-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17 2012

秋の色づく棚田と青い海 ~稲刈り前の輪島市白米千枚田~

台風16号の影響で暖気が流れ込み、なかなか涼しくなりませんね(^^;。
そんな中、秋らしい棚田風景を求めて奥能登の代表的な観光地、輪島の白米千枚田を訪ねてみました。
お目当ては、もちろん秋ならではの「黄金色の棚田」です。

初秋の輪島・白米千枚田 稲穂が黄金色に



2012年09月16日 石川県輪島市 白米千枚田


この日はお昼に金沢の家を出て、千枚田に着いたのは14時過ぎでした。
国道249号線の道の駅「千枚田ポケットパーク」は、かなりの混雑。
3連休ってのもありますが、この風景を一目見たいと思っていた方が結構いらっしゃったみたいです。
秋の黄金色の千枚田 道の駅千枚田ポケットパークより

初秋の千枚田 道の駅千枚田ポケットパークより


千枚田を一望できるこのビュースポットからは、稲穂が色づいたこの時期ならではの絶景が楽しめました。
天気はムチャクチャよくて、気温は31℃と真夏並み。
空と海はとても青く、絶好の能登観光日和です。
一見すると夏となんら変わらない空や海でしたが、しかし千枚田の黄金色に色づいた稲穂を見る限りじゃ、季節は確かに秋に向かって歩み出しているなと感じずにはいられません。


ちなみに、比較対象として約ひと月前の緑の千枚田をご覧ください。
たった1か月ですが、稲穂の色がガラっと変わったことが一目瞭然です。
輪島市 夏の白米千枚田
(夏の千枚田 2012年08月19日撮影)



せっかくなので、上から眺めるだけじゃなく、千枚田の中へ入ってみましょう。
道の駅からは遊歩道が整備されていて、誰でも気軽に棚田の中を散策することができます。

さっそく、秋の風物詩に出会いました。
「はざかけ」です。
ひとつひとつの田圃がとても小さい千枚田では、お米の栽培や収穫はほぼ全て手作業で行っています。
手で刈り取り、こうやってすぐ横のはざかけで稲を天日干しにして乾燥させるんですね。
大変な作業だと思います。
輪島・白米千枚田の秋の風物詩「はざかけ」


もともと潮風を受けながら育ったお米ですが、こうしてさらに潮風にさらしながら乾燥させることで、お米の味にも何らかの変化があるんじゃなかろうか、と思います。
そのせいかどうかは知りませんが、千枚田の米はウマいと評判のようですよ。
ただし、金沢に住んでいる一般の人の口にはなかなか入らないです。
千枚田の米、一度は食べてみたいものです。
輪島・白米千枚田で見られた「はざかけ」

輪島・白米千枚田で見られた「はざかけ」



黄金色の稲穂を眺めながら、遊歩道をブラリ散策。
ただ、この暑さはなんとかならんものか・・・。
潮風が湿り気を帯びているせいか、とにかくムシムシとした暑さ。
汗だくで秋の光景を眺めるなんて、なんだかすごいギャップです。
20120916143834_1.jpg

20120916143949_1.jpg



稲穂が好き勝手に頭を垂れるので、秋の千枚田は「整った容姿」とは言えませんでした(^^;。
上から眺めた方が見た目が綺麗なのは確かです。
初秋 稲刈り直前の白米千枚田 黄金色に染まる


何かの撮影をしていたのでしょうか。
ドラマとかではなく、ニュースかもしくはドキュメンタリー系の番組だと思われます。
稲刈りする人をスタッフが取り囲んでいました。
暑い中ご苦労さんです!
秋の千枚田で番組撮影中


日本には昔からのこうした棚田風景が数多く残され、保存されています。
その中には「千枚田」という名のつく棚田もあり、いずれもその名の通り、無数の田圃が美しい模様を描いているようです。
この白米千枚田の特徴は、何といっても「海と棚田」の組み合わせ。
キラキラと輝く海と稲穂は、白米千枚田の真骨頂。
輝く海と稲穂 輪島の千枚田



奥能登の国道249号線、および石川県道28号線は、白米千枚田をはじめ様々な能登の海岸風景を楽しむことができる、とても爽快なドライブルートです。
能登観光へお越しの際は、超オススメ!
奥能登の輪島市から珠洲へ向かう間には、こんな光景が楽しめたりします。
珠洲市「椿の展望台」より、輝く日本海。
随分日が傾いてしまいました。
奥能登の海の絶景 椿の展望台にて


最後に、夕暮れの千枚田を。
もっと輝かしい夕日を期待していたのですが、残念ながら夕日は雲隠れしてしまいました。
秋の夕暮れの千枚田

秋の夕暮れの千枚田


穏やかに日は暮れて、また一日暦が進みます。
次の日には、またいくつかの田圃で稲刈りが進むかもしれません。
初夏の田植えから始まった、千枚田に稲穂がある光景。
そろそろ見納めかもしれませんね。



ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

能登 千枚田 輪島 稲穂 稲刈り

- 6 Comments

まっさ  

>しのはら 様

ご訪問、ありがとうございます。
ご相談いただいた件について、メールにてお返事いたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。

2015/02/26 (Thu) 00:01 | EDIT | REPLY |   

しのはら  

いきなりのご連絡申し訳ありません。

私、日本テレビで番組を制作している日企の篠原と申します。
2012年9月17日の秋の色づく棚田と青い海 ~稲刈り前の輪島市白米千枚田~の
記事の中の稲穂の写真を番組内で使用したいと考えています。

アドレスを貼っているので、急で申し訳ないのですが、
写真の使用の有無を2月26日までに頂ければ幸いです。

2015/02/25 (Wed) 10:00 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>みんこさん

こんばんは♪
どうしても黄金色の千枚田を見てみたくて、行ってきました(^^)
千枚田のお米は地元でも口に入りません。
いったいどんな味がするんでしょうかね~。

夕景は実はオマケでした(^^;。
ホントはもっと輝く夕日を期待していたのですが、雲に隠れてしまいました。
なかなかタイミングが合わないものです。

いつもありがとうございます☆

2012/09/18 (Tue) 23:48 | EDIT | REPLY |   

みんこ  

すごい。一か月後にも輪島に行って撮影してこられたのですね。
はざかけの米は特撰米でしょうね。

ラスト画像の、穏やかに波立つ海が好きです。
ありがとうございます。

2012/09/18 (Tue) 10:34 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>カシオペアさん

こんばんは♪
いつもありがとうございます。

最近、稲穂の輝くシーンにハマってしまい、先日から結構見て回りました。
特に、今回の千枚田は絶対に見てみたかった光景です。
が・・・綺麗さで言えば、水を張った直後とかあるいはうっすら雪の積もる冬に軍配が上がるかも(^^)

棚田ってホントに綺麗ですよね。
いつか、全国の棚田を巡ってみたいなと思いました。
千葉にもあるんですね~。

次の千枚田の見頃は、やっぱり冬かな。
厳しさと美しさの同居する冬の棚田。
お越しになってみてはいかがでしょうか?
ただし、運転注意です(笑)

2012/09/17 (Mon) 22:51 | EDIT | REPLY |   

カシオペア  

こんばんわ♪

今日は輪島の千枚田…素晴らしいです(^^)v
まっささんと私と撮りたいものは同じみたいですね…
先月、私は千葉県の棚田に行きましたが、輪島も行きたんです…

此処と言い、五箇山と言い、石川にお住まいのまっささんが羨ましくなります。

応援ポチッ☆

2012/09/17 (Mon) 22:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。