03 2013

砺波平野・散居村の夕暮れ~初秋編~ (井波、閑乗寺公園より)

2013年08月28日 富山県南砺市 井波地区


9月に入りました。
カレンダーがめくれると同時に、季節は秋へと進みましたね。

最近は金沢ではなく砺波平野で過ごすことが多いのですが、せっかくの機会なので一度ゆっくり見てみたかった光景があります。
それは「散居村の夕暮れ」
と言っても、田んぼに水の張られた絶景ではなくて、ごく普通のありふれた夕暮れです。


このところ夏と秋、二つの季節のぶつかりあいが激しくてなかなか天気が安定しないのですが、たまたまこの日は午前中からよく晴れて、夕暮れ時はいい具合に空が焼けました。
20130828181549.jpg


この日の夕方は、ほどほどに雲があり、「焼けちゃいますよ」と言わんばかりの空。
「絵になる場所」を探して散居村の中をあっちへ行ったりこっちへ行ったり、車を走らせましたが、なかなか決められず。
あっと言う間に日没タイムとなってしまい、結局、タイムリミットだと感じた時点で車を降りて撮りました。
場所は南砺市井波。
ホントはもっといい場所があったのかもしれないけれど・・・ま、いっか。

「かいにょ」という散居村独特の屋敷林がつくりだすシルエットが美しかったです。
田んぼの稲はすでに収穫前の黄金色・・・なんですが、夕日が眩しいせいで暗くなっちゃいました(^^;。
20130828181648.jpg

20130828181207.jpg


南砺市井波と言えば、木彫りの彫刻の里(らんまが有名)、あるいは古刹「瑞泉寺」の門前町として知られていますが、写真好きの間では「閑乗寺公園」(カンジョウジコウエン)という絶景スポットがあることで有名です。
以前、砺波市の夢の平スキー場近くにある「散居村展望広場」や「鉢伏山」からの散居村の眺めを記事にしましたが、それと並ぶ散居村展望スポットだと言えるでしょう。
時間的に夕日に間に合うかどうか微妙でしたが、思い切って閑乗寺公園の高台へ向かってみました。




さて、その前に・・・。
実はこの日の午前中も閑乗寺公園に来ていたんです(笑)。
そのときの様子も。

標高は約300m。冬は小さなスキー場になる高原です。
砺波市の散居村展望広場に比べて100mほど低い場所ですが、南砺市・砺波市・小矢部市など砺波平野が一望できます。
平野部からのアクセスは極めて良好。
井波の市街地から5分ほど走れば、ご覧の景色。
20130828103540.jpg


下の写真、中央付近に横に伸びる白いラインは、2015年春に開業予定の北陸新幹線の高架橋です。
ど真ん中は小矢部市の「稲葉山」という、これまた人気の高い展望スポットで、山頂には牧場や風車があります。
その奥の高い山は、能登半島の付け根にある「宝達山」(ホウダツサン)。
能登半島の最高峰です。
20130828095254.jpg

稲葉山・宝達山方面へズームイン!
20130828095359.jpg


この閑乗寺公園からさらに上へ、狭く曲がりくねった林道を走ると、「八乙女山」という展望スポットがあります。
標高は600mをゆうに超え、東京スカイツリーのてっぺんに匹敵します。
当然のごとく、絶景が広がります。
数ある散居村展望スポットの中で、この八乙女山が最も標高が高いと思われます。
しかしいかんせんアクセスがあまりよろしくない。
途中の道は車同士すれ違い困難な場所が多く、上から崩れてきたと思われる尖った小石が路上に多数散乱。
ちょっと勇気が要る道でした。

本当は展望台まで走るつもりでしたが、なんとこのタイミングで嫁さんから恐怖の「帰って来い」コール
なんでだろう・・・いつも「これから」って時に中断を余儀なくされるんですよ(苦笑)。
展望台にはたどり着けなかったのですが、林道脇から綺麗な景色が見えました。
蛇行するのは富山を代表する大河川の庄川。
小高い山は高岡市の二上山。その奥にはごくうっすらと氷見方面の日本海が見えています。
砺波平野がほぼ全て見えていることになりますかね。
20130828102321.jpg




さて、話を元に戻して、閑乗寺公園からの夕日をば。
ギリギリ、間に合いました。
20130828183138.jpg


砺波平野を見下ろす夕景と言えば、初夏の水の張られた無数の水田に夕日や夕空が映るシーンがとても有名。
それに比べれば、初秋の夕景のインパクトは随分小さいのですが(^^;。

金沢では夕日は海に沈みます。
たまにはこうやって山の端に沈むってのもいいモンですね。
20130828183343.jpg

20130828183322.jpg


あっという間に夕日が沈んでしまいました。
その後は茜色の世界に。
夜景まで待とうかなとも思いましたが、早くしないとまた怒られてしまいそうなので、また次の機会に。
20130828183615.jpg


ってなワケで、8/28は綺麗な夕空で幕を閉じました。

この翌朝に双子の娘が誕生しました。
今思えば、自分が「二児の父」である最後の日だったんだなぁ・・・
と、記事を書きながら勝手に感慨に耽っているワケです(笑)。




ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

砺波平野 散居村 夕日 夕暮れ 井波 閑乗寺 景色

4 Comments

まっさ  

>☆パワフルHIRO☆さん

こんにちは♪
この度は御祝いのコメント、ありがとうございます(^^)
無事嫁さんも退院でき、あとは生まれたばかりの子を待つばかりです。
もうしばらく入院が続いちゃうんですよね(^^;

出産で嫁さんが自由に身動きできなかったのもあり、最近は嫁さんの実家のある
南砺市にいる機会が多かったんですよ。
なので、記事も富山県が中心になっています。
僕、何県民?(笑)

城端や井波のほうはどちらかというと立ち寄る機会が少ない(金沢・砺波・高岡とは逆なので)のですが、
第一印象としては、綺麗な光景はたくさんありそうって感じ。
少なくとも、何気なく季節や自然を感じられる光景・風物詩は、金沢周辺よりも多いと思います。
今の時期は田んぼの黄色がすごく綺麗だし、その脇に咲くコスモスもヨシ。
城端あたりなら、6月の麦畑もイイですね!
あと、立派なお寺や賑やかなお祭りもあるし。
まだ気が早いけど、雪が積もっても絵になります。

まぁ金沢の隣町みたいなものなので、「県境」は全く意識していません。
これからも富山ネタを増やしていきたいです。
お立ち寄り、感謝♪

2013/09/06 (Fri) 13:17 | EDIT | REPLY |   

☆パワフルHIRO☆  

先ずは双子のお子様のお誕生、おめでとうございます(祝)
BLOG を通じてですが、こちらまで嬉しくなっちゃう記事でした。

さて、最近のこちらの BLOG フォト、私の地元周辺ばかりが取り上げられ
ありがたいと共に、フォトを通じて新しい発見もありました。

富山県の南砺市在住の自分ですが、城端や井波に足を踏み入れられた時
どんなイメージが一番にあるのかなぁ~と興味深々です。

とにかくフォトから伝わって来るものが、温かく、美しい!!!

2013/09/05 (Thu) 09:11 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>ぽてとぉ~さん

こんばんは♪
帰りを待つ人がいる幸せ・・・
なるほど、その観点はあまりなかったです(笑)。
でも、ホントいつもいいタイミングでTELが入るんですよ。
行動を監視されてる!?(汗)

沖縄は台風は大丈夫でした?
こちらは連日強い雨が降っています。
季節の変わり目は天候も落ち着かないですね。
まだまだ夏は終わってないと思いますが、お体に気をつけて!

お立ち寄り&ポチ、感謝♪

2013/09/04 (Wed) 18:31 | EDIT | REPLY |   

ぽてとぉ~  

茜色に染まる雲がとても美しいですね~

早く帰らないと・・・って、思えるのは、帰りを待つ人がいる幸せなのかもしれませんね~

それって、とても素敵なことだと思います

これからもお体だけには、気をつけて頑張ってください

応援のぽちっ 残していきます~ノシ

2013/09/04 (Wed) 10:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment