2017年02月04日 石川県七尾市・珠洲市・能登町 能登内浦海岸


冬の北陸は連日曇りや雨・雪が続き、ウンザリすることもしばしばです。
せめて白銀の世界が広がればまだ救われるけど、近年は必ずしも雪景色が楽しめるワケではないですからね・・・
そんな北陸に住んでいると、冬のとびきり澄んだ青空が恋しくなり、稀にそんな空が広がった週末になると、とにかく景色を見にお出かけしたくなります。

北陸には、冬晴れの日に是非とも楽しんでほしい景色があります。
それは真っ白な雪をいただいたダイナミック山並みが連なる、北アルプス・立山連峰の絶景!
特に海の上に3000m級の山々が連なるシーンは、日本はおろか世界中探しても、この北陸くらいしか見られないそうです。

この絶景を楽しむためには、お膝元の富山県がベストなワケですが、何も富山だけの光景ではないのだ。
冬の北アルプス遠望を気軽に楽しみたいなら、能登半島の奥能登だって超オススメです!

20170204162938.jpg

20170204153622_1.jpg


能登半島には温泉もあるし、最近は「能登丼」というグルメも流行ってるし、冬だっていろいろ楽しめます。
今回は冬晴れの能登半島に向かい、「海の上の北アルプス」を中心に堪能してきました!
その様子をご覧ください。

20170204122856.jpg


スポンサーサイト
能登半島の輪島市にある白米千枚田
「〇〇千枚田」と名乗る棚田は全国アチコチにありますが、単に千枚田というと僕ならやっぱりこの白米千枚田が浮かびます。
能登を代表する景勝地で、能登半島をグルっと一周するドライブコース上にあって道の駅にもなっていることから、週末ともなれば多くの観光客やバイカーでにぎわいます。
僕も能登に来たら、別に何か用があるワケではないけれどとりあえず白米千枚田で車を降り、展望台から田んぼを見下ろして、「うん、能登に来たんだな」って実感するのです。
そんなワケで、千枚田にはこれまで数えきれないほど来て、春夏秋冬様々な表情を見ているのですが、実はまだマトモに見たことがない景色があります。
今回はその「まだ見ぬ姿の千枚田」を見るために、厳冬の奥能登へ車を走らせてきました!

それは雪の千枚田です!

20170114142103_1.jpg


思っていたよりも雪は少なかったんですが。。。
でも、雪化粧した千枚田はこれまで見てきた千枚田とは一味も二味も違い、面白いものでした。
あまりの寒さでゆっくり写真を撮っている場合ではなかったのですが、厳冬の千枚田をごらんください。

20170114143008_1.jpg


まずはじめに冬の能登観光を考えている皆様に言っておきますが・・・
寒波襲来時の千枚田は決してオススメできません!(笑)
それでもと言うなら、最強の防寒対策でお越しくださいませ。


20170114144040_1.jpg


Tag:輪島市 能登半島 白米千枚田 雪景色 雪化粧 棚田 寒波 世界農業遺産

絶海の孤島、舳倉島の日帰りぶらり旅後編。
前編では、輪島出航から舳倉島上陸、そして最北端の地までをお伝えしました。
後編も引き続き舳倉島をぐるっと反時計回りに歩いて出会った海岸風景や神社、それに島の暮らしを支える施設などをお伝えします。

20160708113936.jpg

日頃の喧騒から離れ、潮騒と風と鳥の音だけが耳に入ってくる、そんな舳倉島。
そこには何にもないけれど、「何もない」という貴重なモノが舳倉島にはありました!
20160708135117.jpg


Tag:舳倉島 能登半島 石川県 龍神池 海女

石川県の能登半島のはるか北方の日本海に、島があるのはご存知でしょうか?
無人島ではなくて、ちゃんと人が住んでいる島。
石川県生まれ・石川県育ち、そんな生粋の石川県民ですら、大半の方が行ったことがない、ってか興味もない、地味~な島なワケですが、私は見放しません!
フラっと行ってみましたよ、「絶海の孤島」、舳倉島へ!

「何もない」がそこにはあった!
ありのままの大自然が味わえました!

20160708113359.jpg


海の安全を願うモニュメントや社も多くありました。
この島がいかに海と向き合いながら歴史を重ねてきたかが分かります。

20160708110723.jpg


ずっと前から気にはなっていたけれど、なかなか行く機会に恵まれなかった、石川県の真の最北端舳倉島。
バードウォッチの聖地と言われていますが、よほど鳥好きな人でもない限り行くことはないだろうし、どんなところか知らない人が大半だと思います。
そこで、今回の記事は前編と後編の二回に分けて舳倉島を大特集!
この足で島を回り、この目で島のほぼすべてを見てきたので、ご紹介します!
20160708114719.jpg


Tag:舳倉島 能登半島 輪島 朝市 日本海 石川県

能登半島の真ん中あたり。
志賀町の海岸は、無数の奇岩や断崖がおよそ30kmにわたって続く、能登半島随一の景勝地になっていて、この海岸を「能登金剛」(のとこんごう)と呼んでいます。
その中で最も象徴的な岩場が、今回訪ねた「巌門」

ガンモン!GAMMON!
っていう響きが、なんかゴツゴツしててカッコいいよね(笑)。

さて、巌門は車を駐車場に止めてそのまま崖を降りて行き、陸地から眺めてもそれなりに綺麗なのですが、どうせなら遊覧船に乗って海の上から見てみてはいかがでしょうか?

20150726160835.jpg


実は、巌門っていうか、能登半島で遊覧船に乗るのって、今回が生まれて初めてだったりします(^^;。
だってさ、地元の海でお金払ってまで遊覧船に乗りたいって、普通思わないでしょ!?
今回、ケチらずに思い切って遊覧船に乗った結果、これまで見てきた巌門の常識を覆す姿、迫力に改めて驚きました!

ってなワケで、今回は巌門・能登金剛遊覧船クルーズ体験記です(^^)。

20150726163230.jpg

20150726161226.jpg


Tag:能登半島 能登金剛 巌門 遊覧船 鷹ノ巣岩 志賀町