11 2013

紫陽花の季節 はじまる ~金沢市大乗寺丘陵公園~

今年も紫陽花の季節がやってきましたね。
大平洋側ではすでに鮮やかに色づいているこの花ですが、金沢ではようやく色づき始めたところです。今回は金沢の紫陽花名所として定着しつつある、大乗寺丘陵公園の紫陽花園の様子をお届けします。

紫陽花と親子 金沢市大乗寺丘陵公園

現在出張中につき、初めてスマートフォンから投稿。結構疲れるな、コレ…(^^;。

2014年は見頃ど真ん中に訪れました!



2013年06月08日 石川県金沢市 大乗寺丘陵公園


北陸の平年の梅雨入りは6月10日頃。この記事を書いているのも6月10日なんですが、まだ梅雨入りする気配が感じられません。6月に入ってからまだ一度も雨らしい雨を見ていないんですよね…。
梅雨の代名詞とも言える紫陽花はどうなっただろうと思い、市南部の小高い丘の上にある公園まで様子を見に行ってきました。

あじさい園では、まだ色づき前の花がたくさんありましたが、一部の株では青や水色に染まり始めているのを確認!
この様子を見る限り、雨の季節は着実に近づきつつあるようです。
金沢市大乗寺丘陵公園の紫陽花 色づき始め

金沢市大乗寺丘陵公園の紫陽花 色づき始め

紫陽花 金沢市大乗寺丘陵公園


大乗寺丘陵公園と言えば、ツツジの名所として有名になりましたが、紫陽花もなかなか見応えがあります。
昨年の新聞報道によれば47品種約6400本の紫陽花があるようです。
ここのあじさい園はとにかく見晴らしがいい!丘の上から見下ろす金沢の街や日本海が背景になります。
このロケーションはなかなか珍しいと思いますよ♪
天気が良ければ美しい夕日とともに楽しめます。
夕方街を見下ろす紫陽花 金沢市大乗寺丘陵公園

色づき始めた紫陽花 金沢市大乗寺丘陵公園


穏やかな天気の土曜日とあって、公園は家族連れの姿も。
紫陽花がまだ見頃少し前だからか、ゆったりとした時間が流れていました。
仲良くお家に帰る親子と紫陽花。
次に来るときには色とりどりのあじさい園になっているかもしれませんね。
紫陽花と親子 金沢市大乗寺丘陵公園

紫陽花と若夫婦 金沢市大乗寺丘陵公園


金沢市大乗寺丘陵公園の紫陽花、例年の見頃は6月下旬です。



ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

紫陽花 あじさい 名所 梅雨 金沢

2 Comments

まっさ  

>蒼天さん

地味な台風でしたが、東日本大平洋側に梅雨らしさをもたらしたという点では評価できる台風でした。
ただ、逆に西日本や北陸には猛暑をもたらしたようで(^^;。
梅雨が来ないと言われてはいたけど、いざ東京に入ってみると連日雨です。
お陰で過ごしやすい。まさか、島根の山の中よりも快適とは思いませんでした(^w^)

紫陽花とのコラボ。カエルならあの寺にいけば100%見られます。
東京では珍しくカタツムリを見たけど、カエルが一匹もいない。
緑はいくらかあるけど、それじゃ子孫を残すには不十分なんだろうね。
今度金沢に帰ったとき、紫陽花の見頃が続いているようなら愛らしいコラボにチャレンジしてみようかな。

実はね、基本的に虫はダメなんです(笑)。
カエルは写真撮ってたら慣れてきたけど、カタツムリはおぞましかった。
だから得体の知れないモノの集う頓原は恐怖だね。

ちょっと離れているけど、小僧くんに伯耆富士を見せてあげたら!?
それでも「お山はどこ!?」と言うならば、もう富士山に戻るしかないかもね~。
さて、今上野です。今日もちょっくら紫陽花観賞してきますね。
ご来訪、感謝♪

2013/06/16 (Sun) 11:24 | EDIT | REPLY |   

蒼天  

おはよー

台風はいらないけど、雨は切実にほしい。
島根飯南、昨日は真夏日でした。
紫陽花の季節につきものの優しい雨、一体いつ降るんだろう…って空を見上げるわけです。
…晴れてる(-"-;)

山では紫陽花そのものが町で馴染んだものとは違うんです。
あの色鮮やかな装飾花を持たないコアジサイ。
地味ではありますが、なかなか可愛いヤツです。
でも、揺らめくように色を移ろわせるあの紫陽花達がちょっと恋しい。
山に帰っても余所様の庭を覗く習慣は消えず、後ろ姿は相変わらずの怪しさです(笑)

船越は『紫陽花に飛蝗』でした。
東京は『紫陽花に蝸牛』…思い出すのはあの表情豊かな蛙達なんですが、今年も会えるといいね。
頓原?
いるよ~いろいろ、得体の知れないヤツが(笑)

ちなみに。
三瓶は石見富士です。
その理屈、小僧には通用しそうにありません(涙)

2013/06/13 (Thu) 09:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment