18 2014

東京・六義園の雪景色 ~大雪の後は穏やかな青空~

太平洋側の雪は、かくもあっけないものなのか!
東京都心で45年ぶりに27cmの雪を降らせた南岸低気圧が翌日には足早に過ぎ去り、前日の天気が嘘のように青空が広がりました。
金沢への帰りの電車までの少しの時間を活用して、雪景色の似合う場所で「東京大雪の撮り納め」をしたいと思い、向かったのは都内随一の庭園と言われている「六義園」です。

20140209112529.jpg

20140209113318.jpg

これまではガンガン降雪中の真っ白な写真が中心でしたが、今回の六義園は青空の下の眩しい雪景色でした。
園内は観光客よりもむしろガッツリ写真を撮るカメラ愛好家の姿が目立ちました。
週末でしかも穏やかな銀世界!東京ではこの冬一番の撮影日和だっかもしれません。


2014年02月09日 東京都文京区 六義園


そもそも六義園とは何ぞや?
全国の大半の人にとってあまり馴染みのない場所かもしれません。
これを「りくぎえん」と読める人は何割程度なんでしょうか・・・。

ぶっちゃけた話、僕も全く知識がなかったし、カメラを始めるまではいわゆる「OUT OF 眼中」、脳裏にすらなかったところです(笑)。
ところが調べてみると、金沢市の兼六園と非常に似通った庭園らしいのだ。

では入りましょう。
20140209115500.jpg


何でも、徳川家五代将軍綱吉の御側御用人(将軍の命令を下に伝達する重要な役職)、柳沢吉保の庭園らしい。
和歌に精通していた柳沢吉保が、古今和歌集で述べられている和歌の六つの風体を意味する「六義(むくさ)」すなわち「そえ歌・かぞえ歌・なずらえ歌・たとえ歌・ただごと歌・いわい歌」を庭園で表現しようとしたのが名前の由来だとか。
和歌に精通していない者にとってはなんのこっちゃって感じですが(^^;。

一方兼六園も、「六勝(りくしょう)」すなわち「宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・ 眺望」の六つを兼ね備える名園ってのが名前の由来であり、何となくこの「六繋がり」のお陰で六義園も親しみを持てる庭園である気がします。

大きな池を中心に配し、その周りをぐるっと散策しながら眺望を楽しむ「池泉回遊式庭園」で、その景観の素晴らしさから「国の特別名勝」に指定されています。
この辺も兼六園に通ずるところがあるではないか!
20140209110621.jpg

20140209113149.jpg



大雪から一夜明け、この時間の東京(大手町)の積雪は20cm。
みるみる雪融けが進んでいる時でしたが、それでも20cmは東京にとってはまだまだアンビリーバボーな状態です。
足元にはたっぷりな雪。除雪された細い通路だけを歩くことができる状態です。
20140209110723.jpg

20140209114145.jpg



植木にもコンモリと雪が積もっています。
雪の積もった日本庭園って趣がありますよね~。
これらの丸みを帯びた低木はツツジのようです。
六義園は初夏のツツジが咲いたシーンこそ美しいのかもしれません。
20140209110658.jpg

20140209111252.jpg



前日の浜離宮恩賜庭園でも見かけた雪吊り。
ここ六義園でも冬の庭園のアクセントになっていて、カメラ愛好家たちの格好の被写体となっていました。
特にこの日は「雪の中の雪吊り」を撮りたい人がワンサカいたように思えます。
都内の庭園の雪吊りの多くは兼六園など本場のものを参考に施されているようです。
ただしよく見ると・・・
20140209111312.jpg

ん~、確かに縄が松の枝に結ばれているわけではなく、枝の下にある棒のようなものに結ばれています。
これじゃあ雪の重みから枝は守れない気がしますが・・・

「まぁ細かいことは気にしないで」
ってことでしょうかね(^^;。
うん、そう捉えておきます。



日中の柔らかな日差しにより、あちこちで雪が融けて落ちる音が聞こえてきました。
バシャバシャ・・・
振り向けば橋から池へ豪快に落ちていきます。
20140209111003.jpg


細い枝にはもう雪が残っていません。
もし残っていたなら随分と見た目が違ったでしょうね。
太い枝に残った雪も、融けきるのは時間の問題かな。
なんせ天気がいいし、暖かいから。
20140209111713.jpg



今回初めて訪ねた六義園。
事前リサーチはほぼ皆無に等しく、どこがシャッタースポットなのかも全く分からず・・・。
なんとなく個人的に「この庭園は橋が美しいな」と思い、池や小川に架かる橋を何枚か撮ってみました。
20140209110542.jpg

20140209111106.jpg

20140209112436.jpg

20140209113357.jpg


そんな橋と雪吊りの共演もなかなか美しい。
雪も積もってるし、まるで東京の庭園とは思えませんでした。
20140209112146.jpg

20140209113850.jpg

後になって気がついたのですが、「渡月橋」といういわばこの庭園を象徴するかのような石橋があるそうですが、写真に残っていなかった(汗)。
なんたる失敗か!
次に訪れる機会があれば是非・・・。



白梅も咲いていました。
大雪を耐え抜いたようですね。
20140209112739.jpg



出口近くで目にした雪だるまの軍団。
水飲み場を占拠していました。
これ以外にも、園内には小さな雪だるまが沢山いたんですよね。
若い人たちがはしゃいで作ったのか、はたまたカメラ映えのために作られたのかは分かりませんが、ちょっと微笑ましくなるシーンでした。
20140209114558.jpg




さて、ここからはオマケです。
六義園を出ると、その目の前にカラフルなディスプレイがあることに気がつきました。
その正体は・・・
20140209115543.jpg


おぉ、こりゃ娘が喜びそうだ(^w^)。
実はここ、泣く子も黙る「フレーベル館」の本社らしいです。
フレーベル館と言えば「アンパンマン」や「ウォーリーをさがせ!」などの出版物で一度は聞いたり目にしたりしていると思います。
出版社の知名度の割に、建物はちょいと地味めな感じでしたが、玄関前のアンパンマンで誰しもが振り向くと思います。
20140209115633.jpg


雪に埋もれて大丈夫!?
確か顔面濡れるとヤバいんだよね?(爆)
20140209115553.jpg



また、六義園のすぐ隣には小さな公園があり、沢山の親子連れが雪遊びに興じていました。
ぱっと見ただけで(瀕死のものも含めて)10体~20体の大小様々な雪だるまがあり、「東京のコってホントに雪だるまが好きなんだな」と思ったワケです。
今回の大雪は生活への影響も大きく都民は大変だったでしょうが、純白の雪は子供たちにとってはかけがえのない「贈り物」だったかもしれませんね。
20140209120154.jpg

20140209115939.jpg



ってなワケで、雪の積もった六義園でした。
2/8~2/9にかけての関東大雪。
たまたま週末だったのが幸いし、東京駅・浅草・浜離宮恩賜庭園・六義園と見て回ることができました。

「こんな大雪はもう二度と会えないだろうな」

と誰しもが思ったその翌週末にも再び南岸低気圧がやってきて、この週末に比肩する大雪(一部地域では豪雪レベル)となりました。

僕は北陸に住んでいるので、一応雪の辛さも知っているつもりです。
でも、それで文句を言っててもしょうがないんですよ。

嘆いたって降るもんは降る!
だったらその異次元世界を楽しめ!!


ってのが、一応座右の銘です(^^)。
この冬に限っては北陸は関東甲信に完全に「見せつけられて」しまっていますが、たまにはそういう年があってもいいかな・・・なんてレベルは遥かに超越し、もはやお見舞いを申し上げる以外に思いつくことがありません。


最後に、ここに2014年の関東大雪を記録しておきます。
気象庁のホームページからデータを集めてみました。
人生で一度あるかないかという極めてレアなレベルの雪で、いかにすごい冬だったかをかみしめてみたくて。

地点名今冬最深歴代順位平年最深平年比従来の最深備考
河口湖143cm史上最高35cm408%89cm1998年以来16年ぶり。記録を54cm上回る。
甲府114cm史上最高14cm814%49cm1998年以来16年ぶり。記録を65cm上回る。
軽井沢99cm史上最高36cm275%72cm1998年以来16年ぶり。記録を27cm上回る。
秩父98cm史上最高18cm544%58cm1928年以来86年ぶり。記録を40cm上回る。
飯田81cm史上最高20cm405%56cm2001年以来13年ぶり。記録を25cm上回る。
松本75cm2位27cm277%78cm1946年以来68年ぶり。
前橋73cm史上最高10cm730%37cm1945年以来69年ぶり。記録を36cm上回る。
長野70cm3位31cm225%80cm1945年以来69年ぶり。
熊谷62cm史上最高9cm688%45cm1936年以来78年ぶり。記録を17cm上回る。
諏訪52cm5位22cm236%69cm1952年以来62年ぶり。
千葉33cm史上最高5cm660%26cm1984年以来30年ぶり。記録を7cm上回る。
宇都宮32cm史上最高10cm320%30cm1945年以来69年ぶり。記録を2cm上回る。
横浜28cm7位8cm350%45cm1968年以来46年ぶり。
東京27cm8位6cm450%46cm1969年以来45年ぶり。
つくば26cm2位8cm325%27cm1945年以来69年ぶり。
新潟24cm36cm66%120cm
富山25cm62cm40%208cm
金沢16cm44cm36%181cm
福井17cm55cm30%213cm



甲府の「平年比8倍」という記録、北陸の都市部に当てはめれば3m~5m級のインパクトに相当します。
これは世の末、生命の危機を感じる量です。
ホントに酷い大雪だったことが分かります。

それにしてもこれを見てつくづく思うんだけど・・・
今年の北陸はホントどうしたの?って感じ(笑)。




<2014年雪の東京シリーズはこちらから>
東京駅
20140208093812.jpg

浅草寺①
20140208104001.jpg

浅草寺②
20140208105801.jpg

浜離宮恩賜庭園
20140208132859.jpg


ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

東京 大雪 六義園 大名庭園 雪景色 記録的 雪吊り

10 Comments

まっさ  

>すばるαさん

こんにちは♪
六義園の「真実」を教えてくださり、ありがとうございます(^w^)
ツツジやライトアップ、昼間のしだれ桜など、「期待しすぎると良くない」とのことですが・・・
でも年間パスポートをお持ちってことは、やっぱりそれなりに四季を通して見応えがある庭園ってことなんでしょうね。
あと、もしかしたら私が「見てみたいなぁ」と思ったのは、ツツジではなくてサツキなのかもしれません(笑)。


「六義園vs浜離宮」ですが、私は今のところ浜離宮のほうがポイントが高いです。
いわゆる観光客が訪れた時の印象が、浜離宮はとても分かりやすいんですよね。
「The 花畑~!」「The ビル街~!」
みたいな(笑)。
背後の高層ビルも、雑居ビルなんかじゃなくて大規模な再開発計画に則ったものですし、ビル街としての景観の質は高い。
まぁそれが庭園からの景観の質とは直接結びつかないんですけどね。

一方、六義園は噛めば噛むほど味が出る、そんな庭園なんじゃないかと思いました。
「六義園らしさ」は、きっと傍目にはパっとしない森の中や谷沿いにあるのかもしれませんね。


ところでこの日は大雪だったから?立ち入りが制限されている箇所が多かったです。
少し高台になったところからの庭園全体の眺め(後に調べてみたら「藤代峠」のようです)や、奥まったところの様子を見てみたかったのですが、
この日はダメだったのが残念です。
また、「渡月橋」も気がつかなかったんですがダメだったんですね(^^;。
東京に雪が降ったとしても、多すぎると休園になったり制限されてしまうということを知りました。
当然と言えば当然ですが、意外と言えば意外。
少なくとも兼六園ではそんな措置を聞いたことがないので(笑)。


今回は六義園でしたが、もう一つ気になるのが「小石川後楽園」です。
すばるさん的にはどちらがオススメでしょう?

お立ち寄り、感謝♪

2014/02/24 (Mon) 18:34 | EDIT | REPLY |   

すばるα  

東京の雪は溶けるのが早いんですよね。本当はもう少し雪景色を楽しみたかったところですが。

あの日は渡月橋の辺りは立入禁止になっていましたから、そこの写真は無くて当然。
浜離宮とは違って、六義園は山あり谷ありと自然の景観を残した部分の多い庭園なので、雪や大雨の時の危険性は浜離宮の比ではありません。
渡月橋はそんな危険な地区の入口付近で足場が悪いので、私が管理者でも立入禁止にするでしょうね。
今後も雪景色の中の渡月橋を一般の人が見ることは出来ないと思われます。

それと春と秋のライトアップの時も、山あり谷ありの地区は立入禁止になります。渡月橋へも行けません。やはり夜も危険ですから。

そして、六義園のツツジにはあまり期待しない方が宜しいのでは無いかと(^O^)
期待し過ぎるとガッカリするでしょうから。

枝垂桜の方は確かに東京一だと思いますが、昼間より夜の方が見映えがします。
昼間だとどうしても木の衰えを感じてしまうんですね。夜だとそこら辺が誤魔化せ?ますから。ただ夜は大混雑ですけどね。

ついでに言うと、秋には『大名庭園と紅葉のライトアップ』があります。けっして『紅葉のライトアップ』ではありません(^O^)
庭園全体ではそれほど紅葉しませんし、その中でも割と綺麗に紅葉する場所は夜は立入禁止なので、主体は『大名庭園のライトアップ』となります。
それを紅葉のライトアップだと誤解している人達が、後で色々不満を言ったりする訳ですがo(^-^)o

駒込駅最寄の染井門は普段は閉まっていますが、春と秋の人が押し掛ける時だけ開きます。けっこう長い行列が出来ますね。
ですが私には年間パスポートという強い味方がいるので、並んでいる人の脇をスススイーッと(^_^.)


浜離宮と六義園は趣の違う庭園で、人によって好みの分かれるところでしょう。
私はどちらかと云うと自然美を残した六義園が好きなのですが、でも良く行くのは浜離宮の方です。
何しろ彼処は交通の便が良い。それに高層ビルと妙にマッチするあの東京らしい景観。そして花を撮るなら断然浜離宮。

写真を撮る立場だと浜離宮の方が題材が多いですね。ただ写真抜きだと六義園の方が好みです。


しかし水飲み場の雪だるまは随分増えたんですね。
私が行った時は2つだけで、3つ目をカメラマンらしき人が作ってるところでした(^O^)

2014/02/22 (Sat) 21:11 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>あっちゃんさん

こんばんは♪
今は金沢にいますよ~(^^)。
雪降る東京から電車に乗って帰ってみれば、金沢は雨だった・・・
そんなヘンな冬です。
もうしばらくだけ雪の降る時期が続きますが、この時の東京を上回る雪景色になる可能性は少なそうです。
来週はポカポカ春の陽気みたいですしね(^^;

ウチは子供が4人いまして、そのうちアンパンマン好きがこの春3歳の娘。
JDとかJKとかって略を当てはめるなら、ウチはJH(女子保育園児)だ(爆)。
子供の成長はホント早いですよね。
それが嬉しくもあり、またちょっぴりせつなくもあり・・・
自分はまだまだ親として成熟しているとは言えないけれど、最近そんな気持ちが少し分かるようになってきました。
今のうちに、かわいらしい姿を目に焼きつけておきたいと思います(^^)。

お立ち寄り、感謝♪

2014/02/20 (Thu) 18:28 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>蒼天さん

こんにちは♪
純白の雪に包まれた庭園を、「これはどこでしょう?」って聞いて、「東京!」と答えられる人は全国では少ないかもしれません。
うっすら雪化粧レベルじゃなくて、完全な「雪景色」でしたからね。

週の始めにべちゃべちゃな雪が降った以外は穏やかな金沢です。
この冬はこちらではマトモな雪景色をほとんど見ていない(太陽が丘は別ね(^^;)のですが、最近は降ってもなかなか積もらなくなってきました。
関東甲信の雪の多さもすごいけど、金沢市の最深積雪16cmというのも何気に底辺方向では「記録的」。
このまま春を迎えてしまうのか・・・?


東京にも意外なほど大庭園が多くあるんだけど、どれもほぼ背後にビルが見えています。
極めつけが浜離宮だけど、あれは「高層ビル街との完全な調和」という次元へ進んでいて、僕はあれはあれでいい光景になっていると思うんですよね。
他には絶対に見られない東京ならではの庭園風景、そういうのにくすぐられてしまいます。
六義園からもビルが見えたけど、ちょっと控え目に森から頭を出している感じ。
1枚目の写真はビルがモロに見えていますが、きっと緑多き季節になると樹木がその大半を隠すのかなって思います。
どうせならビルを完全に隠れる高さで建てるか、思い切って突き抜けてしまうかしてほしかったなぁと(笑)。


ところで、小僧くんとお嬢ちゃんが揃ってインフルって・・・。
昨年のウチを思い出しました。
一家総出でインフル感染。しかも大事なGW(笑)。
小さな子供は重症化もありうるし、ヒヤヒヤしたことと思いますが、軽く済んでホントに良かったです(^^;。
親は感染してないの?
あれはしばらく潜伏期間があるから、しばらくは慎重に様子を見た方がいいと思うよ!

さて、ひとしきり東京雪景色を出し切ったところで、地元の本格的な雪景色も出したいところなんですが・・・
そんなネタ、手に入らない!(涙)

お立ち寄り、感謝♪

2014/02/20 (Thu) 18:20 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>くろすけさん

こんにちは♪
六義園ですが、花の季節というとしだれ桜とツツジでしょうか。
特にツツジは園内いっぱいに彩りが添えられそうで、新緑と合わせて見てみたいと思いました。
桜や紅葉も有名で、ライトアップもされるそうですね。
時期が合えばいずれも見に行ってみたいと思います。
が、東京の名所だから人の数は凄いでしょうね(^^;。

今回は珍しくたっぷりと雪が積もっていたのですが、確かにとても静かでした。
東京の皆さん、天気が良かったから雪かきに汗を流していたのかな。

見所は近くにまだまだあるようですね。
最近、東京の庭園巡りにハマりそうな勢いです。
浜離宮、芝離宮、清澄など見て回りましたが、さらに小石川後楽園なんかも一度は訪ねたいです。
楽しみがまだまだいっぱい(^^)
お立ち寄り、感謝♪
近場ということで、また何か情報がありましたらお教えいただければ幸いです!

2014/02/20 (Thu) 09:32 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>aunt carrotさん

こんにちは♪
そうですね、私も東京の雪景色はもうお腹いっぱい(笑)。
昨日・今日あたり再び雪が降る予報もありましたが、どうやらその可能性はなさそうですね。

こちら金沢は相変わらず雪がないですよ。
週の始めはうっすらと積もったりもしたのですが・・・
春先の雪は降っても積もらないし、儚いです。
ボタン雪を見て、もうすぐ春なんだなぁと思いました(^^)

お立ち寄り、感謝♪

2014/02/20 (Thu) 08:28 | EDIT | REPLY |   

あっちゃん  

本当にどうなってるの?

まっささんこんにちは
東京の雪もかなり解けてなくなったでしょうね
金沢は昨日も雪が降っていましたが積もることはなく…
今朝もチラつく程度に降りましたが今は晴れてどこにも雪はありません
ホント今シーズンは雪が無く助かりますが本当にこれでいいのかな?と心配になってしまう北陸人です(^^;;

まっささんのお子さんまだ小さいようですね!アンパンマン(^-^)
家のJK(女子高生)も幼い頃アンパンマンが大好きでした
春からJD(女子大生)です
子供が大きくなるのはあっと言う間です(^◇^;)

お仕事頑張って下さいね!

2014/02/19 (Wed) 12:58 | EDIT | REPLY |   

蒼天  

おはようございます。
そろそろ金沢に帰れそうかな…まだ東京?

六義園(なるほど、ロクギでは変換出来ませんなぁ(笑))の様子を見て、何より感じるのは「太平洋側って、雪の後は晴れるんだなぁ…」ってこと。
まあ、こっちは雪のあるなしに関わらず曇ってるんだけど。
これだけ晴れるともう、雪焼け警戒レベルだよね(笑)
緑豊かな庭園の借景にビルってのも悪くないね。山では絶対に見られない風景に、45年ぶりの雪が加わって、東京、綺麗じゃん…って思いました。
見上げるものは山と木々、って場所で暮らしてるから、都会にはコンクリートとアスファルトで出来てる…なんて微妙な偏見があって(笑)
でも、実際には東京にも意外なほど緑が多い。そもそも、公園の規模が違う。
公園や庭園の、徹底的に人の手が入った緑を雪が飾って、幻想と現実が隣り合わせてる。
雪の東京、行ってみたいな…なんて思いました。

統計、面白いね。
特に北陸との対比。
雪に限らず、最近は『史上初』や『〇十年ぶり』なんて言葉を気象に関してよく耳にするようになりました。
あり得ないことなんか、何もないのかもしれない。
これからもっと、いろんなことが起きるようになるのかもしれない。
小僧達が大人になる頃、季節はどんな表情を見せるようになってるだろう。

ちなみに、小僧とお嬢が立て続けにインフルエンザ…幸い、重症化せずに熱も下がりましたが、そちらも気をつけて。

2014/02/19 (Wed) 10:31 | EDIT | REPLY |   

くろすけ  

こんにちは

こんにちは^^
お邪魔します(_ _)

六義園、実は地元なんですよ^^;
花の季節、紅葉の季節に撮りに訪れます
六義園の場合、入り口近くにあるしだれ桜が有名なのですが、大変な混雑に
なります(なので、あえて訪れませんが)

六義園近くの通り・・・本郷通りと言いますが、王子駅方面にむかって、
旧古河庭園、滝野川公園、飛鳥山公園といくつかの庭園、公園が連なる
コースになっています。
バラ、あじさい、桜の頃は観光バスも訪れる賑わいになります。
今回の雪の日は、通常ですと雪のシーンを撮りに訪れる人が多いのですが、
今回は雪が多すぎたようです
いつもより静かな庭園の雰囲気を味わえたのではないでしょうか^^

2014/02/19 (Wed) 09:57 | EDIT | REPLY |   

aunt carrot  

六義園、、一度行ってみたいと思ってましたが、
綺麗な雪景色を案内して頂いて、もうこれで満足です(笑)
こちらも東京都は思えない趣のある良い所ですね。
良い時期に東京でのお仕事でしたね。
羨ましいです。
そろそろ地元も降りそうですか?

2014/02/19 (Wed) 00:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment