category: 金沢の風景  1/14

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

春が来た!弥生の兼六園散歩(2017)/梅の香りを楽しみながら冬の名残りを惜しむ

日本三名園のひとつ、金沢の兼六園。四季折々の美しい日本庭園を楽しめるとあって、多くの観光客を集めています。兼六園と言えば冬の雪景色や春の桜景色、そして晩秋の紅葉が何かと話題になりますが、新幹線開業後は週末はほぼ例外なく賑わっていて、もはや兼六園にオフシーズンというものはないと言っても過言じゃないでしょうね。最近は和服で着飾って金沢を歩くのが若い女性の間ではブームっぽくなっていて、数年前では全く見か...

  •  9
  •  0

雪の朝 金沢・太陽が丘のメタセコイア並木道/冬ソナっぽい気分に浸れる!?冬の並木道

今冬の金沢は本当に雪が少なかったです。せっかく北陸新幹線が金沢まで開通して、首都圏の人たちも気軽に北陸の冬を堪能できるようになったのに・・・雪が降らなきゃ意味ないじゃな~いもしかして、新幹線は人だけでなく天候まで連れてきちゃったのか・・・なんて皮肉られている今日この頃です(^^;。そんな冬ですが、立春も過ぎて次第に春らしさを感じられるようになった2月中旬の週末、珍しく朝から白銀のセカイやってきた!今日...

  •  6
  •  0

晩秋の兼六園で紅葉狩り散歩/兼六園の紅葉は今年も綺麗でした!

日本三名園のひとつ、金沢の兼六園。四季折々美しい光景で魅せてくれますが、特に晩秋の紅葉期はライトアップやイベントが盛大に行われ、兼六園にとっては一年のうちでも一・二を争う賑やかな季節と言えます。ここ数年兼六園の紅葉を見ていなかったので、今年こそはと思っていたんですが、とある晩秋の週末、娘たちを連れて紅葉狩り散策してきました。兼六園の紅葉と言えば、赤く染まる木だけではなく、樹木に施された雪吊りも絵に...

  •  4
  •  0

城下町金沢の観光スポット、三つの茶屋街をぶらり散策/主計町茶屋街・にし茶屋街編

城下町金沢には、かつての茶屋町の様子を今に伝える三つの茶屋街があり、「金沢三茶屋街」なんて呼ばれています。そのうち、ガイドブックやTVなんかでたびたび紹介されているのは東山地区の「ひがし茶屋街」が中心であり、それ以外の2つの茶屋街にはあまりスポットライトが当てられていません。でも、いずれの茶屋街も「ひがし」と同様に趣のある町並みが楽しめるんですよね。茶屋街なら、華やかな「ひがし」だけでなく、「主計町...

  •  10
  •  0

城下町金沢の観光スポット、三つの茶屋街をぶらり散策/ひがし茶屋街編

城下町金沢。古い町並みが随所に残り、ぶらり散策するのがとても楽しい街だと思います。中でも一・二を争うほどの観光スポットが茶屋街(ちゃやがい)でして、週末ともなれば各地から大勢の観光客がやってきて、散策だけでなくランチやショッピングを楽しんでいます。新幹線がやってきてから観光客の数が格段に増えたため、ここしばらくあまり近づかないようにしていた茶屋街ですが、天気が良かった日曜日、家でジっとしているのも...

  •  8
  •  0

金沢城と兼六園を彩る満開の桜(2016)/北陸三都桜名所めぐり(その2)

前記事で、富山イチバンのお花見名所、松川公園をお伝えしましたが、すぐさま金沢に戻り、その足で今度は金沢イチバンのお花見名所、金沢城公園と兼六園を訪ねました。ここには毎年桜を見に来ていますが、やっぱり何度見ても飽きないわ。地元だから贔屓目もあるかもしれませんが、やっぱり金沢城の桜サイコーです!ってなワケで、北陸三都桜名所めぐりの第2弾は、金沢城公園と兼六園です。(金沢城石川門)(特別名勝兼六園)今年...

  •  8
  •  0

兼六園に「雪吊り」が帰ってきた!晩秋の名園に冬の風物詩がお目見え

北陸の里もそろそろ紅葉が本格的に楽しめるようになってきました。金沢にある日本三名園の一つ兼六園も紅葉の名所ですが、園内の木々が真っ赤に染まるほんの少し前に、一つ先の季節である「冬」の風物詩がお目見えし、やがて紅葉と共演します。兼六園の冬の風物詩と言えば、誰が何と言おうと雪吊りです!実は、兼六園は二つ存在する。一つは雪吊りのある兼六園で、もう一つは雪吊りのない兼六園だ。(by 管理人)と偉人(え?)に...

  •  13
  •  0

緑豊かな秋の金沢城玉泉院丸庭園/美しい日本庭園を見ながらお抹茶を♪

北陸新幹線金沢開業に間に合うように整備が進められてきた金沢城の新名所、「玉泉院丸庭園」(ぎょくせんいんまるていえん)を9月に再び訪ねてみました。金沢市が新幹線開業に湧いたあの日からおよそ半年が経ち、玉泉院丸庭園の芝は当時とは違って青々とした美しい色あいを魅せてくれましたよ(^^)。今回の記事は、今年誕生した金沢の新名所、玉泉院丸庭園の初秋編です!...

  •  4
  •  0

秋晴れの下、尾山神社へ/金沢市民御用達!加賀藩祖前田利家公を祀る市民の神社

9月のとある休日。朝からスカっと晴れた心地よい日だったので、ちょっと近場へお出かけです。お出かけって言っても、同じ市内。車で20分ほどで行けてしまうのでお出かけというかお散歩って感じですね(^^)。向かった先は、金沢市民なら一度は手を合わせたことがあるであろうお馴染みの場所。市街地にある尾山神社です。この神社は加賀藩主前田利家公とその奥方のまつを祀る、いわば金沢市民の心の拠り所でもあります。見慣れてい...

  •  6
  •  0

夏の兼六園もなかなかいいね! 苔と青葉に包まれた緑深き名園

日本三名園のひとつ、金沢市の兼六園。兼六園の名前の由来は、宏大(こうだい)、幽邃(ゆうすい)、人力(じんりょく)、蒼古(そうこ)、水泉(すいせん)、眺望(ちょうぼう)の六つの「イイカンジ」を兼ね備えていることだと言われていますが、夏の兼六園に来てまず感じるのは、これら六勝のうちの「蒼古」です。夏は天気が崩れるとジメっとした感じがやや不快かもしれませんが、こういう時こそ名園の苔むした情景が似合う気が...

  •  2
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。