冬の湘南海岸 稲村ヶ崎の夕日 ~江ノ島の見える夕日の名所~

 26, 2014 18:00
神奈川県の湘南海岸
僕らの年代なら、誰しもがサザンやTUBEなどを連想するでしょうし、若い頃は「湘南」と聞いただけで、本能的・条件反射的に胸騒ぎがするというか、血が騒ぐというか(笑)。
なぜでしょうねぇ。。。

お米の世界の「コシヒカリ」、ブリの世界の「氷見寒ブリ」などと同様に、海の世界では「湘南」はものすごく強烈なブランドイメージがあります。
そんなアツい湘南の海はとても写真映えする海でもあり、晴れた日には多くのカメラ愛好家で賑わうと聞いています。
カメラを手にして以来、青春時代とは別の観点で憧れていた湘南の海へ、初めて夕日を見に行ってきました(^^)。

湘南・稲村ヶ崎から見た夕日


2014年01月18日 神奈川県鎌倉市 稲村ヶ崎


二宮町の菜の花畑を見た後、そのまま東海道線・横須賀線・江ノ電と乗り継いでやってきたのは鎌倉市の「稲村ヶ崎」という海岸。
稲村ヶ崎駅では思った以上に多くの人が降りて行きました。
ちょうど夕日の時間とあって、夕日見のために海を訪れる観光客が多かったようです。
北陸の海岸の駅とは大違い(^^;


駅から200mほど、歩いて5分もしないうちに海岸に到着。
視線を左にやれば、さらに200mほど先に岬のように突き出た岩場とカメラマンたちの姿が見え、すぐに「あそこが撮影スポットだな」と分かりました。
私も多くのカメラマンとともに、さっそく湘南の夕空をパシャリ。
湘南稲村ヶ崎の夕日 江ノ島とともに


有名なシャッタースポットですからいまさら説明も不要かもしれませんね。
この海は太平洋の相模湾。
右手のシルエットの島が「江ノ島」、そして付近の砂浜は「七里ヶ浜」と呼ばれる湘南を代表する海岸です。

夕日をもう少しセンター寄りにもっていきたかたんですが、それでは江ノ島と同居できない。
「湘南の海の夕景だ!」ということを端的に伝えたい場合、江ノ島のシルエットを入れないわけにはいかないので、バランス度外視です(^^;。
もう少し太陽が北寄りに沈む時期になると、いい感じで夕日と江ノ島が写せそうです。
↓少し上の視点から。
湘南稲村ヶ崎の夕日 江ノ島とともに



夕日が眩しいオレンジに輝き、その光が海にまっすぐなオレンジロードを描いていました。
個人的に、夕日はこのタイミングが最も好きです。

どんなに写真がヘタでもそれなりに写ってくれますから(爆)。

いや、それはウソですが、一番「華やか」だもんね。

夕日を真正面から。
遠くにうっすらと見える山影は伊豆半島。
湘南の夕陽は水平線ではなく伊豆半島の稜線に沈みます。
湘南海岸の夕日 稲村ヶ崎より


TOPにも掲げましたが、この岬には像があり、そのシルエットとともに見た夕日がとても印象的でした。
これは今から100年以上も前の1910年1月23日に、小中学生12名が稲村ヶ崎沖で遭難した事故の悲劇を今に伝える慰霊碑だそうです。
像になっているのは中学生の兄と小学生の弟。
亡くなった兄弟の絆の深さが表されています。
稲村ヶ崎の夕日 ブロンズ像のシルエット


事故が起きたのは時期的にちょうどこの写真を撮影した頃です。
その日も、比較的海は穏やかだったそうですが、突然の突風に煽られて船が転覆し、乗っていた全員が亡くなられたそうです。
この日も海は大変穏やかで、キラキラと海面が輝いていましたが、いつどのような気象の変化が見られるか分からないのが冬の海の恐ろしいところでしょうか。
二度と悲劇が繰り返されませんように。。。
稲村ヶ崎の夕日 ブロンズ像のシルエット



これまでの写真からもお分かりの通り、夕日のすぐ下には雲が目立っていました。
夕日が雲に飲み込まれることは容易に想像ができ、「ギリギリ間に合ったなぁ」とホっと胸を撫で下ろしたワケです。
夕日はそのまま雲の中へ入っていき、伊豆の稜線には届きそうもないことが誰の目からも明らかで、急激に暗くなった西空を見て家路に就く人多数。
稲村ヶ崎に到着してからわずか8分間の短い短い夕日撮影でした。
夕暮れの七里ヶ浜と江ノ島



・・・と思ったら、状況が一変!
あんなところにスキマがあったのかぁぁぁ!!


これだから夕日撮影はオモシロイ。
伊豆の稜線に沈む夕日 稲村ヶ崎より

伊豆の稜線に沈む夕日 稲村ヶ崎より



たとえ夕日が西の雲に潜り込んだとしても、しぶとく日没時刻まで待ってみるものですね。
雲に隠れてから7~8分ほど。
寒さに耐え、ダメモトで待っていた者のみが見ることのできた、伊豆の稜線に沈む夕日です。
伊豆の稜線に沈む夕日 稲村ヶ崎より

伊豆の稜線に沈む夕日 稲村ヶ崎より

伊豆の稜線に沈む夕日 稲村ヶ崎より


今日も一日、日差しをありがと~!!
伊豆の稜線に沈む夕日 稲村ヶ崎より



こんどこそ、ホントに急速に暗くなっていった湘南海岸。
ふと江ノ島のほうを見れば、イルミネーションが始まっていました。
日没後の七里ヶ浜と江ノ島


今夜は時間がたっぷりある!
よし、あの江ノ島へ向かおう!!
綺麗な夕日が見られたから気分もいい。
歩こうではないか!


ってなワケで、地の利がまったくない自分は「徒歩」を選択して江ノ島へ向かいました。
後になって思うとなんてバカなことをしたんだろうと。
稲村ヶ崎から江ノ島まで距離は約5km。歩いて1時間半もかかってしまいました。
真冬の夜の湘南海岸は、思っていた以上にサッブイんですよ(^^;。



<冬の湘南・江ノ島シリーズ>
吾妻山公園の菜の花と水仙
吾妻山公園の菜の花と水仙

鵠沼海岸の夕富士
鵠沼海岸の夕富士

「湘南の宝石」イルミネーションとアイスチューリップ
「湘南の宝石」イルミネーションとアイスチューリップ


ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Tag:湘南 夕日 夕景 江ノ島 稲村ケ崎 神奈川 鎌倉

COMMENT 11

まっさ  2014, 02. 05 [Wed] 13:38

>すばるαさん

いつも詳しい解説、ありがとうございます(^^)。
今回の湘南での富士見も、すばるさんからいただいたかつてのコメントを見返しながら移動しました。
いや~、ホント役に立ちましたよ!

稲村ヶ崎は今回が初だったのですが、夕日の時間が迫っていたのでとりあえず人が一番多いところ(①ですかね)で撮りました。
多いと言っても観光客含めて10人以内。
右に左に移動しながら結構自由に撮ることが出来ましたよ。

金沢付近の海で夕日を撮る場合、人がいることなんて考えたこともありません。
そもそもが単調な砂浜でどこだって同じ画が撮れるワケで、撮影スポットと言えるような特殊な場所もなく、カメラマンに出会うことは稀です。
その点、湘南の海は違いますね。
ダイヤモンド富士の日は恐らく熾烈な「場所とり合戦」があるんじゃないでしょうか。

稲村ヶ崎はおっしゃる通り、イメージよりも浜が随分狭い気がしました。
浜の美しさで言うとちょっと残念な気もしましたが、富士山が見えてくれれば印象も違っただろうと思います。

お話を伺ったところ、どうやら湘南がアツいのは3月に入ってからのようですね。
今後の仕事のスケジュールにもよりますが、機会があればまた訪れたいと思っています。
これまでと同じ場所で「より極める」か、はたまた違う場所で不慣れながらもワクワクを楽しむか、それは追々考えたいと思いますので、また情報ヨロシク!(笑)

さて今週末ですが、関東は南岸低気圧の影響なのか天気がイマイチのようですね。
そうなると、東京に残るが吉か金沢に(自費で)帰るが吉か、非常に悩ましいところです。
金沢に戻るのはもちろん家庭のためでして…写真は満足には撮れないと思います。
何だかんだ言って、私は帰る道を選択しそう(^^;。

お立ち寄り、感謝♪

Edit | Reply | 

すばるα  2014, 02. 03 [Mon] 23:26

今頃ですがこちらにもお邪魔しますm(__)m

また稲村ヶ崎に来られることもあるでしょうから、参考までに撮影ポイントなどを。

此処の撮影ポイントは大きく分けて5つあります。

①岬の公園の一番前、フェンスの辺り
ここが一番一般的でカメラマンの多い場所です。但し左端と右端では画が若干違ってきます。
人気のあるのは左側ですが、浜の部分を広く入れたい、あるいはR134を走る車のテールランプと夕富士を一緒に撮りたい場合は右側です。

②岬の下、波打ち際の岩場
波飛沫と富士山を撮りたい場合で、朝の方が撮り易いでしょうか。
普段はあまり大きな波はありませんが、風が強い時は大きな波が来て面白い画になることもあります。
ですが当然のことながら、そんな時はカメラが波飛沫を浴びる危険と自分が岩場から滑り落ちる危険がある訳で、この位置では安全第一です。

③岩場の前の砂浜
夕富士向きですが、浜の景観は昔と随分変わってしまいました。
昔は浜がもっと広かったのですが、R134で浜が狭くなり、更に鎌倉市が何の対策もしなかったので、浜の浸食が進んであんなに狭くなってしまいました。
10年ほど前から海水浴場としての営業も中止されています。
藤沢市は片瀬の浜で色々手当てしてるんですがねぇ。
浜と富士山なら鵠沼の方がずっと綺麗です。

④公園の一段高い所から
前方が混雑している時に混雑が嫌いな方がノンビリ撮っていたりもしますが、前方のカメラマンを風景の一部として取り込むのも面白い画になります。
それと右側に松の木が数本ありますが、その松の間から撮ると、稲村ヶ崎らしく無い一風変わった画になります。
ただ後ろからだと街灯が邪魔。鎌倉市も何であんな所に街灯を立てたのか。
公園入口付近に移動してくれれば皆が幸せになれるのに(>_<)

⑤公園の一段高い所の更にその上、階段を上った先にある秘密?の展望台
この展望台のことを知っている人はあまり居ないでしょう。下からでは見えませんから。
ただここは狭くて視界が限られるので私はあまり行きません。
但し、風が強くて砂が公園まで吹き付けてくる時は、カメラと自分を守りながら撮るには良い場所です。


それと夕陽と富士山について…
稲村ヶ崎のダイヤモンド富士は4月4日or5日と9月7日or8日で、もちろんその日が良いのですが、江の島と富士山の間に夕陽が沈む風景もなかなかのものです。
この風景は稲村ヶ崎ならではのもので、時期としては春のダイヤ前の3月下旬か秋のダイヤ後の9月中旬です。

以上、またのお越しをお待ちしています(^O^)

※本当は材木座とか逗子とか葉山とか、行き易くて良い所はマダマダあるんですがねぇ(^_^)v

Edit | Reply | 

-  2014, 01. 28 [Tue] 09:27

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

まっさ  2014, 01. 28 [Tue] 01:10

>masaさん

こんばんは♪
湘南の夕日は、冬ならば案外簡単に出会えてしまう光景かもしれません。
関東地方は真冬の時期は降水自体が珍しいですからね。
我々北陸人にとってみれば、なんとも羨ましい限りですよね~(^^)。

私も太平洋側の夕日は長らく憧れていました。
特に湘南は富士山の絶景でも知られていて、いつか必ず夕富士を撮るんだって心に決めていました。
この日はあいにく実現しなかったのですが、翌日にはクッキリと冬の富士が姿を見せてくれましたよ。

湘南の夕日、オススメします!
ただいかんせん、北陸からは遠すぎるんですよね。
私も出張でもなければなかなかこの海に近づくことはできなかったと思います(^^;

お立ち寄り、感謝♪

Edit | Reply | 

まっさ  2014, 01. 28 [Tue] 01:04

>ぽてとぉ~さん

こんばんは♪
なるほど、沖縄の風景を見続けてきたからこその、深い感想ですね。

美と悲劇が重なりあう光景から感じる独特の感情は、私も沖縄で強く抱きました。
あんなに綺麗な空と海なのに、そこが戦禍の中心だったなんて・・・。
改めて、今の平和な時代に感謝するばかりでした。

この湘南でも「悲劇」は起こったのですが、それらを繰り返さないことが、亡くなられた方々への一番の弔いになるのかもしれませんね。
今では湘南は沖縄にひけを取らないほどのマリンレジャーのスポットになっていますが、皆さんくれぐれも気をつけて楽しまれることを切に願っています。

お立ち寄り&応援、感謝♪

Edit | Reply | 

まっさ  2014, 01. 28 [Tue] 00:57

>土佐けんさん

こんばんは♪
週末を金沢で過ごし、再び東京に戻ってきました(^^;

でしょ?
やっぱり「湘南」と聞いただけで、風光明媚な光景が目に浮かびますよね。
土佐けんさん視点から「ベスト3」に入るなんて、よほど美しいスポットなんだなぁって思いました。

この日は「粘り勝ち」でしたが、粘っても粘っても敗退してしまったのが「富士の夕景」です。
まぁこれは翌日の湘南・鵠沼リベンジで達成できたのですが、稲村ヶ崎からの富士山も是非とも見ておきたかった・・・。

もうしばらく湘南シリーズは続きます(^^)
いつもお立ち寄り&応援、感謝♪

Edit | Reply | 

masa  2014, 01. 27 [Mon] 22:22

夕陽の写真はいいですね。
晴れていなければ撮れないですから。しかも湘南で!
大平洋沿岸からの夕陽、朝日あこがれの画です。
江ノ島を入れた湘南の夕陽が冬の穏やかさを感じます。
雲の切れ間から見えた夕陽は、粘った褒美ですね。

Edit | Reply | 

ぽてとぉ~  2014, 01. 27 [Mon] 22:11

湘南の夕焼けスポットに隠された悲しい事故の記憶が残る海岸線

華やかな夕焼けがどこか悲しく切なく見えてしまうのは、わたしだけかなぁ~と感じながら、伊豆の稜線の夕日の写真を見ていました

沖縄には、多くの観光名所もありますが平和記念公園やひめゆりの塔みたいに戦争の爪あとが残る観光名所も沢山ありますので、どこか共感してしまったのかもしれません

湘南の海難事故、沖縄本土戦、どれも2度と起きてはいけない事だと、改めて感じられました

素敵な夕日にぽちっ!

Edit | Reply | 

土佐けん  2014, 01. 27 [Mon] 21:00

湘南の夕日!!!!
羨ましい限りです^^
湘南と聞いただけで、美しい夕景が思い浮かんで
撮りに行きたいスポット、ベスト3に入っているんですよ~~~
江ノ島を入れた夕日、素敵!の言葉しか出ません^^
粘り勝ち、やりましたね^^
雲の隙間にまん丸夕日、お見事♪
僕は昨日、撮影に出かけましたが、夕日?夕景?
全く駄目でした(^^;

ポチッ全部!

Edit | Reply | 

まっさ  2014, 01. 27 [Mon] 13:24

>aunt carrotさん

こんにちは♪
ホントに粘って良かったと思います。
夕日や夕焼けって、粘ってみないとどうなるか分からないですからね。

二宮の菜の花で消耗していた上に、稲村ヶ崎⇒江ノ島の徒歩は辛かったッス(^^;
江ノ島に架かる橋までも遠かったんですが、そこからさらに橋を渡って坂を登って・・・
事前に距離感や江ノ島のスケール感を把握しておけば、絶対に江ノ電に乗っていたのに(笑)。
ちなみに、今回江ノ島初上陸でした。

江ノ島ですが、私もどちらかというとチューリップメインだったんです。
というのも、三脚がないのでイルミが思った以上に写らなくて(汗)。
何枚かだけになると思いますが、よかったら見てやってください(^^)。
お立ち寄り、感謝♪

Edit | Reply | 

aunt carrot  2014, 01. 26 [Sun] 22:52

稲村ケ崎の夕陽、本当に綺麗ですよねぇ~♫
そして粘った最後、良いですね!
なになに、歩いて江の島?
江ノ電で4つ目だから10分くらい。。。
昼間江ノ電を追いかけて撮りながら歩いたことはあるけど
陽が落ちてからは辛いっしょ?
で、江の島イルミを楽しまれたのですね。
私はチューリップだけで帰ってきたのでイルミ見せてくださいね。
楽しみです。

Edit | Reply |