archive: 2015年06月  1/2

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

一乗谷朝倉氏遺跡を訪ねて(後編)/当時の面影を今に残す特別名勝一乗谷朝倉氏庭園

福井市の郊外の山あいにある「一乗谷朝倉氏遺跡」。今からおよそ450年前までこの地には一乗谷城を中心とした越前一の城下町が発達し、華やかな文化が育まれていたことが発掘調査によって明らかになっています。今回初めてこの地を訪ねたのですが、一番の目的は国の特別名勝に指定されている4つの庭園を見ることです。いずれも、室町時代末期の庭園様式が大変良い状態で保存されていて今に伝えているそうですよ。特別名勝庭園と言...

  •  4
  •  0

福井の一乗谷朝倉氏遺跡を訪ねて(前編)/戦国時代有数規模の城下町の面影を感じる

福井県福井市の山沿いにある小さな谷に、かつて繁栄を極めた「街」があったと言われています。昔、そこに街があったなんて到底思えないくらい「辺鄙」なところなんですが、かつてその場所は越前国を治めた戦国大名朝倉氏の本拠地であり、山には「一乗谷城」があり、谷には大規模な城下町が形成されていたとか。今で言うところの「(越前国の)首都」ですかね。金沢からは車で1時間半程度で行くことができ、日本史界では全国的に名...

  •  8
  •  0

国指定史跡となる「加越国境城跡群および道」/霧に包まれた松根城跡と杉の美林

少々マニアックな話になりますが・・・2015年6月。とあるニュースが飛び込んできました。『国の文化審議会が、石川県金沢市と富山県小矢部市にまたがる「加越国境城跡群(かえつくにざかいしろあとぐん)及び道」を国指定史跡にするよう文部科学相に答申した』というものです。国指定史跡って、世界遺産ほどではないけれど、歴史的価値が結構高い遺産です。でも、ぶっちゃけ「加越国境城跡群」なんて初めて聞いた言葉だし、そもそ...

  •  6
  •  0

15万本のユリの香りに包まれて/北陸のユリの名所、福井県坂井の「ゆりの里公園」にて

お隣の福井県にユリの名所があるというので、今年初めて訪ねてみました。梅雨の時期に咲く花と言えばアジサイやハナショウブなどどちらかというと寒色系の花を思い浮かべるのですが、そう言えばユリもこの時期に咲く花の代表と言えますかね。残念ながら我が石川県にはユリの名所らしい名所がないので、ついつい忘れてしまいがちな花でもあります(^^;。今回訪ねたのは福井県の北部、坂井市(旧春江町)にある、その名も「ゆりの里公...

  •  2
  •  0

梅雨入り前なのに見事に咲いた!金沢の紫陽花名所、大乗寺丘陵公園の紫陽花(2015)

今回は、これまでもこのブログでお伝えしてきた「大乗寺丘陵公園」のあじさい園です。幹線道路(山側環状)沿いにあってアクセスはすこぶる良好だし、大きな駐車場が整備されていることから車での来場も余裕でOK。そんなワケで、毎年梅雨の時期になるとここの紫陽花を見に来ています。今年も梅雨の代表花を楽しんできました!アジサイのちょっと涼しげな色を見て、少しでも目から涼んでいただければ幸いです(^^)。...

  •  2
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。