26 2013

雪の五箇山 合掌集落散策 ~冬の世界遺産・相倉合掌集落雪景色(後編)~

冬の世界遺産、五箇山・相倉(あいのくら)合掌集落の後編です(^^)。
前編ではちょっと離れた視点からの水墨画のような雪景色を中心にお伝えしましたが、今回はもうちょっと合掌造り家屋に焦点を当ててみます。
伝統的な家屋と純白の雪とのコラボレーションを楽しんでいただけたら幸いです。

冬の相倉合掌造り集落

雪だるまがお出迎え 相倉合掌集落

余談ながら、五箇山・白川郷は世界文化遺産であるとともに「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で三ツ星(わざわざ見に行く価値がある)を獲得しているそうな。
地元で「兼六園が三ツ星だ!」と騒いでいた時期がありましたが、兼六園は三ツ星の「観光施設」であって「観光地」じゃない。
兼六園を包含する観光地としての「金沢」は、ワンランク下の二ツ星(近くにいれば寄り道をして訪れるべき場所)。
要するに五箇山・白川郷のついでに金沢にも寄ってみたらどうですか的な紹介のされかたらしいです。
この事実を知った時はちょっとショックでした(笑)。

ちなみに国内でミシュラン三ツ星の観光地はいくつかというと、17あるそうです。
京都・奈良・鎌倉といった大粒・強豪揃いの中で、白川郷・五箇山は小粒ながらも輝いているワケですね。


たった今の五箇山合掌造り集落の様子を見たい場合は、ライブカメラがありますので、お出かけ前のご参考に。
相倉合掌集落ライブカメラ
菅沼合掌集落ライブカメラ



2013年12月22日 富山県南砺市 相倉合掌造り集落


こんもりと雪の積もった後の相倉。
気温は昼間でも1℃と、数値の上では厳しい寒さですが、体感的には身を切るような寒さではありませんでした。
ただし1月下旬や2月など、本当の厳冬期はハンパな寒さではありません(昔、付近の道路で「-10℃」ってのを見た!!)。
雪が積もる合掌集落を比較的ラクに歩くことができるのは、まだ冬が始まったばかりだからでしょう。
冬の相倉の様子(メインストリート)

集落メインストリートはシッカリ除雪されていますが、細い路地は↓こんな感じです。
油断するとスッテーンと転んでしまうので、散策は慎重に・・・。
冬の相倉の様子(細い路地)



世界遺産の合掌集落は白川郷(荻町)・菅沼・相倉の3つありますが、相倉は高速道路からのアクセスが最も悪いということで、マイナーな存在かもしれません。
けど、相倉の良さは雪が積もるとスグに分かるのだ!
実は駐車場から集落までのアクセスが一番楽なんですよね。
冬に3か所ともに回ってみると気が付くのですが、冬は「あまり歩かなくても済む」というのがとてもありがたい要素になります。
また、冬には当たり前の「天候急変」の場合にすぐに車に避難できるから、安心感もアリ。

【駐車場から合掌集落へのアクセス】
☆白川郷(荻町)☆
川の対岸に駐車場があり、集落へ行くには長い吊り橋を渡ります。
集落が大きいのでシャッタースポットも分散。じっくり回ると1万5000歩、2時間ほど必要です。

☆菅沼☆
谷の上に駐車場があり、車を降りてからエレベーターを使って谷の下に降りていきます。
エレベーターを降りて歩行者用のトンネルをくぐると合掌造りが見えてきます。
集落に入ってしまえばものの15分で回れます。

☆相倉☆
ほぼ「集落内」と言える場所に駐車場があります。
車を降りて振り向くだけで、合掌造りへタイムスリップ!
雪の積もった五箇山の合掌集落(相倉)

雪の積もった五箇山の合掌集落(相倉)

雪の積もった五箇山の合掌集落(相倉)

・・・と、一応相倉を推してみた(^w^)。



お、柿の木だ。まだ実がなっています。
辺りは木々の黒、雪の白、家屋の茶、だいたいこの3色で全てが表現できるほど色が少ないのですが、そんな中でこの柿の実の色は鮮やかに目に映りました。
冬の合掌集落に紅一点(相倉)

冬の合掌集落に紅一点(相倉)


背景が真っ白なだけに、橙色が目一杯映える。
足を止めて柿に夢中になるカメラマンも多かったです。
柿も雪を被っていてとても寒そう。
雪に映える柿の木(相倉合掌集落)


橙色が目一杯映えると言えば、コレも・・・(笑)。
この形の郵便ポストは最近見かけなくなってきましたね。
この落ち着いた佇まいの集落にはこれが似合ってます。
雪に映える郵便ポスト(相倉合掌集落)


街灯のかさにも雪帽子。
なぜかちょっとだけ美味しそうに見えた(^^;。きっとお菓子的な何かに似ているんだろう。
街灯にも雪の帽子(相倉合掌集落)


こちらは本当の帽子!?
お土産屋の玄関で雪だるまが店番をしていました。
店先の雪だるま(相倉合掌集落)


春の芽吹きを待つ小さな蕾たち。
五箇山の冬はまだ始まったばかりなので、これから相当長い間、深く冷たい雪に耐えていかなければなりませんね。
春を待つ蕾



相倉や菅沼の合掌集落がある五箇山地域は日本有数の豪雪地帯として有名です。
積雪は多い時には3m以上に達するそうで、平地の普通の家なら2階から出入りできるレベル
そんな中での生活は想像を絶します。
それを考えると、この日はまだまだ甘い雪景色かもしれませんね(^^;。
合掌造りのとんがった屋根はそんな深い雪から家屋を守る知恵のひとつで、軒下には滑り落ちた雪がすでに山のようになっています。
この後さらに雪が降るとどうなるんでしょう??
雪と合掌造り(相倉)

雪と合掌造り(相倉)

雪と合掌造り(相倉)

ちなみに、厳冬期はこんな屋根でも雪が滑りにくくなるそうです。
その場合はやっぱり屋根雪おろしをするのですが、この高さと傾斜だとかなり怖いかもしれませんね。
どうかお怪我をなさいませんように(^^;。



こちらは「原始合掌造り」と言われている建物。
今の合掌造り家屋の原型とも言われています。
相倉の原始合掌造りと雪

相倉の原始合掌造りと雪



人の波が切れるとあたりは静寂に包まれます。
時々ドサドサっと屋根から雪が落ちる音が聞こえたり、サラサラと木々から粉のように雪が落ちるシーンがあったり。
何もかも雪に覆われた相倉では、雪の音や動きに敏感になります。
音を発するもの、動きのあるものが、雪しかないですからね。
街の喧騒から離れてしばし佇んでいると、心が洗われる気分を味わえました。
冬の相倉合掌集落 雪と伝統的家屋

冬の相倉合掌集落 雪と伝統的家屋

冬の相倉合掌集落 雪と伝統的家屋

冬の相倉合掌集落 雪と伝統的家屋


以上、五箇山の相倉合掌造り冬編でした(^^)。
北陸でも市街地では雪で苦労するのはせいぜい朝晩の雪かき程度です。
少雪傾向や消雪・除雪の技術で雪かきすら必要ない人も多い中で、五箇山は昔ながらの雪国の暮らしを今に伝えています。
無雪期とは違って気軽には行けないところですが、雪の積もった美しい風景を見るとともに、真の合掌造りの意味を理解する上でも、冬の五箇山は訪れるべき場所だと思います。

暖かい時期に視察したらしいミシュラン様がそこまで理解したかどうかは分からないけど、三ツ星には異論なし!
冬のジャポンを代表する観光地です。



<冬の世界遺産合掌造り集落シリーズ(2013-2014)>
白川郷(前編)
20140223123255.jpg

白川郷(後編)
20140223153258.jpg

五箇山・菅沼
20131231120317.jpg

五箇山・相倉(前編)
20131222144252.jpg


ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

五箇山 合掌造り 雪景色 ミシュラン

4 Comments

まっさ  

>ライカM2さん

こんばんは♪
この時期は雪があり、かつ自由度もそこそこあるという、まぁまぁおいしい時期なんだなってことがよく分かりました(^^)。
今日は菅沼に行きましたが、寒波が続いた後ですが思っていたほど豪雪という感じでもなく、北陸は全般的に雪の少なめな年の瀬となっています。
ただ、今日は夜遅くからちょっと風が強く・・・。
年明け早々、荒れた天気になるかもしれません。

さて、今年も残り1時間を切りました。
あとは、紅白で紅が勝つか白が勝つか、それだけが気がかりです(笑)。

今年も一年、ありがとうございました。
また来年もお付き合い、宜しくお願いいたしますm(__)m
よいお年を!!

2013/12/31 (Tue) 23:11 | EDIT | REPLY |   

ライカ Μ2  

雪がお似合い♪

こちらに…( ̄∇ ̄;)

やっぱり合掌造り集落は、雪がお似合いですね?

アチコチうろうろせずに、ゆっくり歩きながら眺めるのがサイコーです♪

もっとも、足元注意ですから早歩きなんてできませんけど…(苦笑)

相倉は、積雪量が多いときに二回訪れましたが、メイン通り(?)から脇道へ入って行くことすら困難な状況でした(笑)

展望台までは除雪されていましたから行けましたけど…

私的には、このくらい動きに自由が効く時期に、もう一度行ってみたいなぁ…(羨望)

( ̄∇ ̄)

2013/12/31 (Tue) 21:12 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>土佐けんさん

こんばんは♪
いつもありがとうございます(^^)

今日は金沢の市街地でも少し雪が積もりました。
きっと五箇山はいっそう雪が深くなったと思いますよ~。

北陸に住んでいても、結局暖かい間は雪道を歩かないワケでして、久しぶりの雪道は油断できません。
カメラを持ちながら転んでしまうと、けっこうシャレにならないことになりますからね(^^;
しばらく集落を歩いていればきっと慣れてくると思います。
是非雪景色を撮りにお越しください。
五箇山もいいけど、冬の金沢にも寄ってみてくださいね(笑)。

応援、ありがとうございます♪

2013/12/28 (Sat) 19:48 | EDIT | REPLY |   

土佐けん  

今日も素敵な雪景色をありがとうございます^^
とても美しいです!
雪景色の中に色付いた柿が残っている画
素晴らしいですね~~
こう言う画を撮ってみたいです!
お勧めいただいた、五箇山に是非行ってみたいです^^
雪に慣れていない僕達は歩くのが大変だろうけどな(^^;

ポチッ全部!

2013/12/26 (Thu) 21:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment