-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
28 2014

冬の江ノ島 「湘南の宝石」(2014) ~アイスチューリップとイルミネーション~

お昼には満開の菜の花。夕方には穏やかな夕日。
北陸とは明らかに違い、湘南はとても真冬とは思えない光景がいっぱいです。
そしてその最たるものが、江ノ島で咲き乱れる「アイスチューリップ」(ウィンターチューリップ)です。

ちょっと待てよ!
チューリップって普通はゴールデン・ウィーク前後に咲く花だぜ!?


それなのに、この江ノ島ではなんと1月から咲いてしまうという。
初めて聞いた時は「冗談だろ?」と思いましたが、いや、冗談ではない。
真実でした(^w^)。

江の島サムエル・コッキング苑 アイスチューリップとイルミネーション

江の島サムエル・コッキング苑 ウィンターチューリップのライトアップ

ぶったまげたした。冬のイルミネーションと「初夏」のチューリップの競演とは・・・。
湘南、恐れ入りました(^^;。
江の島「湘南の宝石」 シーキャンドルのライトアップ


2014年01月18日 神奈川県藤沢市 江ノ島サムエル・コッキング苑


沖縄からは桜の便りが届くようになりました。
また、伊豆でもそろそろ梅に続いて熱海桜や河津桜が咲き出す頃かと思います。
1月下旬に入り温暖な地方では一足早く春の花が楽しめる時期になったのですが、桜ならまだ理解可能な範疇です。
しかしチューリップとは一体どういうことなのか??

チューリップと聞くと、我ら北陸も黙ってはいられません。
富山・新潟は全国一のチューリップ球根・花卉の産地として知られていますから。
(おっと・・・僕は石川だったか(笑))
でも、北陸でチューリップがお盛んなのはだいたい4月中旬から5月上旬にかけて。
汗ばむ「初夏」の季節の花です。
ところが、世の中には「アイスチューリップ」というものがあるらしく、ある特殊な加工を施すことで温暖な地域なら真冬でも花が開くという。
湘南の江ノ島にある「サムエル・コッキング苑」では、1月中旬のこの時期こそがチューリップの見頃なんだそうです。



さて江ノ島に上陸後、「エスカー」という得体の知れない乗り物のチケット売り場に出くわします。
どうやらサムエル・コッキング苑へはこのエスカーに乗って行くそうなんですが、そもそもエスカーとは何者なのか??
江ノ島初上陸・事前リサーチ皆無の電撃訪問の身にとって、チケットを買うのが少々ためらわれたのですが・・・

江ノ島の足 「エスカー」

なんだ、ただのエスカレーターかよ!
ならば最初からそう言えばいいじゃないか!(笑)



しかしこいつはバカにはできません。
歩いて登れば結構足腰に負担がかかるであろう江ノ島の坂道を、いくつかのエスカレーター、もとい、「エスカー」で軽々クリア!
「時は金なり」と言いますが、300円を出し惜しみしなくて良かった・・・と、長いエスカーを見て思いました。
江ノ島の足 「エスカー」
(↑長いエスカレーターを4つくらい乗り継いで、ラクラク江ノ島頂上を目指します)



で、江ノ島のてっぺんに到着!
「サムエル・コッキング苑」に入った直後に見えたのは、紛れもなく満開のチューリップ!
今が真冬とはまるで思えない光景でした。
アイスチューリップのライトアップ 江ノ島にて

アイスチューリップのライトアップ 江ノ島にて


えぇえぇ、ホントにチューリップが咲いてるし!

この驚きは、私だけが感じたものではなく、他の多くの方たちが「信じられない・・・」と唖然としていました。
後で調べてみると、この「アイスチューリップ」とは何も特別な品種ではないらしい。
ごく一般的なチューリップですが、球根を冷凍保存して晩秋の頃に解凍して植えてあげると、真冬なのに「春が来た!(気温が上がった)」と勘違いして花が咲くとのことです。
当のチューリップたちにとっては迷惑千万な話かもしれませんが(笑)、おかげで真冬でもこのようなカラフルな花景色を楽しむことができるそうです。
ここサムエル・コッキング苑では、アイスチューリップがイルミネーションの足元でライトアップされる、という、写真好きにはたまらない演出をしてくれています。
ウィンターチューリップとイルミネーションの競演 「湘南の宝石」にて

ウィンターチューリップとイルミネーションの競演 「湘南の宝石」にて

湘南の宝石 アイスチューリップとイルミネーション

湘南の宝石 アイスチューリップとイルミネーション

江ノ島のウィンターチューリップ(サムエル・コッキング苑にて)



それだけではありません。
この江ノ島は「関東三大イルミネーション」にも選ばれているとても有名なイルミスポット。
「湘南の宝石」と題して、上に挙げたチューリップのライトアップのほか、色とりどりの電飾で飾られています。
サムエル・コッキング苑イルミネーション「湘南の宝石」


アイスチューリップの広場から光のトンネルをくぐれば・・・
サムエル・コッキング苑 光のトンネル


ライトアップされた「江の島シーキャンドル」と足元を彩る無数のLEDイルミネーション!
まさに「湘南の宝石」です。
江ノ島シーキャンドルのライトアップ 湘南の宝石


ちなみに、「江の島シーキャンドル」とは、直訳すれば「海の蝋燭」。
いわゆる展望灯台で、「湘南の宝石」を象徴する中心的な存在のように思えました。
江ノ島シーキャンドルのライトアップ 湘南の宝石


さすがに一人でシーキャンドルに入るのは気がひけてしまい・・・
その足元のテラスからイルミネーションの会場を見下ろしました。
南国ムード溢れる庭園が無数のイルミネーションで飾られています。
これは北陸では見られない光景です。
サムエル・コッキング苑のイルミネーション

サムエル・コッキング苑のイルミネーション



冬の風物詩、イルミネーションで賑わう広場の横では春の風物詩チューリップが花開く。
江ノ島では、二つの季節がオーバーラップした見事な光の景色が広がっていました。
「一度で二度おいしい」、「一石二鳥」とは、まさにこのことだね(^^)。
サムエル・コッキング苑のイルミネーション

サムエル・コッキング苑のウィンターチューリップ



そうこうしているうちに、ポツリポツリと雨が・・・。
この夜は関東地方でも雪が降ると言われていましたが、その雨雲がゆっくり湘南にかかり始めていました。
実は傘を持っていなくて・・・。
あわてて帰りの駅に向かったのは言うまでもありません。
江ノ島のイルミネーション


以上、湘南・江ノ島の「湘南の宝石」でした。
正直、イルミネーションだけならばさほど驚くようなスポットではなかったと思います。
そこにチューリップがあるから、一気に華やいで、「いかにも湘南らしいなぁ」と思える光景でした。
うん、ここは見に行って良かったです!



<冬の湘南・江ノ島シリーズ>
吾妻山公園の菜の花と水仙
吾妻山公園の菜の花と水仙

稲村ヶ崎の夕景
稲村ヶ崎の夕景

鵠沼海岸の夕富士
鵠沼海岸の夕富士


ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

江ノ島 アイスチューリップ イルミネーション 湘南の宝石 シーキャンドル ライトアップ

- 8 Comments

まっさ  

>蒼天さん

イチゴがそういう手法で栽培されていたとは知らなんだ!(^^;
冬はイチゴの出荷ピークらしいですが、あれは温室の効果だけではないんですね。

冷凍保存で早咲きするなら、北陸だって出来るハズだと思ったけど、今まで1月に咲いているのを見たことがありません。
やはり雪が降る地域では「春」だと感じてもらえないんですかね。
カラフルなチューリップに雪が積もって…なんていうヨダレものの光景はやっぱり無理かな(笑)。
それともさ、頑張って品種改良みたいなことをして、頓原に真冬のチューリップ名所を作ってみたらどう!?
-10℃に耐える品種は簡単ではないだろうけど(^w^)

清水の桜の報告は私も見ました。
早いよね…
でも、あそこは年明けから桜を受け入れるような陽気だし、湘南以上に暖かなイメージ。
咲いてしまうのも納得です。
2011年の春からはや3年…
そう考えるとホントに早いよ。
この調子じゃ、娘を嫁に出す日なんてあっという間かもしれないよ。
実際、沢山の親御さんたちがそう「証言」してるからね(笑)。
今のうちにゆっくり顔を見ておかないと(´・c_・`)

お立ち寄り、感謝♪

2014/01/30 (Thu) 10:34 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>masaさん

こんにちは♪ 私もチューリップは初夏の花のイメージだ ったので季節感が狂ってしまいました。 アイスチューリップは、自らがこの季節を 選んで咲くわけではないけれど、でも不思 議ですよね~。 北陸では見かけませんものね。

チューリップは気温が上がるとダメになっ てしまうのですが、江ノ島では寒い冬に咲 くことからかなり長持ちするそうです。 写真を撮ったのはもう10日も前になります が、多分今でも咲いているんじゃないでし ょうか。

ちなみに新潟ではチューリップのライトア ップはやってるんでしたっけ!? 花のライトアップは様々ありますが、チュ ーリップは初めてでした!

お立ち寄り、感謝♪

2014/01/30 (Thu) 10:15 | EDIT | REPLY |   

蒼天  

こんばんは

アイスチューリップ。
よくよく考えれば、手法としてはイチゴなんかと同じなんですよね。
人為的に冬を経験させ、本来とは違う季節に実らせたり咲かせたりする。
驚くべきは、チューリップでそれをやってしまうこと…そして、ここまで見応えのある演出をしてしまうことだと思います。

それにさ。
だいたい、温室じゃないんだよね?
北陸や山陰じゃ、咲かすことが出来ても咲いた花を維持出来ないよね。
江ノ島、すごいぞ…1月に咲いたチューリップがしっかり咲いてる。
…露地で。
雪に囲まれて暮らす者には、やはり衝撃的でした…どんだけ暖かいんだ、湘南!!

さて。
清水から熱海・土肥の両桜が開花したと報告が届きました。
水仙や菜の花に至っては12月に咲いちまってるお土地柄(笑) 熱海も土肥も、本家の伊豆に負けず劣らずの早咲きです。
桜といえば、姫御生誕の春…そして、少し遅れてうちの小僧も。
3年だよ!?
早すぎない!?
しみじみと時の流れに思いをいたす最近です(爆)





2014/01/29 (Wed) 23:49 | EDIT | REPLY |   

masa  

こんにちは。
季節感がなくなりますね。
当地もチュウリップは4月下旬頃から開花ですので3ケ月以上早い!
イルミとチューリップのコラボも珍しく綺麗ですね。

2014/01/29 (Wed) 11:26 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>土佐けんさん

こんにちは♪
そう、この時期に咲かそうと思えば咲いてしまうんですよね~。
園芸をやっている人にはフツーの話かもしれませんが、私には目からウロコでした(^^)。
写真やってると、微妙にいろんな知識も入ってきます。
役立つ知識かどうかは分からないけど(^w^)。
北陸ではアイスチューリップを見たことがないので、やっぱり冬でもある程度温暖であることが求められるのかもしれません。

鳴門にも有料エスカレーターがあったんですね。
少し前なら「歩けるなら歩こう、節約しよう」と思っていたのですが、最近はお金で労力と時間を買うことを覚えてしまった(笑)。
しかしまぁ、これほどワクワクしない「乗り物」って他にはないですよ。
だって、最近は毎日イヤというほど使っているから(^w^)

お立ち寄り、感謝♪

2014/01/29 (Wed) 10:21 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>aunt carrotさん

こんにちは♪
「エスカー」ですが、最初は300円は勿体ないと思っていたんですが、徒歩で時間を無駄に使ってしまっていたのでしょうがなく利用することにしたんです。
結果的にはケチらなくて良かったなぁと(笑)。


昼間のチューリップも見てみたいですね。
チューリップのライトアップって、全国的にも珍しい部類だと思いますが、
このお花はやっぱり春の日差しを浴びた姿が一番綺麗です。
そのどちらも楽しめるのが、江ノ島の良いところですかね。

それにしても、今日も東京は抜けるような青空!
あぁ、仕事なんかしたくない。外を歩きたいです!
お立ち寄り、感謝♪

2014/01/29 (Wed) 10:05 | EDIT | REPLY |   

土佐けん  

こんばんは

今回は江ノ島のイルミとチューリップですか^^
見事ですね! 綺麗~~としか言葉が出ません!
もう、チューリップが咲いているんですね~
一月にチューリップが満開だなんて驚きです!
季節が2~3ヶ月ぶっ飛んだようですw
エスカー、長いエスカレーターですね^^
有料だそうですが、あれば助かりますよね^^
そう言えば、こう言う有料の長いエスカレーター
徳島・鳴門にもありました^^

http://tosaken36.blog52.fc2.com/category25-1.html

ここに撮影した画が残っております^^

ポチッ全部!

2014/01/28 (Tue) 21:09 | EDIT | REPLY |   

aunt carrot  

良かった!エスカーがわかったのですね。
もしかしたら階段登ったのかと心配してました。
チューリップとイルミ、これはステキです。
昼間見たチューリップとは全然違います。
昼間は陽気にお茶目でした。
夜はちょっとシックでちょっと妖艶な感じさえします。
イルミも綺麗に撮れてますねぇ~♪
あぁ、イルミの時間まで居れば良かったなぁ~♪って
大大後悔しているcarrotです。

2014/01/28 (Tue) 20:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。