雪の浅草・浅草寺(後編) ~吹雪の東京観光名所を撮る!~

 14, 2014 07:00
140208東京大雪の第3弾!
今回は雪の降る東京浅草・浅草寺の後編。
時刻はおおよそ11時ですが、東京(大手町)ではすでに4~5cmの積雪を観測している時です。

東京浅草寺の雪景色 境内本堂より

東京観光名所・雪降る中の浅草寺

ガンガン雪が降る中で写真を撮っていると、今自分が東京にいることを忘れてしまいそうになりました。
「雪化粧」から「雪景色」へ移り行く狭間の浅草寺をご覧ください。


2014年02月08日 東京都台東区 浅草・浅草寺


8日未明から降り続いていた東京の雪。
ほとんど止み間なく一日中降っていた気がします。
最初のうちは積雪のペースが割とゆるやかだったのですが、お昼前あたりから明らかに降る量が増え、みるみる積もる状態になりました。

「これは東京的に結構ヤバいんじゃね?」

と不安になりながらも、浅草寺の境内に入っていきます。
だって、浅草の雪景色なんて、人生で二度と見られないかもしれませんしね(^^)。


「宝蔵門」をくぐると、目の前にデーンとご本堂。
屋根が雪で白くなっていました。
浅草寺雪景色 宝蔵門より本堂を眺める

屋根が真っ白 雪の浅草寺


ここで、早くも東京の「雪対策の弱さ」を実感しました。
それは「落雪」。
屋根の上から頻繁に雪が落ちてくるんですよ。
ボトボトボト・・・ボトボトボト・・・
もはや「垂れ流し」の様相(^^;。

北陸など普段から雪の降る地域では、屋根に雪止めの細工が施してあるのでこのようなことにはならないんですよね。

積雪はほんの数cmなので落ちてきた雪が頭に当たったところでケガはしませんが、水に濡れてはいけないものを持っている人は多いハズ。
例えばカメラもそうだし携帯もそう。
雪の降る日の浅草寺はとにかく頭上注意です!
まぁここまで積もることは滅多にないでしょうが(笑)。


次々と落ちてくる雪で足元が悪くならないよう、係の人が一生懸命雪をどかしていました。
おかげで、頭上さえ気をつかえばラクラク歩くことができます。
雪の浅草寺の様子


それにしても東京らしからぬ降り。
どんどん屋根に雪が積もっていき、それがどんどん滑って下へ落ちていく。
ここはおみくじ売り場があるのですが、おみくじで大吉を当てる前に、雪が頭に「大当たり」!
なんて人もいたかもしれませんね~(笑)。
屋根に降り積もる雪 東京・浅草寺にて


屋根の下には早くも雪の山ができ始めていました。
落雪が積もる 東京・浅草寺にて



浅草寺で有名なのがこの「香炉」でしょうか。
次々と訪れる人が線香を立てていき、辺りは絶えず煙が漂っています。
どこか落ち着く線香の香り。「お寺に来てるな~」と実感します。
浅草寺の香炉


この煙を体の悪いところに当てることで、その症状が改善すると古くから言い伝えられています。
こんな雪の日でも香炉の周りには人だかりができていました。
僕もちょっとばかし煙を浴びてみたのですが・・・

おぉ、なんか暖かいぞ!
こりゃちょうどいい暖房だぁ。


なんて、バチ当たりなことを考えてしまいました。ゴメンナサイ(^^;
雪の中煙を浴びて 浅草寺の香炉

雪の中煙を浴びて 浅草寺の香炉



浅草寺本堂から見た宝蔵門。
浅草寺きってのシャッタースポットです!
何度かこの風景を見てきましたが、雪が積もっているのは初めてです。
いつもと全く違う表情にしばし目を奪われてしまいました。
東京の雪景色もなかなか侮れませんね。
東京・浅草寺の雪景色 本堂より宝蔵門を眺める



想像以上に観光客が多くてビックリ。
本堂から見下ろすとその様子がよく分かります。
実は内心、「これほど雪が降っていれば来る人も少なかろう、人の少ない浅草寺が楽しめそうだ」と思っていたのですが、その期待は見事に裏切られてしまいました。
まぁ普段の週末はもっともっと混雑するのでしょうが、大快晴の金沢・兼六園なんか全然目じゃないほど人が多かった。
雪降る中でも人多し 東京・浅草寺

雪降る中でも人多し 東京・浅草寺



こちらは本堂から見上げた吹雪の中の「五重塔」。
写真ではなかなか伝えられないのですが、とにかく雪が「うねっている」ように吹雪いているんです。
五重塔も完全に雪に霞んでしまっていました。
これはもはや東京の絵じゃねぇぇぇ(笑)。
吹雪に霞む五重塔 東京・浅草寺

この高さでコレです。
スカイツリーなんて見えるワケがないですよね(笑)。



境内には「鳩ポッポの歌碑」なるものがありました。
あの有名な童話の「鳩ポッポ」は、この浅草寺が舞台。
ここで鳩と戯れる子供たちを歌ったのだそうです。
鳩ポッポの歌碑 浅草寺にて


へぇ、そうだったんだぁ・・・(棒読み)

悪いが、この吹雪の中だと全く心に響いてこん!(笑)

寒くてそれどころじゃないんですよ~(^^;
ホントはもっとじっくりと碑を見てみたかったんですが、吹雪と寒さで断念。
鳩もなんだか寒そうでした。
鳩ポッポの歌碑 鳩が寒そうね


もっと寒そうだったのが大仏様やお地蔵様です。
吹雪の中、白くなりながらもじっと耐える。
雪降り積もる大仏様 浅草寺にて

じっと耐える。
雪降り積もる大仏様 浅草寺にて

じっと耐える。
雪降り積もるお地蔵様 浅草寺にて

そう、雪国の冬の暮らしは「耐える」ことが大変多いです。

これは実体験に基づいた話ですが、夜中に家に帰ってみれば待っているのが数十cmの雪。翌朝のことも考え、それを1時間近くかけてどかしてようやく家に入り、寝て起きたらまた埋まってる。それが何日も繰り返されるとか・・・。

これまた夜中まで仕事をして、帰ってみればドカ雪のため家の目前まで来たのに車がハマって家までたどり着けず、スコップもって救出に来てくれた家族に別れを告げて会社に戻ってそこで一夜を明かすとか・・・。

週末に出張から帰ってみれば愛車が完全に雪に埋まり、それを救出するのに丸一日雪を掘り続け、あっという間に週末が終わってまた出張とか・・・。

そんな僕でさえ、本当の豪雪地帯に住む人にとっては「甘いな」と言われるほどです(^^;。

今回は東京都心で27cmの積雪(金沢よりも多くなっちゃった・・・)となりましたが、東京の人はこの雪で雪国の暮らしがいかに大変かをちょっとは垣間見ることができたんじゃないかと思います。
大都会に住む方々が「雪って大変だぁ」と思ったその時、日本が一種の「絆」で結ばれたんじゃなかろうか。
そう考えると、今回の大雪もまんざら悪いことではなかったと思うわけです。

いや、ごめん、それは言いすぎだ(笑)。



そんなワケで、雪の浅草・浅草寺でした。
東京大雪シリーズはもう少し続きま~す(^^)。



<2014年雪の東京シリーズはこちらから>
東京駅
20140208093812.jpg

浅草寺①
20140208104001.jpg

浜離宮恩賜庭園
20140208132859.jpg

六義園
20140209112436.jpg

ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Tag:浅草 浅草寺 吹雪 香炉 大雪 東京 雪景色 宝蔵門 五重塔

COMMENT 2

まっさ  2014, 02. 17 [Mon] 09:57

>aunt carrotさん

こんにちは♪
2週続けての大雪、ホントにお疲れだったと思います(^^;
関東平地で遭難・・・なんて冗談みたいなことも、実際に起こりうるような天気でしたよね。
関東一円でこれほどの雪になることは滅多にないので撮っておきたい気持ちもあるでしょうが、
電車が止まったら元も子もない。
でもさすがに原付はダメですよ(笑)。
積雪する中の二輪車は寿命を縮めます。くれぐれもご注意を。

除雪車も融雪装置もない街で、雪国以上の積雪になったんだから、混乱はいかばかりかと思います。
今年に限っては、関東地方の大雪の疎開先が北陸になるという、なんともおかしなことになっています。
金沢に来てみてください。
全く雪がないですから(苦笑)。

お立ち寄り、感謝♪

Edit | Reply | 

aunt carrot  2014, 02. 16 [Sun] 10:15

大雪の浅草寺、、素敵に撮れてますねぇ~♫
雪の時には何処か素敵なところが撮りたいといつも思います。が、しかし、
JRが止まってしまいますから、、、、、シカタナイ、シカタナイ
原付で海まで、、、、、アブナイ、アブナイ
確かに雪国の人たちとの絆はできました(笑)
でも除雪車も融雪装置も持たない地域にこの大雪は酷でありまする(泣)

Edit | Reply |