城下町金沢には、かつての茶屋町の様子を今に伝える三つの茶屋街があり、「金沢三茶屋街」なんて呼ばれています。
そのうち、ガイドブックやTVなんかでたびたび紹介されているのは東山地区の「ひがし茶屋街」が中心であり、それ以外の2つの茶屋街にはあまりスポットライトが当てられていません。でも、いずれの茶屋街も「ひがし」と同様に趣のある町並みが楽しめるんですよね。

茶屋街なら、華やかな「ひがし」だけでなく、「主計町」や「にし」もオススメしたい!

そう思って、三つの茶屋街を歩き倒し、記事にまとめたワケです。
前記事は「ひがし」でしたが、今回は「主計町」と「にし」をご紹介します!

主計町茶屋街
20160605141051.jpg


にし茶屋街
20160605145924.jpg


新幹線の開業によって「ひがし」はものすごく人が増えてしまいましたが、残りの二つの茶屋街は今でも比較的静かで落ち着いた佇まいが守られています。
週末でも人波にもまれずゆっくり茶屋街を歩きたい場合、あるいは人があまり写らない茶屋街の写真を撮りたい場合は、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょう?

20160605141708.jpg


スポンサーサイト

Tag:金沢 主計町茶屋街 にし茶屋街 茶屋街 ひがし茶屋街 カカオサンパカ 浅野川 犀川

城下町金沢。
古い町並みが随所に残り、ぶらり散策するのがとても楽しい街だと思います。
中でも一・二を争うほどの観光スポットが茶屋街(ちゃやがい)でして、週末ともなれば各地から大勢の観光客がやってきて、散策だけでなくランチやショッピングを楽しんでいます。

新幹線がやってきてから観光客の数が格段に増えたため、ここしばらくあまり近づかないようにしていた茶屋街ですが、天気が良かった日曜日、家でジっとしているのも勿体ないので久しぶりに昼間の茶屋街を散策することにしました。

20160605132337.jpg


金沢市には古くから茶屋が軒を連ねている茶屋街が三つあります。

ひがし茶屋街
主計町茶屋街
にし茶屋街


この日の私のミッションは、これら三つの茶屋街全てを見て回ってやろうというものです。
金沢に観光にやってくる人が増えたとは言え、三茶屋街を一日で回る人はまだまだ少ないでしょうね。
今回の記事はそんな金沢三茶屋街で最大かつ最もポピュラーな「ひがし茶屋街」に焦点を当てたいと思います。

20160605131954.jpg


今回も娘を連れての散策。
三茶屋街全て回ると何気に足にくるのですが、弱音をあまり吐かず付き合ってくれました(^^)。

20160605134353.jpg


Tag:金沢 茶屋街 ひがし茶屋街 浅野川 城下町 金箔ソフトクリーム

9月のとある休日。
朝からスカっと晴れた心地よい日だったので、ちょっと近場へお出かけです。
お出かけって言っても、同じ市内。車で20分ほどで行けてしまうのでお出かけというかお散歩って感じですね(^^)。
向かった先は、金沢市民なら一度は手を合わせたことがあるであろうお馴染みの場所。
市街地にある尾山神社です。
この神社は加賀藩主前田利家公とその奥方のまつを祀る、いわば金沢市民の心の拠り所でもあります。

見慣れている場所だけど、とびきりの青空の下だといつもに増して美しいねぇ!
20150912100946.jpg

20150912102528.jpg

北陸新幹線の金沢開業以来、市内を歩く観光客の数が目に見えて増えています。
尾山神社もかつてよりは人が増えたなぁって印象を受けましたが、兼六園・21美・ひがし茶屋街なんかと比べれば全然静かで、ゆったりと散歩ができるオススメスポットだと思います。


少々マニアックな話になりますが・・・2015年6月。
とあるニュースが飛び込んできました。
『国の文化審議会が、石川県金沢市と富山県小矢部市にまたがる「加越国境城跡群(かえつくにざかいしろあとぐん)及び道」国指定史跡にするよう文部科学相に答申した』というものです。

国指定史跡って、世界遺産ほどではないけれど、歴史的価値が結構高い遺産です。
でも、ぶっちゃけ「加越国境城跡群」なんて初めて聞いた言葉だし、そもそも石川・富山の県境付近に城跡があるなんて今まで聞いたこともない。ってか、興味すらなかった(笑)。

気になる!
これは、是非とも行ってみなければ!


ってなワケで、新聞で報道されたその日のうちに、早速訪ねてみたのです。

20150620100514.jpg

史跡が良かったっていうよりも、霧の立ち込めた杉林が何とも趣があって良かったかな~。
「地元の金沢にも、こんなところがあったんだ!」と、再発見にもなりました。


3月14日の北陸新幹線金沢開業まで残り50日を切りました。
「残り100日だ~」と思っていたのがついこの前だったのに、もうその半分まで減ってしまった。
あとひと月半なんですよね、早いものです。

間もなく新幹線を迎える金沢の玄関口は、新幹線開業を見越して随分前から整備が進められ、ほぼ完成しています。
かつては冗談抜きで「日本一暗い駅前広場」という汚名を着せられていた金沢駅前も、今では「日本一写真映えする美しい駅前広場」と言っても過言じゃない華麗な姿に。


金沢駅兼六園口(東口)の鼓門
20150116191603.jpg


全面3019枚のガラス張りの「もてなしドーム」
20150116191758.jpg


新幹線が春を連れてやってくる前に、金沢駅兼六園口(東口)の夜の姿を撮ってきました。
この駅前広場もきっともっと賑やかになるんだろうと思いつつ、間もなく終わろうとしている「新幹線のない金沢駅」をかみしめてきました。