-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11 2013

大かがり火と大花火 ~川北まつり・北國大花火川北大会(2013)~

今年の花火シリーズ第3弾!
石川県川北町で行われた川北まつりの「北國大花火川北大会」です。
打ち上がる玉数は、新潟県も含めた北陸4県で最大級の2万発。
石川のみならず、近年は他県からの鑑賞客も集めるようになってきた、大きな花火大会です。

圧倒的な駐車場不足と大渋滞に戦々恐々としながらも、なにげに毎年訪れています。
やっぱりこれを見ないことには、盛夏のピークを迎えられません。

20130803210527.jpg

【2013年の花火シリーズはこちらから】

北國花火金沢大会(石川県金沢市)
北びわ湖大花火大会(滋賀県彦根市)
北國大花火川北大会(石川県川北町)


2013年08月03日 石川県能美郡川北町 手取川簡易グラウンド


人口5~6千人の小さな町で行われる「川北まつり」は、毎年30万人の人出があるそうで、石川県内なら金沢市の百万石まつりに次ぐ大きなイベントだと言えます。
このお祭りを有名にしたのは、やっぱり北陸最大級の花火大会がセットで楽しめるからでしょうね。
車を正式な駐車場に止めたければ遅くとも16時までには会場付近に行ってなければなりません。
なのにこの日は団地の夏祭りの交通整理係になり、17時までその仕事に追われていました。

17時過ぎに家を出て、果たして会場に乗り込むことができるのか??
・・・できるワケがない(汗)。

でも、そんなことでは諦めません。
車がダメでも、体がある!


実家のある野々市市まで車で向かい、そこから母のママチャリを借りて夕暮れサイクリングだ!
そう、今回は車ではなく自転車(しかもギヤなしのオンボロなママチャリ・後部座席付(笑))で会場入りしたんですね。
三脚背負って。
距離は片道12kmくらいはあろうかと。
もうここまでくると馬鹿ですよね。
あまりにも破天荒なプランだったので、もちろん子連れではなく単独行動です。

川北町への道中、夕空が綺麗だったのでパシャリ。
今日も花火日和間違いなしだ。
20130803184622.jpg



「花火日和」で思い出した。
実はこの日、北陸地方はめでたく梅雨明けを果たしました。
富山・石川・福井に住む人間は「何を今更・・・」とシラけたでしょうが、梅雨の発表を任されている新潟市がようやく真夏にGOを出してくれたのです。
何度も言うけど、あそこは緯度的には東北南部なんだって。
北陸地方の梅雨入り・梅雨明けの発表は、東部(新潟)と西部(富山・石川・福井)で分けませんか??


・・・なんて考えているうちに、会場に到着!
野々市から川北の会場まではおよそ1時間でした。
19時過ぎには現地入りしましたが、付近の道路はすでに大渋滞発生。
ママチャリを選んで正解でした。
駐車場が少ないのでほとんどすべての道路が路上駐車で埋め尽くされてしまい、極めて流れが悪くなるんです。
ローカルな話になりますが、白山市のイオン松任SCから川北・辰口方面に向かう道路は、19時前でも比較的流れていました。
来年のルート選びの参考になれば幸いです。


まつりの会場となる手取川河川敷のグラウンドは、すでに蟻のような人だかり。
川の土手の観客席も座る場所がないくらいの人混み。
この会場だけで、10万人くらいはいるんじゃなかろうかってなくらいの人・人・人です。
20130803193031.jpg



川北まつりは、「町民全員参加のまつりを作ろう」という思いから、昭和61年から始まったお祭りです。
高さ45m(日本最大級とか)の大かがり火を灯し、豊作を願う「虫送り太鼓」や先人の霊を慰める「送り火」などが披露されます。
今では大規模な花火大会のほうが知名度が高いのですが、もともとは花火大会はなく、第5回大会から共催イベントとして花火が打ち上げられたそうです。
最初の花火大会はわずか400発だったそうですよ。

町会別に次々と虫送り太鼓が演奏されていきます。
迫力のある演奏です。
20130803192945.jpg

20130803193257.jpg


「第28回 川北まつり」の火文字に点火されました。
いよいよ、火まつりの真骨頂、「大かがり火」の点火間近です。
20130803193655.jpg

20130803193734.jpg



高さ45mの大かがり火も点火!
45mと言えば、ビルの15階くらいに相当しますかね。
点火された瞬間はあまりの明るさに写真が白トビしてしまいまして、一呼吸置いてから撮りました。
巨大な火柱となり、手取の夜空を染め上げます。
祭りのボルテージはここで最高潮に!
20130803194009.jpg

20130803194124.jpg

これだけの大きさのかがり火になると、舞う火の粉もすごいです。
20130803194831.jpg


点火から10分ほどで、かがり火が折れ、地面にひれ伏しました。
この瞬間をカメラに収めようと待っていたのですが、ちょっと油断してた隙にスローモーションのように傾き始めました。
慌ててシャッター切ったんだけど、ちょっと早かったかなぁ(^^;。
20130803195012.jpg





この後はかがり火の前で盆踊り。
風流な時間が会場に流れましたが、その間に花火に備えて場所移動です。
近すぎても良くないのは琵琶湖で十分学びましたし、今年も昨年同様、グラウンドから200mほど離れた畦道へ。

20時過ぎから打ち上げが始まり、21時半までの90分間、上がる上がる。
北陸最大級の花火大会、開幕です。
20130803201745.jpg


この花火大会の特徴は、スターマインの種類の多さ。
2万発も上げるんだから、スターマインが活躍しないワケがありません。
20130803210042.jpg

20130803201753.jpg

20130803205643.jpg

20130803205919.jpg


ところで、2万発という数字はかの有名な長岡花火と同じです。
長岡の場合は2日間かけて2万発。
一方、川北花火は1日で2万発。
一晩に見られる花火の数は川北花火が圧倒します。

長岡並の知名度を持たせて全国から人を呼べる花火大会にしようという働きかけがあったらしく、年々玉数を増やしていきました。
でも、最近は「玉数至上主義」の流れは時代遅れな感じがします。
いかに多くを打ち上げるかではなく、いかに美しく魅せるかにシフトしてきていますよね。
量より質。
川北も、さらに上を目指して頑張って欲しい!


斜め打ちのスターマインは、割と最近見られるようになりました。
川北花火の大きな見所のひとつです。
20130803210740.jpg

北國大花火川北大会2013

20130803210523.jpg



川北花火の最大の見所はフィナーレを飾る「あばれ川県民花火」。
休みなく惜しみなく2000発を打ち上げるド派手なスターマインです。
「あばれ川」というのは、かつて幾たびも洪水を引き起こした手取川のこと。
今ではしっかり治水されていて、洪水の危険性がほとんどない川になりましたけどね。
その名に違わぬ大迫力のスターマインでした。
20130803213443.jpg

20130803213408.jpg

ちなみに、花火一玉のお値段が気になってしかたなかったのですが。
調べてみると、スターマインでよく使用される割と小粒な3~5号玉で1発約4~5千円するそうです。
2000発上げるとなると・・・少なく見積もっても1000万円かよ!
それがわずか数分のショーで灰になっちゃうんですね・・・おっとイカンイカン、花火に現実世界を持ち込んでは(笑)。
ちなみに大曲や長岡などの有名な花火大会では、トータル1億円以上を費やしているようです。

20130803213423.jpg

20130803213430.jpg

20130803213434.jpg


こうして、この夏の川北花火は無事終了。
昨年は打ち上げ途中に火災が発生するなどして中断騒ぎもありましたが、今年はスムースな進行でした。
そう言えば、かつては最後の最後に「締めの一発」ということで20号玉が打ち上げられていたのですが、最近は見ないですね。
是非復活させて欲しいもの。

終わってみれば21時半。
ここから自転車で野々市まで戻らなければならず、結局自宅に着けたのは日付が変わる直前でした(^^;。

「いつまでほっつき歩いてんの!」

と最後に嫁の巨大な「尺玉」が打ち上がったのは、言うまでもありません(笑)。



ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

花火 川北 火まつり スターマイン 石川

- 2 Comments

まっさ  

>ライカM2さん

こんばんは♪

いや、爆走ママチャリダーではないんだけどね・・・。
でも、昔は結構チャリで爆走してたなぁ。
中学生の頃ですでに意味もなく片道3~40km駆け抜けたり。
その頃から、ジっとしていられない性格だったんだと思う(笑)。
でも、さすがにママチャリはないですね。
おそらく、この花火大会の日、史上最もママチャリで長距離移動したかもしれません(^w^)

最近、音楽とともに打ち上げることも多くなってきたようですね。
私も、先日の琵琶湖の花火でいたく感動しました。
欧米ではさらにサーチライトなどによる演出もあるようで、まさに「光と音」の共演です。
川北花火も、これほど活発にスターマインを上げるなら、音楽を採り入れてみてもいいのにと
思ってしまいます。幅がぐんと広がりますよね。


チャリは結構使えます!
特にお祭りや花火大会など、人が激しく往来し車を止めることができない場合、
車に折り畳みチャリでも積んでおいて、隣駅に車を置いてそこからチャリ・・・
なんて素敵なこともできそうです。
それにしても、久々にチャリをこいで往復20km以上も移動したら・・・次の日は足腰がガクガクでした。
普段から筋肉使っておかないとねぇ。

お立ち寄り、感謝♪

2013/08/12 (Mon) 19:07 | EDIT | REPLY |   

ライカM2  

最後に尺玉の大サービス!



「秘密にしてたけど、パパ…実は爆走ママチャリダーなんだ!」
( ̄ー+ ̄)

息子
「…………」
(・・;)

なんて後日談があったようですが…(笑)


いやしかし、ママチャリで往復二時間とは!
その気持ち、私には…


分かるなぁ(シミジミ)



おっしゃる通り、花火も今や数ではなく質の時代。
音楽に合わせた様々な演出が流行りでしょうか?

でも、花火師さん達の心意気が伝わってくるような花火に出会えたときが、個人的には一番感動します。


大きさもしかり、技もしかり。


あっ!帰宅時の尺玉が、大きかったり技ありだったりしては困りますけど…(苦笑)


そっか…チャリかぁ…どこかで使えるかな?(笑)

2013/08/11 (Sun) 22:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。