新幹線開業で金沢でも起こるということで、どれほど変わるのか楽しみにしています。

大宮の「てっぱく」ですが、兄(当時大宮に住んでました)の結婚式ついでに言ったことがありますが、あそこもすごいところだよね。
「一番喜んだのはお父さん」ってのはよ~く分かります!
今回のリニア・鉄道館だって、なんだかんだ言って自分が一番興奮してたから(笑)。

運転士の制服を着た息子を見て、思いました。
将来JRに就職してくれないかなと(笑)。

お立ち寄り、感謝♪

Edit | Reply | 

まっさ  2014, 04. 06 [Sun] 09:12

>土佐けんさん

こんにちは♪
昨日はいくらか桜を見に行きましたが、金沢も結構咲いてきましたよ~。
でも日曜日は「花冷え」になり、空もグレーです。

僕も「鉄男君」とは違うのですが、新幹線に対しては結構思い入れが強いです。
これまで金沢には新幹線が通じていなかったので、「ないものねだり」なところがあったかもしれませんけどね(^^;。

次はリニア!
東京-名古屋間の開通は2027年。
今から13年後なんでそんなに遠い未来の話でもないし・・・きっと生きてますよ!(爆)
でも、これが名古屋-大阪間の開通となると話は別ですよね。
今から30年後になりますし・・・僕自身がどうなってるか想像できません(汗)。

ともあれ、早く全線開通するといいですね~。
いつもお立ち寄り&応援、感謝♪

Edit | Reply | 

aunt carrot  2014, 04. 05 [Sat] 20:28

これは楽しいところですね。
子供さんが飛び回って喜びますね。
新幹線のおかげで私なども京都日帰り旅行が出来ますから便利になったものです。
大宮の鉄道博物館に子供と行ったことがあります。
こちらは運転体験ができて面白かったですよ。
一番喜んだのはお父さんです!(笑)

Edit | Reply | 

土佐けん  2014, 04. 04 [Fri] 22:15

こんばんは

僕は鉄男君ではないですが、新幹線を見るとワクワクします^^
子供の頃に開通したのですが、乗ったのは高校に入ってからです。
今でも新幹線に乗ると心が弾むんですよね~~
新幹線の食堂車、よくテレビのニュースで見たものです!
僕が乗れるようになった頃には食堂車はなくなっていました(^^;
あの食堂車で食事したかったな~~~~
次はリニアですよね^^
さ、生きてるかな~~~~w

ポチッ全部!

Edit | Reply |