archive: 2015年03月  1/2

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

穏やかな休日 兼六園で春散歩!

出張先で日本三名園のひとつ「偕楽園」の魅力を学んできた翌週、改めて地元の三名園「兼六園」を見たくなった。思考回路がとっても単純ですね(笑)。時期は3月下旬。桜の開花にはまだ少し早い時期だけど、春のポカポカ陽気に誘われて兼六園の春散歩に行ってきました。冬の風物詩「雪吊り」が外されて春の装いに衣替え!(ことじ灯籠と霞ヶ池)梅林では桜に先駆けて梅が満開でした!(兼六園梅林の紅梅)毎年春の明るい兼六園を散...

  •  4
  •  0

花の偕楽園を訪ねて/やっぱり偕楽園は梅が咲く時期に来なくっちゃね!

日本三名園の一つ、水戸の偕楽園。前記事では、この日本庭園が持つ陰と陽の二つの異なる世界観をお伝えしましたが、何だかんだ言って偕楽園と言えばやっぱり「梅」でしょうね。今回、たまたま梅がピークの時期にこの名園を訪れることができましたが、やはり見事!期待は全く裏切られませんでした!偕楽園シリーズの後編は、ほぼ満開となった梅林の様子を中心にお伝えします。陰から陽への移り変わりを楽しむのが偕楽園の歩き方だと...

  •  4
  •  0

日本三名園、偕楽園を楽しむ!/梅だけではない!?「陰」と「陽」の世界観を味わう

古くから日本三名園として知られている偕楽園。今からおよそ170年前の1842年、常陸国水戸藩第九代藩主の徳川斉昭(なりあき)によって造園された、日本を代表する日本庭園です。偕楽園と言えば泣く子も黙る梅の名所であり、およそ百品種三千本が早春に花開くそうです。今回ひょんなことから梅の咲く時期に偕楽園を訪れることができました。やはり、梅の咲く偕楽園は素晴らしかった!でも、偕楽園は梅を見るだけが全てじゃない。今...

  •  6
  •  0

金沢城玉泉院丸庭園のライトアップと闇夜に浮かぶ橋爪門・河北門・石川門(金沢城三御門)

北陸新幹線の金沢開業に合わせて、金沢の街のど真ん中にある金沢城公園では、新たに「玉泉院丸庭園」と「橋爪門」の整備が完了しました。公開初日に早速これらを見に行ってきたのですが、気になっていたのは「夜の姿」。ライトアップされたらどうなるんだろう。。。ってなワケで、さっそく仕事帰りに「北陸新幹線開業特別ライトアップ」を見てきました!この春完成!新しい目玉になる玉泉院丸庭園三御門ライトアップに「橋爪門」も...

  •  8
  •  0

金沢-東京2時間半!「かがやき」で北陸新幹線の利便性を体験してきた!/北陸新幹線乗車記

北陸新幹線が開業し、北陸と東京との間の移動がとってもラクになりました!開業1週目のできたてホヤホヤの北陸新幹線ですが、すでに乗車された方も多いんじゃないでしょうか。ところで、首都圏では「ウマいもの食べたいから、ちょっと北陸行ってくる」みたいな軽いノリで北陸に行けるようになることをしきりに宣伝されていましたが、なぜか北陸では「ちょっと東京まで」というようなニュアンスの宣伝はあまりされていない気がしま...

  •  10
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。