-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30 2014

鵠沼海岸で見た「浮島現象」 ~冬の蜃気楼で宙に浮く烏帽子岩~

浮島現象ってご存知でしょうか?
言い方をかえれば「冬型蜃気楼」あるいは「下位蜃気楼」

比較的暖かな海水と冷たい空気が触れ合う場所でしばしば発生するもので、遠くの岬や島が浮いたように見えることから「浮島」と呼ばれています。
詳しい原理は長くなるからおいときまして(←説明できないだけだろ)
・・・とにかく見えたんですよ!
浮島が!!(笑)

湘南の浮島現象 鵠沼海岸より

しかも、夕日の下でシルエットになったんだよ!
茅ヶ崎・烏帽子岩の浮島現象シルエット夕日とともに

本当は冬の富士山を楽しむのが主目的だったのですが、気がつけばちょっぴり神秘的な冬の風物詩に夢中でシャッターを切っていました。
冬の鵠沼海岸は2記事に分けて、前編は浮島現象を、後編は富士山を中心にお伝えします(^^)。


2014年01月19日 神奈川県藤沢市 鵠沼海岸


日中は富士山がとても綺麗に見え(とは言え、カメラという「機械の目」では逆光に苦しんだ・・・)、夕方はキラキラと黄金色に染まる海が見事だと言われている湘南・鵠沼海岸。
くげぬま・・・
ん~、いかにも湘南チックな地名ですよね。

週末は季節を問わずサーファーが集まり、カメラマンが集まり、散歩の人が集まります。
けれど人がゴチャゴチャしてるかというとそうではなくて、広い砂浜ではゆったり・まったりと時が流れていくのを感じることができました。

天気は快晴!そしていかにも太平洋側の冬って感じの乾いた冷たい風が吹き付けます。
富士山が逆光ということに目をつむれば、なんとも綺麗な湘南の冬の海の光景です。
鵠沼海岸の風景
(↑富士山バッチリ!)


さて、最初は海越しの富士山を中心にレンズを向けていたのですが、体が冷えてきたのでちょっと一服しようかと波打ち際からほんの少し高い場所へ移動したとき、ファインダー越しに何やら見慣れないものが目に入ってきたのです。
鵠沼から見た烏帽子岩の浮島現象


キラキラと輝く海の向こうに、宙に浮いたように見える黒い影。
なんだ、あの黒い点々は?
も、も、もしかしてあれは浮島現象ではなかろうか??

この時は、対岸の伊豆半島の何かが見えているのだろうと思いましたが、よくよく調べてみるとどうやら茅ヶ崎市の沖合いにある「烏帽子岩」(えぼしいわ 別名・姥島(うばしま))という岩礁らしいです。
「茅ヶ崎のシンボル」とも言われているそうです。


浮島現象とは蜃気楼の一種で、「冬型蜃気楼」とも言われています。
寒い時期に、海水付近の暖められた空気とそのすぐ上の冷たい空気との温度差(正確には空気の密度差)によって光が屈折して見られるものです。
実際の海面よりも低い位置に、海面より上の景色をひっくり返したもの(虚像という)が見える現象で、島が浮いているように見えるのは「空の虚像」のため。
「蜃気楼」と聞くとびっくりする人もいるかもしれませんが、このテの蜃気楼は「逃げ水」や「だるま夕日・だるま朝日」と一緒な原理で、珍しいものではありません。

(同じ蜃気楼でも、富山県魚津市で見られる「春型蜃気楼」とは全く原理が異なります。魚津の蜃気楼は、下の空気が冷たい海によって冷やされ、上の空気が暖かい。日本でこの条件をキレイに満たすのは、初夏の富山湾だけ!)

しかしそうは言っても、浮島現象は「冬型蜃気楼が発生する気象条件下」で、かつ「ほどよい距離に標高の低い島か岬が見える場所」で、かつ「虚像が見えやすい標高」に立つことが条件です。
いつでもどこでもパっと見られるワケではなく、レアと言えばレア。
そもそも地元金沢の海は、冬はあまり晴れてくれない。
それに、まず島や岬がない!
そんな環境で過ごしてきた僕は、この浮島現象を生まれて初めて目にしたのです(^^;。



サーファーや富士山を撮る人は多くいましたが、浮島になっている烏帽子岩にレンズを向ける人は皆無でした。
みんな、気がついていない・・・。
この浮島現象、実は波打ち際では決して気がつかないんです。
なぜなら・・・
浮島で見えなくなっている烏帽子岩 湘南・鵠沼海岸より

↑見え方が随分違いますよね?

波打ち際だと「烏帽子岩」の大半が蜃気楼のせいで見えないんですよ。
比較的大きな岩だけが見えていますが、これでは肉眼ではほとんど分からないレベルです。
微妙に高い位置、といっても海抜2mほどだと思うんですが、その僅か数mほどの高さの違いで、見えるか見えないかが分かれます。
私もちょっと高いところでたまたま望遠で覗いたから分かったのですが、そうでなければきっと気がつかなかったと思います。



サーファーの聖地の海岸で見られた浮島現象。
ならばサーファーと一緒にGETしてしまえ!
「コラボこそ美」と考える私は、サーファーがGoodポジションに入るのを待っていました。
湘南のサーファーと浮島現象(鵠沼海岸)

湘南のサーファーと浮島現象(鵠沼海岸)

湘南のサーファーと浮島現象(鵠沼海岸)

湘南のサーファーと浮島現象(鵠沼海岸)


ありがとう、サーファーさん!
あ、でも君らを撮っているわけじゃないからねっ!
僕は、君らの後ろの烏帽子岩を撮っているんだからね!!(爆)



さて夕方が近くなり、次第に空が黄味を帯びてきました。
ここからは徐々に鵠沼らしい黄金色の世界に移り変わっていきます。
夕暮れに向かう鵠沼海岸

夕暮れに向かう鵠沼海岸

夕暮れに向かう鵠沼海岸



夕方でも浮島現象は健在。
浜辺を散歩する親子とともに。
夕方の鵠沼を散歩する親子 浮島現象とともに


オレンジに輝く浜辺でたそがれる女性とともに。
夕方の鵠沼を撮る女性 鵠沼海岸にて



そうこうしているうちに、夕日が急速に伊豆半島の稜線に近づいていきました。
もしかして、「夕日と浮島現象」という、最高のコラボが見られるんじゃないだろうか!!
そのためには、今自分が立っている場所ではやや島と夕日が離れてしまうので、ガンガン西へ向かって歩きました!
結構歩きました。


そして、ついに夕日が沈む時間です。
夕日と浮島現象のシルエット 湘南・鵠沼海岸にて


おぉ、すごい!
あの浮島現象が、シルエットになって浮かんでる!
これはレアではなかろうか。
貴重なシーンに出くわし、アドレナリン全開でシャッターを切りました。
あぁ、三脚と望遠専用のレンズを持ち合わせていれば良かった・・・。
夕日と浮島現象のシルエット 湘南・鵠沼海岸にて

夕日と浮島現象のシルエット 湘南・鵠沼海岸にて

カメラ内臓の時計では、16時48分、夕日が伊豆の稜線に接しました。
2日連続で見られた、湘南海岸からの夕日です。
夕日と浮島現象のシルエット 湘南・鵠沼海岸にて


次第に浮島のシルエットは薄くなり・・・
夕日と浮島がセットで収まってくれたのはわずが5分ほどでした。
浮島現象のシルエット 湘南・鵠沼海岸にて


本来なら、日が暮れるとともに移りゆく夕富士の姿を撮りにきたのですが、思いもよらなかった自然現象のほうがどちらかというと僕には強烈な印象を与えました。
この日、水平線に太陽が沈む場所では、きっと美しい「だるま夕日」が見られたと思います。



<冬の湘南・江ノ島シリーズ>
吾妻山公園の菜の花と水仙
吾妻山公園の菜の花と水仙

稲村ヶ崎の夕景
稲村ヶ崎の夕景

「湘南の宝石」イルミネーションとアイスチューリップ
「湘南の宝石」イルミネーションとアイスチューリップ


ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

- 8 Comments

まっさ  

>かーず君さん

こんばんは♪
いえいえ、どういたしまして(^^)
帰り道は手が痺れるほど寒くて大変だったのですが、これほどクッキリとした富士山が見られて、来てよかったなぁって思いました。
なかなか簡単に立ち寄れる場所ではないんですが、湘南の海は他にもいっぱいあるので、またこのエリアに足を運びたいと思います。

お立ち寄り、感謝♪

2014/02/03 (Mon) 02:41 | EDIT | REPLY |   

かーず君  

「すごい!」の一言(^_^)/

素敵な写真をありがとうございます。

2014/02/01 (Sat) 17:01 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>フローラさん

こんばんは♪
おほめいただけて光栄です(^^)。
プロの域なんてまだまだ遠いですよ~。
今出張から帰っている最中ですが、東京から金沢まで電車だととても遠い。
そのくらい、プロも遠い(^w^)。

湘南は思い入れのあるところなんですね。
加山雄三かぁ。
あの方も湘南出身でしたっけ!?
それ以外にも、茅ヶ崎、藤沢、鎌倉などの出身の有名人って沢山いらっしゃるでしょうね。
明るくて、自由で、伸びやかで…なんか湘南ってそんなイメージ。
そのイメージを作った大先輩が加山雄三たちなのかな!?

このエリアから見る富士山もなかなか綺麗だし、とても羨ましいところです。
車があったらもっと楽しそうですね。
機会があればドライブしてみたいと思います。
ただ、朝夕はムチャクチャ混んでそう(^^;

お立ち寄り、感謝♪

2014/01/31 (Fri) 22:04 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>aunt carrotさん

こんばんは♪
湘南の海を訪ねてからやがて2週間…早いなぁ(笑)。
それにしても最近の関東は晴れて暖かいですよね。
富士山は連日東京からも見えているらしいのですが、これだけ暖かいと浮島現象は見られないと思います。
この日はとても寒くて帰り道は辛かったのですが、そのお陰でいいものが見られました(^^)v

お立ち寄り、感謝♪

2014/01/31 (Fri) 21:39 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>masaさん

こんばんは♪
気がついたのがラッキーでした。富士山を見に来たのですが、高価な「オマケ」を頂いた気分です(^^)。

蜃気楼といえば魚津の海ですよね。
春に出現する蜃気楼を一度は見てみたい、撮ってみたいと思っていますが、浮島よりもレアなのでいつになるやら。

いつもお立ち寄り、感謝♪

2014/01/31 (Fri) 21:31 | EDIT | REPLY |   

フローラ  

素晴らしい写真にウットリです。

湘南海岸・・なつかしい思い出がいっぱいです。
若かりし頃、私を可愛がってくれた叔父が加山雄三のすぐそばに
住んでいて泊りがけで遊びに行った懐かしい場所。
家から油壺が見えたのを覚えています。従弟にドライブに連れて
いってもらったことも!

プロのカメラマンですね!!!
また覗きにきますね。

2014/01/31 (Fri) 15:29 | EDIT | REPLY |   

aunt carrot  

美しい時をゲットできましたね。
素晴らしい!
その時にしか観ることの出来ない一枚、
まさにこれですね。

2014/01/31 (Fri) 14:09 | EDIT | REPLY |   

masa  

こんにちは。

千載一遇の時を捉えられたようですね。
浮島現象ですか?気付いたときは感動したのでしょうね。
しかも、夕日とのコラボまで!ヤッターですね。

2014/01/31 (Fri) 13:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。