-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04 2013

9度ハロが石川に出現! ~激レア大気光学現象~

2013年06月04日 石川県白山市 竹松町


なんと!

石川県の空に「9度ハロ」が出現しました!

激写しちゃった、どうしよう~。

空に興味のない方にとっては「ナンジャラホイ?」という心境でしょうね。
とにかく、自称「ハロチェイサー」(?)の私にとって、これは非常に非常に非常に嬉しいことなのです。
では、その「9度ハロ」というものの写真をば。

↓外側の大きな環が「22度ハロ」(よく見られるもの)、内側の小さな環が「9度ハロ」(激レア)
9度ハロ出現 石川県白山市にて


まず、「ハロ」とは何かという話ですが、「日暈」(ヒガサ・ニチウン)のことです。
月の周りに見られることもあります。
やや薄い雲が広がったとき、太陽や月の周りに見られる白もしくは虹色に分光した光の環が「ハロ」。
天気が下り坂の時によく出現することから、「暈をかぶったら雨が降る」などと昔から言われています。
これは「朝焼けは雨、夕焼けは晴れ」という言い伝えに比べれば50倍くらい当たる確率の高い「観天望気」です。

ハロの説明を見てみると・・・

「雲を形成する氷晶がプリズムとしてはたらき、太陽や月からの光が氷晶の中を通り抜ける際に屈折されることで発生する。」

すみません、僕文系なんでこの辺で勘弁してください(^^;。
メカニズムはともかく、薄日差すときに見られる、「光と無数の氷の粒による現象」ってなワケです。

ちなみに、5/27の朝にも、このハロ(22度ハロ)という現象が出ていました。
5月に見られたハロ(22度ハロ)


じゃあ「9度ハロ」は何かというと、これも私には詳しく説明できません。
ハロにもいくつか種類があり、

・六角柱の氷の粒がプリズムとして働いた結果見られるものが、よく目にする22度ハロ
・ピラミッド氷晶という20面体の氷の粒によって見られるものが9度ハロ

らしいです。
他にもたくさんの種類があり、太陽からの視半径(どれだけ円と太陽が離れているか)によって、「9度ハロ」「18度ハロ」「20度ハロ」「22度ハロ」「35度ハロ」「46度ハロ」・・・などと呼ばれているようです。
今回目撃したのは、そのうち最も内側に見られる、ピラミッド氷晶がもたらした視半径9度の「9度ハロ」だったようです。

9度ハロはとても珍しい現象。
どれだけ珍しいかと言うと、「9度ハロ」でググってみてください(笑)。
先日、沖縄県でこの現象が多くの人に目撃され、大いに沸いたそうです。
こんなサイトを見つけました。

NAVER まとめサイトより


さて、このレアな現象をカメラに収めることができるだけでも非常にラッキーなのですが、もう少し欲張った写真を撮ろうと思いまして・・・ひらめいたのがコレでした。

題して
「麦秋の9度ハロ」
麦秋の9度ハロ

金色の麦と9度ハロ

これほど季節感あふれる9度ハロの写真はなかなかないでしょう・・・
なんて、自己陶酔した一日でした。


最後に、麦の穂が黄金色に輝く麦秋の麦畑を。
麦秋の麦畑

麦秋の麦畑 白山市

ビールがうまい季節ですなぁ。



こちらも激レア!2014年の「幻日環」
20140524133508.jpg

ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

9度ハロ 大気光学現象 日暈 激レア

- 4 Comments

まっさ  

>すばるαさん

はい、早速家に帰って記事をこしらえました(^^)

今回の9度ハロの発見は偶然なんですよね。
本当は紫陽花を探してブラブラ徘徊していたんですが、結局全く花をつけてなくて落ち込んでいました。
で、しょうがないから麦畑を探そうと思ってお隣の白山市へ。車を降りればハロが出ているし、「じゃあハロと麦畑だな」と思って画面を見てみたら・・・二重丸!?

9度ハロが珍しい現象であると言われている理由は、「気がつけない」ってのもあると思います。
直接太陽を見る必要があって、裸眼ではなかなか発見できないと思います。
今度からは22度ハロが出ていたら、ジックリと画面を見て、あるいは暗めにしたりしながら太陽を舐めまわしてみると、案外見つかる・・・かもしれません。

そう言えば浜離宮恩賜庭園って、コスモス・菜の花だけじゃなく、結構いろんな花が咲いているんですね。数少ない東京のオアシス、私も出張中に時間を作って見に行けたら、と思ってます。
ご来訪、感謝♪

2013/06/05 (Wed) 18:02 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>蒼天さん

いや、追いついたんじゃなくて、今回だけズルして「今」にワープです(笑)。
写真はまだ抱えているんだけど・・・バラやら祭りやらライトアップやら伊勢やら・・・多分、これらを消化しきれずにまたしばらく東京に戻ることになりそうです(^^;

清水から遠く離れた島根・頓原での暮らし、いかがでしょうか?
メッセージを届けそこなってしまったのですが、最後の夕暮れの富士、印象的でした。
そう言えば、最近活動が見られないんだけど、今はとにかく腰を据えることに専念しているのかな?あれだけ話に聞いていた頓原の様子を早く見てみたいです。

小僧くんはホントに有望ですね~(笑)。
うちの娘とほんの少ししか変わらないのに、早くも自ら空を見るなんて・・・。しかもハロでしょ?大人だって気にしてない人が大半だと思うんですが、あの不思議な「虹の円」は幼心にはすごくインパクトのあるものに見えるのかもしれませんね。
ハロの次は環天頂アークあたり、教え込んでみたらどうでしょうか?親は必死で探さないとね。

空と地は常に向かい合っています。
地は空を見て育つ・・・なんかウマくできすぎてない!?(笑)

ご来訪、感謝です♪

2013/06/05 (Wed) 17:47 | EDIT | REPLY |   

すばるα  

永久保存ものです

おおっ!
こちらにも早速UPされてたんですね。

やはり麦秋の9°ハロは劇レア画像ですよ。永久保存ものですね。
私は普通のハロにもなかなか縁が無いので、こんな現象を生で観られたなんて羨ましいですよ(+_+)

それと新緑のメタセコイア並木もいいですねぇ!(^^)!
でもメタなセコイアだったとはびっくり(・.・;)

2013/06/05 (Wed) 07:10 | EDIT | REPLY |   

蒼天  

お見事っっ!(b^-゜)

追いついたね、日付(笑)
こんばんは。
いやぁ…今日のうちにこっちでも見られるとは。
マジ嬉しいです。
だいたい、ハロに9゜やら22゜やらあるってのを初めて知りました。
言われてみれば、でっかいハロや小さめや…あったかな、くらい(^^;)
でも、月ハロはデカいのが多い気がします。

うちの小僧が最初に覚えた形が○。
月や太陽の形…って意識してるかどうかは謎ですが、ハロを見つけるのは親父より早いんだよ。
あんまり太陽を直視させたくないんだけど…空を見上げては「まるっっ!!」(笑)

理系の世界は大概のものが数式に置き換え可能。
でも、数式では表すことの出来ない感動が空や大地には溢れていると思う。

「おうち帰る」ってペソかきっぱなしの小僧が、まっささんの写真見て久々に笑いました。
大感謝。

2013/06/04 (Tue) 22:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。