archive: 2016年05月  1/1

一度は行ってみたかった銚子へGo!犬吠埼と屛風ヶ浦、そして海の幸に舌鼓

2016年ゴールデンウィークの房総の旅。3日目最終日は千葉県を東へ進み、日本有数の漁港の町として知られている銚子市へ向かいました。銚子って町はずっと前から気になってはいたんだけど、遠いから「絶対に行くことはないだろう」と思っていた場所。しかし人生三十ン年にして、ようやく銚子に降り立つことができました。ここで何よりも見ておきたかったのが、全国区の知名度を誇る岬、犬吠埼です!前記事で野島崎の話をしといて、...

  •  12
  •  0

房総半島最南端の地、野島崎を訪ねて/太平洋を望む歴史ある灯台と房総の海岸風景

2016年のゴールデンウィーク、楽しい思い出を作れたでしょうか?我が家は毎年恒例の家族旅行に行ってまして、今年の行き先に選んだのは・・・人生でまだマトモに訪れたことのなかった房総半島でした!最先端を制した者こそが岬を制す!そんなワケで、房総最南端の野島崎まで行ってきました!そして、童謡「月の沙漠」で有名な御宿海岸にも!今回の房総の旅、実は前半戦は天気に恵まれなくて、いい写真も撮れなくて非常に焦って...

  •  4
  •  0

倶利伽羅峠・倶利迦羅不動寺の八重桜/源平合戦の舞台を彩る6000本の桜たち

世間一般で桜と言えばソメイヨシノであり、桜の開花発表も北海道と沖縄を除けばほぼソメイヨシノが基準となります。でも、それよりも少し遅れて咲く桜もあります。八重桜。石川県と富山県の県境にある倶利伽羅峠には、およそ6000本の八重桜が植えられていて、毎年ゴールデンウィークのちょっと前くらいに見頃を迎えます。天気が良かった4月の週末、初夏の陽気を浴びながら倶利伽羅へ八重桜を見に行ってきました。時期的にちょっと...

  •  5
  •  0

魚津市の蜃気楼(Cランク)を見た!/初夏の風物詩、富山湾の神秘に触れて

富山湾って実に様々な神秘に溢れています。例えば、ホタルイカ群遊海面とか波打ち際を青く染める「身投げ」という現象。それにはるか昔の森林の様子を今に伝える埋没林。飲料メーカーの原材料としても使われている海洋深層水などなど。そして、今回お伝えする「蜃気楼」もその一つです。小さい頃から、富山の魚津という街で蜃気楼という非常に珍しい現象が見られる、ということをたびたび学校で習ってきて興味はすごくあったんだけ...

  •  10
  •  0

にゅうぜんフラワーロード(2016)/およそ300万本!北アルプスをバックに咲くチューリップ

春の富山を代表する光景と言えば、カラフルなチューリップ畑を連想される人も多いかと思います。前記事では砺波平野のチューリップ畑の様子をお伝えしましたが、今回はもっと観光客向けのスポットでもある入善町のチューリップ畑です。毎年4月中旬から下旬にかけて、このエリアで開催される「にゅうぜんフラワーロード」というイベントにおよそ2年ぶりに行ってきました!このフラワーロードがいいところは、飾りっ気のない自然な...

  •  8
  •  0