09 2013

日本三奇橋 「猿橋」の紅葉(2013)

山梨県紅葉の旅。
いつもなら、富士山の周りをぐるぐる回るのですが、この日は雲が増えたので早々と富士五湖エリアを後にしました。
その代わり、普段あまり立ち寄らない場所に行こうかと。
そこで浮上したのが「猿橋」です。
山梨県有数の「橋」を主役にした紅葉名所を初めて訪ねてみました。
猿橋の紅葉

ボチボチ染まってますな~(^_^)。


【2013年甲州紅葉の旅シリーズはこちらから】
①御坂峠と「富士河口湖紅葉まつり」
②リニア見学センター
③日本三奇橋「猿橋」
④山中湖畔紅葉ライトアップ「夕焼けの渚紅葉まつり」
⑤八ヶ岳高原 笠富士とともに
⑥アルプスあづみの公園「アルプスあかりの森」



2013年11月02日 山梨県大月市 猿橋


この「猿橋」は大月市の国道20号線のすぐそばにあり、桂川が削った深い谷に架かる橋。
なんでも「日本三奇橋」の一つに数えられるとかで、紅葉の時期以外でも訪れる人が多いのではないでしょうか。
秋 猿橋のたもとより


猿橋は橋脚がなく、崖から突き出した木組みが橋の重量を支えているのが特徴です。
こういった橋を「刎橋」(はねばし)と呼ぶそうですが、日本に現存する唯一の刎橋が猿橋。
「三奇橋」にリストアップされるのも肯けます。
「日本三奇橋」 山梨県猿橋



日本人はとにかく「三大モノ」が好きで、僕も例外ではありません。
この三奇橋ってのは、

・山口県岩国市の錦帯橋
・山梨県大月市の猿橋


この二つはテッパン。
ただし三つ目が曖昧で、富山県の愛本橋(現存しない)、徳島県のかずら橋、栃木県の神橋、長野県の木曾の桟が熾烈な「三番手争い」をしているようです。
三名山(富士山・立山・白山)や三名園(偕楽園・兼六園・岡山後楽園)のような不動のものではないんですね~。

僕なら三番手に何を推すか。
地元北陸の贔屓もしたいところですが、ここは徳島の「かずら橋」で。
なぜなら、今回の猿橋訪問で三奇橋を制覇したことになるので(笑)。

では、三名園以来の「三大モノ勢揃い」、行ってみましょう!

①夏の錦帯橋(2012年08月12日撮影)
夏の錦帯橋

②秋の猿橋(2013年11月02日撮影)
秋の猿橋

③初夏のかずら橋(2009年05月05日撮影)
初夏のかずら橋 

(ちなみに、三名園勢揃いはこちらの記事です)



さて、この猿橋の紅葉の見頃は例年11月上旬から中旬とのこと。
今回訪ねたのは11月に入ったばかりの頃なので、渓谷の木々のいくつかは黄色や赤に染まっていましたが、絶頂にはまだ少し早かったという感じでした。
この記事を書いている今頃なら、もっと素晴らしい錦秋の世界が広がっていると思います。


この猿橋と紅葉を捉える撮影スポットはいくつかあるのですが、中でも国道20号線に架かる「新猿橋」からの眺めがイチオシで綺麗でした。
こうやって見ると、かなり高い位置に猿橋が架けられているのが分かります。
新猿橋より眺めた猿橋と紅葉

高いところに架けられているのは、「洪水対策」。
水位が上がっても、これだけ高ければ流されることはありませんね。


さて、その逆もまたありきで、今度は猿橋から新猿橋を眺めた光景。
猿橋は木組みのため白っぽく見えましたが、新猿橋は赤い鉄橋です。
新旧紅白揃い踏み!
猿橋より眺めた新猿橋と紅葉

猿橋より眺めた新猿橋と紅葉


猿橋から渓流を見下ろしました。
「色づき始め」といった感じかな。
猿橋より渓流を見下ろす


ってなワケで、2013年猿橋の紅葉でした。
山梨きっての紅葉名所とのことで、秋の景観は色づき始めでも結構見応えがありました。
他にも、昇仙峡や西沢渓谷など、川と谷が秋に彩られるシーンはたくさんありますが、富士五湖からのアクセスがよく、気軽に立ち寄れるのがこの猿橋です。
いつか、紅葉ピークの時にも立ち寄りたいです。




【2013年甲州紅葉の旅シリーズはこちらから】
①御坂峠と「富士河口湖紅葉まつり」
②リニア見学センター
③日本三奇橋「猿橋」
④山中湖畔紅葉ライトアップ「夕焼けの渚紅葉まつり」
⑤八ヶ岳高原 笠富士とともに
⑥アルプスあづみの公園「アルプスあかりの森」



ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

猿橋 三奇橋 山梨 紅葉 大月 三大モノ

0 Comments

Leave a comment

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ケノーベルからリンクのご案内(2013/11/10 09:28)
  • 大月市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  • 2013.11.10 (Sun) 09:28 | ケノーベル エージェント
この記事へのトラックバック
  •  ケノーベルからリンクのご案内(2013/11/10 09:03)
  • 岩国市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  • 2013.11.10 (Sun) 09:04 | ケノーベル エージェント