31 2013

双子が生まれた日

2013年08月28日


世間が三連休だ、お盆だ、と歓喜に包まれていたその裏で、寂しく仕事してた私。
まもなく夏も終わろうとしているとき、ようやく遅かりし「夏休み」が舞い込んできました。
今年は8/28~9/1のなんと5連休!
ここまでまとまった休みをもらえるのも珍しいです。


嫁『せっかくの休みやし、明日〇〇(息子)と二人で旅でもしたら?別に泊まってきてもいいよ。
多分、この先当分はできないだろうから』


まっさ『ま、ま、ま、マジで!?行く行く!泊まります!!行ってきま~す!!!(歓喜)
目的地は・・・天気もいいし、富士山にしよう!』


嫁さんのほうから「泊まりで行ってこい」と声をかけてくれることなんて、1年に1度あるかないかです。
嫁さんのほうも、出産予定日を1ヶ月前に控え、ろくに家事もできないお荷物2人を外に送り出すことで、安静な時を過ごせるというメリットがあったのだと思います。
利害が一致し、夏休みの「男旅」が実現しました。
富士五湖をめぐり、宿泊地は甲府近辺の息子のお気に入りの場所。
2日目は勝沼でぶどう狩りでもしよう!
徹夜の運転になるけど、早朝の美しい富士山の姿を目に浮かべながら頑張って運転しました。


2013年08月29日


【午前0時15分】
富山県南砺市出発。
コンビニで眠気覚まし用のドリンクを2本購入し、福光ICから東海北陸自動車道に入る。
この時点で息子はすでに爆睡モード(笑)。


【午前1時15分】
岐阜県高山市。
中部縦貫自動車道の高山ICで高速を降りる。
いたって順調。ここからは一気にR158で松本へ抜けるぞ!


【午前2時50分】
松本ICから長野自動車道に入り、甲府を目指す。
ETC半額のタイムリミットにも余裕で間に合い、しかもこのペースなら富士山麓に到着するのは日の出前だ!
よし、朝焼けと湖に映る富士山が美しい、「田貫湖」に行こう!
まだ薄明にはなっていなかったけど、3000m級の峰々がうっすらシルエットで見えました。
天気がいい。


【午前3時10分】
中央自動車道諏訪湖SA。
ここで、突然嫁さんからTELがかかってきた。

嫁『今どの辺?』

まっさ『もう諏訪湖にいるゼ。早いだろう!?』

嫁『ちょっと言いにくいんだけど・・・来るかもしれない・・・

まっさ『は!?』


正直、「またまたご冗談を」という感想でした。
まだ36wになるかならないかだし、そもそも双子出産の場合は「管理入院」というのがあるハズだ。
それに今回は双子ということで、母子に極力無理をかけさせないよう帝王切開の腹づもりでいた。
順を追うなら、まず入院⇒出産日(施術日)確定⇒帝王切開だろう?
違うの!?

医者からは入院せよという指示は今日まで一切なく、管理入院は9月に入ってからと決め込んでいました。
それがいきなりの「来るかもしれない」。しかもこんな日に??


嫁『またかけ直す』


極めて中途半端な状態になってしまいました・・・。
進むか、戻るか。

咄嗟に思い浮かんだシナリオはこうです。

1.朝イチで医者に行く。
2.医者から「そろそろ入院ですね」と指示される。
3.即日入院かもしれないが、出産は9月第1週あたりで調整。
4.とりあえず今回の旅はソワソワしながらも続ける。明日帰ったらすぐ見舞いに行こう。

とにかく、医者の診断が下りるまでは、旅を進めることにしました。


【午前3時50分】
甲府南ICで中央自動車道をおりる。ほぼノンストップで甲府まで3時間半。
ここからR358で精進湖方面を目指す。
が、ここにきて再び嫁からTELが!


嫁『ちょっと病院行ってくるし、また連絡待って』

まっさ『まじで!?』


朝イチと思っていた病院が、未明になった。
もしかして、思っていた以上に急を要する状態?
でも嫁さんからは特に「今すぐ戻れ」という指示はなかったし、とてつもない胸騒ぎを感じながらも山道を進みました。



【午前4時40分】
田貫湖に到着。
平日の未明にも関わらず、キャンプ場の駐車場は車でいっぱい。
湖畔ではすでに何人かのカメラ愛好家たちが三脚を立てて日の出の瞬間を狙っている。
しかし霧のため富士山は腰より上が見えていない。
さすがは「朝霧高原」だ。

車を駐車場に止めようとしたとき、スマホがブルブル震えました。
一通のメール。


義母『これから帝王切開の準備が始まるらしい。戻ってきたほうがいいと思う』


このメッセージで、男旅が終わりました。
場所は静岡県富士宮市。目的地に着いた瞬間です。
ここから病院のある富山県高岡市まで・・・ひたすら帰るしかない(汗)。
うぉぉぉぉぉぉぉ、間に合うのか?
ちょっと厳しいんじゃないか??
富士山麓の田貫湖での滞在時間は2分ほど。
来た道を引き返し始めました。


【午前5時15分】
朝霧高原の道の駅でコーヒーを買い、甲府南ICに向けて戻る途中、なんと霧が晴れた!
そして、若干朝靄の残る薄明の空に、富士山の雄姿がクッキリ。
大ピンチで一刻も早く戻らなければならないんだけど、それとは裏腹に
「娘たちの誕生した日の富士山」
を収めたくなりました。

将来、「これが君たちの生まれた日の富士山だ」と、娘たちに見せて、
「私らの生まれるって日に何やってんの!?馬鹿じゃないの!?
と、笑い話(恨み話?)のネタにするためだ(笑)。

奇しくも今年は富士山が世界遺産になって、空前の富士山ブームだとか。
富士山YEARに生を受ける娘たちに贈る、象徴的な富士山がコレ。
20130829051624.jpg

20130829051646.jpg

朝霧高原の朝霧が晴れ、日の出前のほのかな朝焼けの中に浮かび上がった富士のシルエット。
これまで何度もこの山を見て来たけど、この日の富士山は特別です。

さ、風景に浸っている場合ではない。急いで帰らなければ!



【午前5時30分】
ここで、同乗していた息子が目を覚ましました。
旅の中止を告げると、思っていたよりもすんなりと受け入れてくれたようで、「急げ!」と発破をかけます。
懸案事項は一つクリア。
あとはお産に間に合うかどうか。

ここで再びスマホが震えました。
何だ?何があったんだ!?

義母『帝王切開の準備が間に合わない。もう産まれそう』

う、う、産まれそう?
帝王切開が間に合わない!?????

実は、手術の準備を進める間にもどんどん事は進み、あとで聞いた話では「すでにアタマが出てきていた」とのことです。
そ、そんなに早く出たがっていたのか。
なんと 自分勝手 元気なコたちなんだ!
この報告を受けて、もう間に合わないことは悟りました。



【午前5時50分】
次女、誕生。



【午前6時05分】
三女、誕生。



【午前6時20分】
長野県の諏訪湖SAでメール連絡を受けました。
何か、スーっと、憑りついていた魔物が昇華したような気分。
アタマが真っ白です。

アハ・・・アハハハ・・・

もう、笑うしかありません(笑)。

それにしても、何たる安産か!
「来るかも」と気づいてから、わずか3時間後には双子を出産している。
しかも、覚悟を決めていた帝王切開ではなく、自然分娩で。
この母親はなんて 気が早い 強いんだろう・・・。

産まれたからにはしょうがない。
「どれだけ早く帰れるか」ではなく、「いかに確実に帰れるか」に気持ちはシフトし、残りの道中は慎重に運転しました。



【午前10時00分】
高岡市の病院に到着。
娘との対面を前に、非常に緊張します。

よくTVなんかでありますよね、
「30年ぶり、生き別れた親子の涙の再開スペシャル」みたいな。
それに出てくる当事者のような、今まで経験したことのないような気分です。

普通なら産む前から一緒に病院に向かい、産まれる瞬間を味わうものなんですが、まだ見ぬ娘の「見舞いに行く」という、とても不思議な感覚でした。


双子の娘は、予定よりも4週間近く早く産まれたということで、保育器の中。
すやすやと眠っていました。

他のコたちよりも一回りだけ小さな姿だけど、思っていた以上に成長していてビックリ。
彼女たちの寝顔を見ながら、一人こうつぶやきました。

「この世界へようこそ!間に合わなくてゴメンネ」


第一声で早速謝罪の弁を告げる父親・・・。
この先、アタマを下げ続ける・・・のかもなぁ(苦笑)。
とにかく、無事に産まれてくれて本当によかったです。
富士山麓を撮るつもりだったカメラですが、気がつけば夢中で娘たちの写真を撮っていました。


次女 夏そして夏の花を連想する名前にします。
20130829133345.jpg

三女 秋そして稲穂を連想する名前にします。
20130829114824.jpg


もしかしたらこのブログ、風景写真どころではなくなってしまうかもしれません。
子育て奮闘記みたいな色合いになったとしても、末永くよろしくお願いします(^^;。

それから、世の中のお父さんになる方々に一言。
出産の1か月前くらいからは、何が起こるか分かりません。
あまり出歩かない方がいいかもしれませんよ。
特に双子の場合は・・・。




ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

双子 誕生 出産 富士山

17 Comments

まっさ  

>たつやさん

お久しぶりです(^^)
この度はお祝いのコメント、ありがとうございます!
では、僕も娘が生まれた記念に車でも…
って思いたいのですが、怖くて買えません(笑)。
先立つものが…(*_*)

今は目の前の育児でいっぱいいっぱいですが、
二十何年か経ってみんな自立したときに、
「あっという間だったなぁ」と思うんでしょうね。
そう思えたなら、人生大成功だと思います。
それに向けて一歩一歩進んでいきたいと思いますo(^o^)o。

しかし…
今はまだ娘が嫁ぐことは考えたくないかも(笑)。

お立ち寄り、感謝♪

2013/09/04 (Wed) 05:48 | EDIT | REPLY |   

たつや  

おめでとうございます。

まっさーさん、本当におめでとうございます。
僕は娘が生まれた記念にと、自分へオフロードのバイクを買いました。
娘は嫁ぎましたが、今になって思えば、子育てってあっという間に終わってしまうことです。うちのかみさんがしみじみ言ってた言葉です。

これからは景色+双子のかわいい赤ちゃん写真を楽しみにしています。

2013/09/03 (Tue) 22:20 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/09/03 (Tue) 12:59 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>hiroさん

初めまして♪
そして、温かなお祝いのお言葉、大変嬉しく思っています。

旅に出て写真を撮ってくるのが大好きで、これまでも無計画な遠出を重ねてきました。
失敗談も多々あります。
今回の旅はその最たるものかもしれません(^^;。
静岡県まで行って、滞在時間2分で来た道を戻るなんて・・・普通の人はこんなことにはなりませんよね。

こんな私ですが、これからもよろしくお願いしますm(__)m。
お立ち寄り、感謝♪

2013/09/01 (Sun) 23:18 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>すばるαさん

こんばんは♪
早速のお祝いのメッセージ、ありがとうございます。
あっと言う間の5日間の夏休みが終わってしまいました。
見舞いのための移動と2人の子供の面倒見だけでいっぱいいっぱいで、富士山と双子の娘以外は写真を撮る時間もなく・・・。
ん~、体が休まったのかよく分かりません(汗)。

出産があと1日でも遅かったなら、私も息子もそれなりに旅行を楽しめたんですが・・・
けど、ちょうど夏休みの間に落ち着くことができたので、ある意味グッドタイミングだったのかなって、今になって思います。

なるほど!
娘の結婚式ですか、それは思いつかなかった!
・・・って、早くも嫁に行くことを考えさせないでくださいよ、悲しくなるじゃないですか(笑)。
でも、そのアイデアは乗っかってもいいかなって真剣に思いました(^^)。
ま、主役は娘ですから、使ってくれるかどうかは娘次第ですけどね~。

そんなワケで、今時珍しい4人兄妹の家系となりました。
長女は2歳で、遠出をするにはまだ気を遣ってしまいます。
お寺のライトアップでは大泣きされちゃったしなぁ・・・(T_T)。

あ、今日から9月ですね。もう「秋」になってしまったんだ・・・。
晩秋・冬の並木道、了解ですよ(^^)。出張がなければ・・・(ドキドキ)。
いつもご覧いただき、ありがとうございます♪

2013/09/01 (Sun) 23:05 | EDIT | REPLY |   

hiro  

おめでとうございます♪

初めまして。
LUN RUNのhiroと申します。

なななんとドラマチックなドライブと
双子ちゃんの誕生でしょう!!
あまりのドキドキに思わずコメントさせてもらった次第です。
富士山の写真に感動し、
ベビーズのお写真にまた感動!!


まっささんご家族に幸あれ!!

2013/09/01 (Sun) 17:30 | EDIT | REPLY |   

すばるα  

おおお!!!
双子誕生の裏にこんなドラマがあったんですかっ(・.・;)

しかし4週早くても顔立ちは随分しっかりしているんですね。
そして今の時代に子供4人とは凄い(@_@)

お父さんの連休中に産まれたのは良いけれど、後数日待ってくれればジャストタイミングだったのに。
でもそれだとこんなドラマも生まれないし、何より後々話の種になるであろう富士山の写真が撮れなかったですよね。

この富士山の写真はまっさ家の宝物でしょう。
双子ちゃんの結婚式の時に披露すれば受けると思いますが。

上の娘さんだってまだ2才だし風景写真は当分近場だけですかね。
子育て奮闘記大いに結構。そんなブログも楽しみにしていますよ。
そしてついでに?晩秋から真冬のメタセコイヤ並木も是非お願いしますm(__)m


それにしても・・・
妹が三人か。
お兄ちゃんもこれから色々大変なような気がする(^_^.)

2013/09/01 (Sun) 13:37 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>心の月さん

こんばんは♪
お祝いのメッセージ、ありがとうございます!

お話を聞いてビックリです。
産院に着いて40分で出産ですと!?

産む本人にしてみれば、できるだけ早く済ませたい気持ちもあるでしょうから、超安産は嬉しい限りだと思います。
でも、連絡を受けて産院に駆けつける立場としては、「も、も、もう少しゆっくり頑張りません!?」なんて、不覚にも思ってしまうワケです。
ダメだねぇ、男って(^w^)。

家内は管理入院もなく、家から分娩室に直行しました。
8月以降、かなり辛そうな表情も見せていましたが、ギリギリまで弱音を吐かずに我慢していたのかもしれません。
女性は強いですね。改めて感心します。

お気遣い、ありがとうございます。
寝不足はきっと免れないでしょうね。
2人が足並み揃えて泣いてくれればいいのですが、そういうワケにもいかないだろうなぁ・・・。
まぁ、できる範囲で精一杯頑張ろうと思います!

お立ち寄り、感謝♪

2013/09/01 (Sun) 01:24 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>蒼天さん

こんばんは♪
今の気持ちとしては・・・実はまだ娘が2人増えたことを実感できないでいます(^^;。
というのも、手元にいるワケじゃないからね。
毎日病院に行ってはいるんだけど、抱っこできるのは嫁さんだけで、私はまだガラス越しに指をくわえて眺めている状態。
まだ触ることもできていないんです。
本来なら、もう少しノンビリとお腹の中にいたっておかしくないのに、早く起こされて厳しい外の世界に出てきてしまいました。
スヤスヤ眠っている振りをして、実は娘たちなりに、この世界との格闘をしているのかもしれません。
今はそっと見守るのみ・・・かな。


女性はすごいよね。
真似しろって言われても、出産だけは真似できない。
したいとも思えない。だって、自分たちが思っているよりも桁違いに辛そうだもん。
それを人生で何度もやってのけてしまう女性って、すごいとしか言いようがないですよね。
男は・・・尻にしかれても文句は言えないのかも(笑)。


今まで3回のお産がありました。
初回は、出張中の東京で連絡を受けて、朝イチの飛行機に飛び乗って出産20分前に到着。
2度目は信州飯田。どうひっくり返っても短時間では戻れない場所で連絡を受けました。
その上「想定外」の安産となり、お産には1時間の遅刻。
そして3度目はごらんの有様。
出張がなかったから本来ならバッチリ立ち会えるハズだったのに、こんな日に限って静岡に行ってるんだもんなぁ。

富士山、小僧くんが喜んでくれて嬉しいです。
お産がなければ、天気も良さげだったし、もっともっとたくさんの美しい富士に出会えたハズです。
でも、お産があったおかげで、「特別な富士山」を眺めることができました。
見た目は何てことないただの朝霧高原の朝景色なんですケドね(^^;。

春・夏・秋と三姉妹がそろいました。
「冬はどうする?」なんて皮肉られてしまいそうですが、「我が家に冬は永遠に来ない」、と軽くかわすことにします(笑)。
お祝いのメッセージ、ありがとう!
あっという間に夏休みが終わりそう。あと一日、ノンビリ過ごします。

2013/09/01 (Sun) 01:11 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>misachi68さん

こんばんは♪
このたびはお祝いメッセージ、ありがとうございます!

緊急事態にも関わらず富士山を撮ってしまう・・・こんな父親ですが、許してと娘たちに言って聞かせるつもりです(笑)。
帝王切開が自然分娩になりました。
確かに、母体に与える影響は、後々のことを考えると自然分娩の方が軽いでしょうね。
そのおかげで退院も早まりそうで、早ければ9月第1週にも戻ってこられそうとのことです。

それにしても、「母は強し」です。
男だったら絶対に真似のできないことを、あっけなくやってのけてしまいました。
こればかりは、頭が上がりません。

子育て奮闘記は、今でも十分書くネタを持ち合わせているのですが・・・
子供の数が一気に倍増。これから一体どうなるんだぁ!?(^^;

お立ち寄り、ありがとうございます♪

2013/09/01 (Sun) 00:02 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>みんこさん

こんばんは♪
お祝い、ありがとございます!

息子は、かつて「妹が誕生する」という経験をしていますが、再び2人の妹を迎えると言うことで、とにかく甘える甘える。
気持ちは分かりますが、そこは男として、「シッカリしろ!」と言い聞かせています(笑)。

実際問題、私自身の心のよりどころは息子かもしれません。
だって、この先「女4人vs男2人」でしょ?
圧倒的不利な立場に立たされるわけで、僕の味方にできるのは息子しかいない。
貴重な存在になってしまいました(^^;。

優しい兄になってくれれば嬉しいです。
あと、僕自身男3人兄弟で、女っ気の全くない家庭で育ちました。
3人の妹を従えることができる息子が、ちょっと羨ましくもあります。

このたびは、本当にありがとうございます!

2013/08/31 (Sat) 23:54 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>ぽてとぉ~さん

ありがとうございます!
無事、お腹の中から出てくることができました。
これで、嫁さんの機嫌も少しは元に戻ってくれるかな(笑)。

まさか、自分が4人の親になるとは、思ってもみませんでした。
ホント、人生何が起こるかわかりません。
スナップ写真、頑張って撮っていきたいと思います。
撮った写真を見返して微笑む日はまだまだ先になりそうですが・・・そんな日を夢見て頑張っていきたいと思います。

お祝いのメッセージ、ありがとうございました♪

2013/08/31 (Sat) 23:47 | EDIT | REPLY |   

写心愛好家 心の月  

おめでとうございます!
双子ちゃん、かわいいです^0^
こんな小さな時もあったな…(遠い目)

富士山も、素晴らしいです。
この景色に呼ばれたのかもしれませんね。

お産ってホントに予測できないと言いますか・・・
うちの次女は産院に着いてわずか40分で生まれましたからね^^;
もうちょっとで車内で産むところでした^^;;;
特に経産婦は「まだこの程度(の痛み)じゃ産まれねぇ!」
と思って、我慢しちゃう傾向があるそうで・・・。

でも、多分、帝王切開より自然分娩の方が産後の体が楽かもしれません。

これから寝不足になっちゃうかもしれませんが
お体に気を付けて、頑張って下さい^0^




2013/08/31 (Sat) 22:50 | EDIT | REPLY |   

蒼天  

Congratulations!!

こんばんは。
そろそろ落ち着いて喜びを噛みしめてる頃かな。
しかし、女性ってのはすごい。
それでなくてもお産は大変。しかも、双子で大変さは2倍なのに、しっかり自然分娩で命を送り出す…男には絶対出来ないことだよね。
姫達もすごい。
生まれ出るってことは本当に苦しくて不安なことだと思う。温かいお母さんのお腹の海から外の世界へ…よく頑張ったよね。


読みながら不覚にも涙が…(笑)
お姉ちゃんは春を、妹姫達は夏と秋を。
日本でもとりわけ美しい四季を送る金沢の町で、 誰よりも幸せな毎日を過ごせるよう、島根から家族みんなで祈ってるよ。

2013/08/31 (Sat) 22:35 | EDIT | REPLY |   

misachi68  

おめでとうございます!
読みながら笑っちゃうやら、ウルっとしちゃうやら・・・
緊急事態にもかかわらず、
美しい富士山を撮影しちゃうまっささんあっぱれです(*´∀`*)

奥様の産後のことを思うと自然分娩の方が断然ラクですし、
良かったですね〜

子育て奮闘記も楽しみにしてますよ(゚∇^d) グッ!!

2013/08/31 (Sat) 17:01 | EDIT | REPLY |   

みんこ  

自然分娩になったのですね
お嬢さま三人、おにいちゃんは優しい男性になりますよ
夏にちなんで・・・秋に由来しての命名
かってにこういう名前かなぁって想像しますけど・・・

究極のとんぼがえりですが(笑)
おめでとうございます
安産の奥様、貴重ですよ 

2013/08/31 (Sat) 16:33 | EDIT | REPLY |   

ぽてとぉ~  

御出産おめでとうございます

子ども達が美しく健やかに成長されるよう、お祈り申し上げます


これからは、子ども達の元気な姿をスナップしていってください
子ども達が大きくなったときに素晴らしい思い出の記録になるでしょう

今後は、子育てで大変でしょうがお体だけには、気をつけてがんばってください

2013/08/31 (Sat) 14:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

3 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ケノーベルからリンクのご案内(2013/09/01 09:08)
  • 高岡市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  • 2013.09.01 (Sun) 09:08 | ケノーベル エージェント
この記事へのトラックバック
  •  ケノーベルからリンクのご案内(2013/09/01 08:50)
  • 富士宮市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  • 2013.09.01 (Sun) 08:50 | ケノーベル エージェント
この記事へのトラックバック
  •  ケノーベルからリンクのご案内(2013/09/01 08:46)
  • 高山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  • 2013.09.01 (Sun) 08:47 | ケノーベル エージェント