お昼寝タイムの富士サファリパークと新緑のお茶畑

 07, 2012 01:51
2012年のゴールデンウィーク後半は、家族を引き連れて富士山麓方面に足を運びました!
今回の旅は生憎の曇り空で始まり、富士山はなかなか顔を出してくれませんでした。
せっかく富士山麓に来たのに、富士山が見られないのは残念で仕方ない。
しょうがないから、この日は家族サービスDAYと割り切って、富士サファリパークへ向かいました。
富士サファリパーク 木の上にライオン

サファリパークのあとは、ちょこっと富士市の茶畑にも!
みどりの日に相応しい写真が撮れたかな。
富士市岩本山付近の新緑の茶畑

ってなワケで、これから何回かに分けて、2012年静岡方面ゴールデンウィークの旅をお伝えします!


2012年05月04日 静岡県裾野市 富士サファリパーク


のっけから大渋滞に引っかかりました。
園外からズラリと続くサファリパーク渋滞は実に4km。
渋滞にハマってからサファリパークのゲートをくぐるまでに、なんと2時間もかかりました。
サファリパークは大人気ですね。
そもそもGWにここへ行くなんて、イコール「渋滞を味わいに行く」ことに他ならないですよね(^^;。

では、サファリパークの写真を。
富士サファリパークの様子 ライオンゾーン


すげぇ・・・、
ライオンと乗用車のコラボレーションなんて、ここでしか撮れない写真だよ!!
運転は嫁さんに任せ、自分は子供よりも大はしゃぎで写真を撮ります。



実は、ここに来たのは子供はおろか生まれて初めてです。
サファリパークのシステムを全然分かっていなかったのですが、いざ足を運んでみて分かったことをざっくり言えば以下のような感じ。


●車に乗ったまま、料金所のようなゲートで入園料を払う。
入園料は大人2700円・子供1500円。たけぇ・・・!!!
でも、コンビニで前売り券を買うことで、大人2000円・子供1000円に!

●ゲートをくぐるとすぐさま動物たちのいるところへ突進していく。
なお、パーク内も渋滞している。

●パーク内の所要時間は概ね1時間、パークに入る前にトイレは済ませるべし。
「パークに着いてから」と考えてはいけない。

●動物たちは「ゾーン」に分かれて暮らしている。
車で進んでいくと、最初は「ベアゾーン」、要するに熊ばかり。
その次が「ライオンゾーン」、そして「タイガーゾーン」、「チーターゾーン」・・・ってな具合。
トラとゾウのコラボなどは決して撮影できない。

●車から降りるのは禁止(これは当然と言えば当然)。
さらに、窓さえ決して開けてはならない。
したがって、写真撮影は絶対に窓越しになり、相当キビシイ。

●写真撮影は最初の20分ほどでキメるべし。
奥に行けばいくほど迫力のない動物になっていく。
最後は結構ダラける。


あんまりダラダラと書くと、この記事もダラけてしまうのでここまでにしよう。
で、大迫力の世界を堪能しようかと思いきや、心地よい初夏の日差しが注ぎ、猛獣たちはお花畑にいるような感じでした。
みんな幸せそうに昼寝しててさ、猛獣たちの寝顔を見に来たといっても過言ではありません(笑)。

右ライオン「今日はエラい混んでまんな~。あ~ネム・・・」
左ライオン「・・・・」
眠そうなライオンたち(富士サファリパーク)


ライオン「あ~この抱き枕最高☆」
いい寝顔ですね。
ライオン木の上で爆睡中(富士サファリパーク)


トラ「気持ちイイニャン☆」
トラ爆睡中(富士サファリパーク)


チーター「ポカポカだニャン☆」
初夏の日差しにまどろむチーター(富士サファリパーク)


サイ「昼寝サイこー☆」
昼寝中のサイ(富士サファリパーク)



まったく、どいつもこいつもしまりのない顔しやがって・・・(笑)。
「猛獣」が聞いて呆れるわ(笑)。

こういう獣たちって夜行性なんでしょうかね~。
サファリパークは夜間ライトアップが行われているので、その時はまた違った雰囲気があるのかもしれません。
ただし夜間の写真撮影は絶望的かと・・・。


それ以外にも動物は次々と出てきます。
ほんの一部、有名どころだけ。

ゾウはやっぱりでかかったゾウ。
富士サファリパークのゾウ

富士サファリパークのゾウ


シマウマ。
生まれて初めて見たような、かつて見たことあるような・・・。
富士サファリパークのシマウマ

富士サファリパークのシマウマ


キリン。
思っていたよりもキュートな印象。
富士サファリパークのキリン


あとは・・・
よく分からん(笑)。
ゴールデンウィークの富士サファリパーク

ゴールデンウィークの富士サファリパーク


ヒト。
・・・ではなく、これは娘だった(笑)。
富士サファリパークのチューリップ花壇にて



小動物コーナーもありますよ。
ここでは、モルモットやウサギなどを抱っこすることができるので、チビっ子たちに大人気!
人出の多い時はかなりの大行列になります。
小さなモルモットなら余裕の笑みを浮かべる息子。
モルモットと戯れる(富士サファリパーク)


でもちょっと大きめのウサギを飼育員さんから手渡される時はやや不安顔。
ウサギと戯れる(富士サファリパーク)


そして、そのうち慣れて笑みが戻ってきます。
ウサギと戯れる(富士サファリパーク)


そのほかにもいろんな動物と触れ合うこともできるサファリパーク。
なんだかんだ言って、動物園は結構楽しい。
人がワンサカ集まるのもナットクです。




静岡県富士市 岩本山付近


さて、サファリパークで動物たちのお昼寝鑑賞を済ませたあと、やっぱり風景画を撮りたくなって富士市岩本山まで足を伸ばしてみました。
ここは4月のはじめに桜を見に来た場所です。
みどりの日だから、それらしい風景でバシっと締めたくてね。
富士の麓に広がる茶畑がすごく綺麗でした。
富士市岩本山山麓の茶畑


これぞ日本の緑風景!
新緑の茶畑は目の冴えるような鮮やかさです。
北陸では見られない光景だから、見ているだけでホント楽しくなっちゃいます。
新緑の茶畑(静岡県富士市)

新緑の茶畑(静岡県富士市)



さて、肝心の富士山は・・・
茶畑の向こうに富士山


ん~、残念!
あとちょっと雲がとれてくれれば大絶景だったんですが・・・。
新緑の茶畑と富士山のコラボは、また次の機会にとっておきます。
富士山と茶畑 静岡県富士市にて

ってなワケで、ゴールデンウィークの旅第一日目は終了です。
天気は回復してきました。
次の日はスッキリとした富士山が楽しめましたよ♪
その様子はまた次回☆




ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0