2014年ゴールデンウィークの旅。
今年は4月27日~29日の3日間を使って東北の春景色を巡ってきました。
そして、この旅は昨年の夏に生まれた双子の娘にとって、人生で初めての「お泊り旅行」にもなります(^^)。

これからしばらくの間、そんなバタバタな家族旅行で血の滲む思い(笑)をしながら切り取ってきた「東北の春」をお伝えします。
その一発目は東北の一大桜名所として有名な「角館」です。

「武家屋敷通り」のシダレザクラ
角館の桜景色(武家屋敷シダレザクラ)

角館の桜と結婚式の光景


「桧木内川堤」のソメイヨシノ
角館の桜景色(桧木内川堤ソメイヨシノ)

東北地方の桜ってホント綺麗で、多くの人が魅了されるのも分かる気がしました。
特に角館は、古い武家屋敷からなる小京都の街並みをブラブラ散策したり土産物を見て回ったりするだけでも楽しいハズで、家族旅行にはピッタリだと思います。

今回の旅の最初にして最大のターゲット。
いきなりクライマックスってどないな旅やねん(爆)。



関連記事
スポンサーサイト

Tag:角館 武家屋敷 シダレザクラ 桧木内川堤 ソメイヨシノ 桜並木 東北 秋田 ゴールデンウィーク

2014年のゴールデンウィークが始まりましたね。
今年はカレンダーがイマイチでゴールデンウィーク前半は「大型連休」とは言えないかも。
なので、近場で楽しもうって人も多いと思います。

金沢で、近場で子供たちを連れて遊んだり写真を撮ったりするのに向いている場所と言えば・・・

戸室スポーツ広場
20140426153235.jpg

太陽が丘の並木道
20140426171120.jpg

などがありますかね(^^)。
今回は親子が集う戸室スポーツ広場と、いよいよ新緑の芽生えが始まった太陽が丘のメタセコイア並木を採り上げます。


関連記事

Tag:金沢 チューリップ 太陽が丘 新緑 メタセコイア 戸室スポーツ広場

梅も桜もカタクリもチューリップもみ~んな出し切って、さぁどうしようって感じになってしもた(笑)。
こんな時のために、温めておいた放置しておいた写真がありまして。
それは、富山県は射水市の「海王丸パーク」の夜景です。

このブログで過去に数回海王丸について採り上げたことがあるんですが、今回は海王丸ではなくどちらかというと「新湊大橋」がメインです。

20140328190142.jpg

20140328191549.jpg

20140328192735.jpg

新湊に架かる全長600m(導入部も含めれば3.6km!)の日本海側随一の規模の斜張橋。
2年前の秋にもここの夜景を撮ってブログにUPしましたが、さてその時と何が変わっているのでしょうか?(^^)


関連記事

Tag:海王丸パーク 新湊大橋 射水市 夕景 ライトアップ イルミネーション 総帆展帆

桜が終わり、続いてチューリップが一気に咲き揃った北陸です。
チューリップと言えば富山県。
富山県のチューリップ産地と言えば、西部の砺波平野周辺が有名だけど、東部の「入善町」周辺もかなりの規模のチューリップ畑が点在しています。
そして、4月下旬には広大なチューリップ畑をメイン会場にしたお祭りが行われます。
それが「にゅうぜんフラワーロード」。

にゅうぜんフラワーロードのチューリップ(富山・入善町)

チューリップ畑で笑顔の娘(にゅうぜんフラワーロードにて)

入善町の菜の花畑 北アルプスとともに

そのネーミングから「道」なのかと思っちゃいますが、道と言うよりは大きなチューリップ畑の集合体。
チューリップ畑を見たいなら金沢から30kmほどの砺波エリアで事足りるので、わざわざ100kmも離れた入善に行くこともない・・・
と思っていたのですが、いやいや、行って良かった!大満足です!(^^)

今回は当ブログ史上有数のカラフルな記事に仕上がりましたので、どうぞご覧ください(^^)


関連記事

Tag:にゅうぜんフラワーロード チューリップ 富山 入善 菜の花 北アルプス

スプリング・エフェメラル(spring ephemeral)。
この語感の柔らかさや神秘さに惹かれています。
直訳すれば「春の儚いもの」で、なんか漠然としたものになるのですが、植物界では「春先に花が咲き、葉をつけて短期間で光合成を行い、夏が来るまでに葉を落として、あとは地中で次の春が来るのを待つような植物群」とのこと。
雪が融けた後、山の雑木林なんかで一斉に咲いて、あっという間に終わってしまう花たちのことですが、その代表的なものが「カタクリ」ですね。

金沢の市街地から車で15分ほど山の中へ進んだところにある「平栗地区」にカタクリの群生地があるので見に行ってみました。

20140413111313.jpg

20140413110101.jpg

この日はすでに見頃をやや終えた感がありました。
この花、「エフェメラル」なだけあって、見頃の時期をつかむのがホント難しいです(^^;。


関連記事

Tag:金沢 平栗 カタクリ ギフチョウ 群生 いこいの森 スプリング・エフェメラル