30 2013

箱根登山電車と紫陽花 ~大平台駅付近の電車と紫陽花のコラボレーション~

関東の紫陽花名所を巡る「関東あじさい探訪」シリーズは今回がラストステージです。
ラストに相応しい地と言えば、そりゃあ箱根に決まっている。

・・・ゴメンナサイ、無理矢理でした・・・。

でもよくよく考えてみると、山岳部に咲く紫陽花はこれからが見頃であり、すでに見頃を終えた平野部の紫陽花からバトンをもらい、上へ上へと花を開いていくわけです。
そのバトンタッチの場が、箱根。
紫陽花の見頃がちょうど街から山へと移り変わろうとしていた過渡期に、箱根登山電車沿線の紫陽花を見ることができました。

僕の一眼レフ史上、初めて本気で電車風景に挑んでみました。
あ、ピントはほとんど紫陽花に合わせています。
電車はあくまで「脇役」ってことで、よろしく(^^)。
箱根登山電車沿線の紫陽花

大平台駅付近の紫陽花 箱根登山電車

【関東あじさい探訪シリーズはこちらから】
その1 東京大田区・多摩川台公園
その2 東京港区・旧芝離宮恩賜庭園
その3 東京中央区・浜離宮恩賜庭園
その4 鎌倉・明月院と東慶寺
その5 鎌倉・長谷寺
その6 東京江東区・清澄庭園
その7 小田原・小田原城
その8 箱根・大平台(箱根登山電車)


2013年06月23日 神奈川県足柄下郡箱根町 箱根登山電車大平台駅周辺


この日は前記事の通り、小田原城の紫陽花を見に行ったのですが、
「ここまで来たら、箱根も行けるんじゃない?」
という軽いノリで、小田原駅からさらに静岡県側へ進むことにしたのです。
時間はもう夕方近くだったのですが(^^;。

まず、小田原駅から箱根湯本駅へ。そして箱根湯本で乗り換えて箱根登山電車の紫陽花名所と言われている「大平台」という駅で下車。
ちなみに、山から下りる電車は恐ろしいほど混雑していたのに、山を登る電車は空席が目立ちました。
時間的に遅いってのがあるのでしょうが、拍子抜けするほどスムース。
同乗していた他のお客さんで、この大平台駅で降りたのは自分とあと一人だけ。
え!?
そんなもんなの?
もっともっと賑やかだと思っていたのに・・・。
箱根登山電車 大平台駅

(いつものことですが)何の予備知識もなくたどり着いた大平台。
非常に長閑というか・・・誰もいない。
賑やかな小田原や箱根湯本から突然閑散とした山あいの駅に降り、さてどうしようと困ったものです。
そういえば、これまでは名所へ行く場合は「人の流れ」について行けばよいと思っていた節があったのですが、ここではそれは通用しません。
時間も遅いことだし、とりあえず線路のある方へ歩くことにしました。
駅前、何もないよ・・・。
大平台駅の様子 箱根登山電車


「来た場所はホントに合ってるのか?」
と疑っていたのですが、その心配はしばらく歩くうちに解消!
駅を出て左に進み、しばらく行ったところでさらに線路方向へ左に折れると、坂を下って登山電車の線路沿いにたどり着きました。
「あじさいの小径」という看板もあり、遊歩道のような道に沿って紫陽花が咲き乱れていました。
線路もすぐそば。
きっとこの辺りから、電車と紫陽花のコラボレーションを撮るんだろうな。

登山電車の保安院とおぼしき方もいらっしゃいましたが、この後すぐにいなくなってしまいました。
最近、マナー違反なカメラマンが増えて「撮りにくい」と言われているようですが、私が来たこの日は日曜日なのにカメラマンらしき人は2~3人程度。それに誰からも監視されていません。
紫陽花シーズンの登山電車沿線とは思えない静けさです。
大平台周辺の紫陽花


小さな踏切がありました。
踏切と言っても、単に線路を渡れるようにしただけの簡素なもの。
遮断機や警報機の類は一切ありません。
大平台駅ではスイッチバックを行っているので、自分のいる場所は左右に線路がありとても不思議な感じがしました。
つまり、大平台駅が「V」の頂点だとしたら、自分はその頂点からほんの少しだけ上の部分にいる感じ。
線路と線路に挟まれた場所に、紫陽花が綺麗に咲いているのを発見。
とりあえずここで電車を待つことにしました。
箱根登山電車 大平台駅付近の紫陽花


結構待つのかと思いきや、意外にも多頻度輸送を行っていて、特にスイッチバックと上下線の待ち合わせを行う大平台駅付近はひっきりなしに電車が通過していくんです。
その頻度は北陸本線をはるかに上回ります。
何回か練習で撮っては失敗してを繰り返し、ようやく撮れたのがこんな感じ。
いや~、しかし電車を撮るのってホント緊迫感が違います。
撮り鉄と言われている方々は尊敬に値します。
箱根登山電車の急勾配っぷりと急カーブっぷり、そして紫陽花の咲きっぷりが伝われば幸いです。
箱根登山電車と紫陽花

箱根登山電車と紫陽花

箱根登山電車と紫陽花

箱根登山電車と紫陽花

しばらく線路沿いを歩くと、さらにいくつかの踏切に出会います。
紫陽花の咲く線路の光景。
電車がいなくても結構好きです。
箱根登山電車 「大向踏切」と紫陽花咲く沿線


こちらは「大平台踏切」だったかな。
付近の他の踏切とは違い、ここには立派な警報機や遮断機が備わっています。
後で調べてみると、結構有名なシャッタースポットらしいですね。
大平台踏切の紫陽花 箱根登山電車

大平台踏切 箱根登山電車と紫陽花

大平台踏切 箱根登山電車と紫陽花


電車が来るたび夢中になって撮りまくっていたら、最終的には18時を過ぎてしまいました。
曇り空だったため、急に周りが薄暗くなり始め、被写体ブレも大きくなってきました。
そろそろ限界です。
沿線ではライトアップも行われているそうですが、さすがにそんな元気はなくて、夕闇迫る箱根を後にして東京へ戻りました。

箱根登山電車沿線は標高差があるため、紫陽花は6月中旬から7月中旬まで、比較的長い期間楽しめるそうです。
この記事を書いている週末(6/30)あたりは、トータル的に最も美しいんじゃないでしょうか。

箱根登山電車と紫陽花


ってなわけで、9か所の関東あじさい探訪シリーズ、いかがだったでしょうか?
ここまで拙い記事をご覧いただき、ありがとうございます。
私としては、もう5年分くらいの紫陽花を見た気でいますが、機会があるならまた来年にでも再び訪れたい。
関東にはそんな見応えのある紫陽花名所がたくさんあることに気づかされました。

さて、金沢に帰ってきましたが、まだまだ紫陽花が咲いているではないか!
ってなわけで、引き続き地元の紫陽花もいくつか紹介できたら、と思っています(^^)。




【関東あじさい探訪シリーズはこちらから】
その1 東京大田区・多摩川台公園
その2 東京港区・旧芝離宮恩賜庭園
その3 東京中央区・浜離宮恩賜庭園
その4 鎌倉・明月院と東慶寺
その5 鎌倉・長谷寺
その6 東京江東区・清澄庭園
その7 小田原・小田原城
その8 箱根・大平台(箱根登山電車)


【リンク】
箱根登山電車



ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

紫陽花 電車 箱根 紫陽花名所 大平台 箱根登山電車

9 Comments

まっさ  

>ぽてとぉ~さん

こんにちは♪
悪い話題で表沙汰になっているのは、写真家の中でもごくごく一部の方だけだと思っています。
でもそんな話が出回ってしまうと、カメラを持つ人全員が同じような目で見られかねませんよね。
夢中になると周りのことや己のことが見えにくくなってしまうのは人の性だと思いますが、度が過ぎる行為をしないよう、私も気をつけたいと思います。

それにしても、撮り鉄さんはすごいよね。
私もお気に入りのサイトを見つけて、勉強したいと思います。

沖縄では夏真っ盛りのようで。
こちらはそろそろ紫陽花の季節が終わろうとしていますが、まだ梅雨後半戦が残っています。
この時期は沖縄ほどではないにしろ、豪雨になりやすいんですよね(^^;。
気をつけたいと思います!

お立ち寄り、感謝♪

2013/07/02 (Tue) 13:39 | EDIT | REPLY |   

ひまりっち制作担当部  

突然のメッセージ失礼致します。

人気ブログランキングからこちらのブログへたどり着きました。

当方、下記のブログの制作を担当している者なのですが
http://jedic.blog.fc2.com/

現在当ブログを宣伝頂けるアフィリエイター様
又は相互リンクを頂ける方を募集しております!

バナーを掲載頂く事で、当ブログのアクセスランキングから
あなた様のサイトへ訪問をされる方も増え、観覧者数の拡大にも繋がります。

報酬は1名のご紹介で5000円~10000円の謝礼と
高額に設定されておりますので、ブログでのおこづかい稼ぎにもなります。

是非ともあなた様のブログで宣伝を頂きけたらと思います。

詳細は下記のサイトに掲載しておりますのでご観覧頂けたらと思います。
http://jedic.blog.fc2.com/blog-category-4.html

突然のメッセージ失礼致しました。
それではよろしくお願い致します。

株式会社ジェイ・エス・ピー
ひまりっち制作担当部:安田
jedic.info@gmail.com

2013/07/02 (Tue) 00:33 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>蒼天さん

よくぞおいでくださった・・・

だめだ、もう続かない(笑)。

こんばんは♪
近くに線路があったわけじゃないけど、電車は子供の頃から実は好きでした。
例えば小・中学生のお年玉。
普通はゲームなんかに使うんでしょうが、私の場合は「Nゲージ」にその全財力を注ぎ込むほどハマっていた時期があります。
「時期があった」というのは、現在進行形ではないんですよね。
就職して実家を出る時、泣く泣く片づけて・・・「将来、自分の城を持ったら、絶対に復活させてやるぞ!」と思ったものです。
今、一応自分の城は持てているのですが、いかんせん部屋が足りない。今後はさらに逼迫する・・・。
結局、段ボール箱にしまわれて、物置に山積みになっています。
たまに居間に広げてやると息子が目の色替えて喜んでくれるんですが、壊されたくないから滅多には出しません。いずれ、子供が大きくなって少し寂しくなってきたら、また広げようかなと・・・。


前置きが長くなりましたが、電車との付き合い方に写真というものがあることを知り、今回その「快感」の一部を味わうことができました。
もしかして、季節の花や風景と一緒に電車を撮るのはすごく楽しいことなのかもしれない!
でもハマりすぎると危ないので、自制しています(笑)。

箱根と言えば、仙石原の薄も有名ですよね。
紫陽花や薄を置いといてでも、マニアックな花を見に行くのは、さすがというか・・・(^w^)。
今回は僕も温泉に行きたい気分をグっと堪えました。
著名な場所に行ったとき、主目的だけで満足してしまうのは、自分の悪い癖です。
食や文化や温泉など、その地の様々なものに触れ合ってこそ、オトナな旅だと思うんですよね。
もう少し余裕を持って行動せねばな、と温泉に入らなかったことをきっかけに思っています。

さて。
夏風邪は治った!?
若や姫にうつすと、御台様が黙っちゃいませんよ(笑)。
こちらはお陰さまで順調です。最近「腹がでかすぎてシンドイ」とは言っていますが、デカくならないよりマシなのでとりあえず頑張れ!って感じです。
梅雨を乗り切れば・・・、ん~、その後の暮らしがやっぱりまだ想像つきません(爆)。

お立ち寄り、感謝♪

2013/07/01 (Mon) 21:03 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>ライカM2さん

こんばんは♪
まさか2日連続で行くとは・・・という思いもありましたが、裏では「きっとライトアップだけじゃ満たされてないだろう」という思いもありました(笑)。

箱根は鎌倉と肩を並べるくらい、神奈川県下では紫陽花が有名なスポットだという印象ですが、実際に行ってみると人が少なくて拍子抜け・・・って言うか、逆にちょっと不安になりました(^^;。
「あぁ、やっぱり時期を外してしまったのかな」、と。
実際は、6分咲きぐらい?個人的にはまぁまぁ満足のいく咲き具合だったので、行って良かったと思っています(^^)

観光用のポスターなんかを見ると、まさに紫陽花ギッシリって感じですよね。
昨シーズンの「不出来」は詳しくは分からないのですが、あんなポスターのような光景が早く戻らないものか
・・・と口で言うのは簡単でして、裏ではいろんな方々の再生への努力があるのだと気付かされました。
徐々に良くなっていくといいですね。

そうそう、フォ〇蔵の写真、見ましたよ(^^)/
古い型式の車両にこだわってたんだろうなぁと読んでしまいましたが(笑)。
僕が行った時よりもさらに紫陽花の花数が増えていて、まさに見頃ど真ん中って感じですね。
特に一番最後、というか上にある「流し撮り」。あれは素晴らしい。
その他にも綺麗な写真が盛りだくさん。
ウェ〇ーの方では画質があんなだからディテールが分からないのですが、やっぱりPC用のサイトはいいですね~。
カメラ後輩として先に宣告させていただきますが、「盗みます」(爆)。
写真じゃなくて、ウデのことですからね。じっちゃんがそうしろって言ってた(嘘)。

最後に、「先輩」様がコメントされていたようですが、どうです?
始めてみませんか?(笑)

お立ち寄り、感謝♪

2013/07/01 (Mon) 20:19 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>かずさん

こんばんは♪
当ブログにお越しいただき、ありがとうございます!
箱根の電車もだいぶ刷新されたようで、ローカル色あふれる車輛は数少ないそうです。
でも、周りの景色はローカルムードいっぱい。今回初めて訪ねましたが、また遊びに行きたいなと思える長閑な場所でした。
また遊びに来てくださいね。
お立ち寄り、感謝♪

2013/07/01 (Mon) 19:58 | EDIT | REPLY |   

ぽてとぉ~  

紫陽花の花畑を走る箱根あじさい列車との組み合わせ、とてもキレイです

撮り鉄・・・最近は、一部の心無いカメラマニアのせいで、撮り鉄がニュースや写真雑誌でも問題視されていますが、本当にマナーの良い撮り鉄の方々の写真ブログなどを見ていると、すごい撮影技術、季節ごとの写真センス・・・いつ見ても感動しちゃいます

まっささんの写真も、ものすごく素敵だとわたしは思っています

最初はみんな失敗写真ばかりですが、これからも頑張ってステキなセカイを見せてください

楽しみに待っています~ノシ

2013/06/30 (Sun) 18:47 | EDIT | REPLY |   

蒼天  

おはようございます。

後れ馳せながら。
ご無事のご帰還、心よりお慶び申し上げます、殿。
此度は小田原攻めも上首尾に終わられたよし、誠に重畳至極でございました。
…ダメだ。
あとが続かない(笑)

子供の頃から電車ってものを見ずに育ったせいか、鉄道にはあまり興味がありませんでしたが。
おや…意外に花に似合うんだ、と今さらながらに気づきました。
それに、紫陽花の間を走る列車が楽しそうで。
変な表現ですが、子供にたとえたらスキップしてそうな(笑)
そんな写り方です。
そのせいか、紫陽花にまで躍動感を感じてしまいました。

箱根の山には、実は何度か足を運びました。
仙石原湿原に花を見に。
マニアック過ぎてお天気リポにならなかったんですが、悔しいのは温泉に入っていないこと(笑)
それと、紫陽花を見ずに終わったことでした。
だから、本当に嬉しかった。
ここにあるのはガイドブックや写真集とは違う、もうちょっと身近な人の目線で見る風景だから。
まさに、掌の上の窓から覗いた風景…PCのディスプレイに展開する旅を楽しませていただきました。

さて。
こちらはなかなか風邪が抜けないのでちょっとおとなしくしています。
御台様は順調?
若や姫ともども元気に梅雨を乗り切って下さい。

2013/06/30 (Sun) 09:10 | EDIT | REPLY |   

ライカM2  

お疲れ様でした(^-^)/

この時間に既に大平台にやって来て電車を待ちながらコメント書いてる私も、他人さまのことは言えませんが…

その時間にアップとは…、睡眠時間は大丈夫ですか?(笑)

さて、鎌倉には先輩がコメント書いてますから、こちらにお邪魔を…


箱根登山鉄道、紫陽花と電車の写真を撮ろうと線路際まで来る方は、他の紫陽花名所と比べると少なめで拍子抜けだったようですね?

途中下車は勿体無いとの心理からか、ほとんどの方々は車窓から楽しむのだと思います。

それにしても、恐らくは当たり年の今シーズンで、小田原と大平台と共に見頃の時期に行くあたり「もってる」としか思えません(^^)

それも「ちょっと行ってみるか?」でベストタイミングだと喜びは倍増かと…(笑)


実は、箱根登山鉄道沿線の紫陽花、昨年は春から梅雨までの天候の影響で散々だったようです。

加えて、一昨年辺りから大平台で有名だった撮影スポットの紫陽花が弱り、個人的にガッカリしたのを覚えています。


紫陽花ギッシリの光景は見る側にとって素晴らしくても、紫陽花自身にしてみれば厳しい環境なのかもしれませんね?

病気の蔓延の可能性も勿論ですが、見物客が大勢来るストレスもあるかも…(苦笑)


アチコチ撮影に出掛ける私には、こんな話をする資格なんかないですが、ここ数年で全国的に有名な撮影スポットは人が多くなり、目を疑う行動を何度も見かけ…

まっ、私も夢中になり過ぎて、後から赤っ恥なんてことは無かった訳ではありませんから、偉そうに言えませんけど…
(^_^ゞ


おっと、書き過ぎました(苦笑)

何はともあれ、紫陽花名所は勿論、様々な名所で気持ち良く写真を楽しめるようにしたいですね。

関東紫陽花巡り、お疲れ様でした(^-^)/

2013/06/30 (Sun) 09:08 | EDIT | REPLY |   

かずさん  

おはようございます。

箱根のあじさい、とてもよいですね。ローカルな電車とともに、なんとなく、ほっこりします。

また、私のブログ(すてきな写真の撮り方)にも、ご来訪いただき、ありがとうこざいます。これからも、よろしくお願いします。

2013/06/30 (Sun) 07:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment