北陸・・・というか、ここは岐阜県だから東海というべきかもしれませんが、北陸から短い時間で行ける紅葉名所として知られているのが、日本国民なら誰もが知っている世界遺産「白川郷」です。
岐阜県だけどエリア的にも気候的にも完全に北陸だから、もう「北陸の紅葉名所」って言ってもいいよね。
岐阜市からよりも金沢市や富山市からのほうがはるかに近いんだしさ(笑)

四季折々、本当に綺麗な光景を楽しませてくれる白川郷ですが、中でも木々が紅葉する11月は白川郷にとってトップシーズンといってもいいかもしれません。
今年の秋は、そんな紅葉真っ盛りの白川郷を訪ねてみました。

20161111134436.jpg

20161111130805.jpg


別に秋の白川郷はこれが初めてではないけれど、やっぱりいつ来てもイイ。
世界遺産がどうのとか、合掌造りがどうのか、そういう蘊蓄はひとまず置いといて。
とにかく「THE ニッポンの秋」を目で肌で体感したいなら、白川郷がイチバンでしょうね~。

20161111112447.jpg

20161111124209.jpg

ってなワケで、錦秋の白川郷、楽しんでいただけたら幸いです(^^)。


スポンサーサイト

Tag:白川郷 世界遺産 紅葉 岐阜県 北陸 合掌造り 荻町

今年の9月は6年ぶりの秋の5連休があり、北陸もまぁあちこち観光客で賑わいましたよ。
天候にも十分に恵まれたし、暑さはあまり尾を引かずにスパっと秋に入れ替わってくれたおかげもあって、爽やかな秋の風情を満喫された方もきっと多かったでしょうね。

さてそんなシルバーウィークに、シルバーならぬ「ゴールデン」な風景が広がるのが、富山県の山間部にある五箇山の世界遺産合掌造り集落です。

20150922122519.jpg

20150922121659.jpg

毎年稲穂が輝く時期に五箇山または白川郷の合掌造り集落を訪ねていますが、今年は菅沼集落にスポットを当ててみました。
紅葉にはまだ1ヶ月ほど早い時期ですが、紅葉を待たなくても、9月の中旬から下旬にかけて紅葉とはまた違う秋らしい光景を楽しむことができますよ!

そんなワケで、今回の記事は当ブログでもお馴染みの五箇山。その黄金色の光景2015年バージョンです。
今回の撮影行につきあってくれたのは・・・

20150922115407.jpg

双子の娘2人です(^^)。
ヤンチャな盛りのこのコたちを連れていたおかげで・・・
ハッキリ言って写真撮影に集中できなかったなぁ(苦笑)。

20150922115210.jpg


Tag:世界遺産 五箇山 菅沼合掌造り集落 稲穂 シルバーウィーク 南砺市 富山県 白川郷

前記事の白川郷に続いて、お次は五箇山の世界遺産合掌造り集落です。
合掌集落は現代の日本人が忘れかけている「素朴さ」がウリの一つになっているのですが、菅沼集落はあまり観光地化が進んでいなくて、合掌集落の中では最も素朴な情緒が味わえる気がします。

20150607095454.jpg

20150607101229.jpg

例えば春の桜とか、秋の稲穂とか紅葉とか、冬の雪景色とか、そういった「目玉となる光景」は6月にはなかなか見つけられないものなんですが、それが逆にいい味を出しているのかもしれません。
いい意味で「普段通り」の山里の風景を楽しんできました。


Tag:世界遺産 合掌造り集落 菅沼集落 五箇山 塩ソフト

緑が鮮やかになる季節。
そんな時、なぜかムショーに行きたくなるのが、ニッポンの原風景が広がる白川郷と五箇山です。
5月から6月にかけての白川郷や五箇山は、長くて厳しい冬と完全に決別し、緑や花で一気に華やぎます。世界遺産の合掌造り集落が鮮やかな緑に包まれる様は、見ていてとてもすがすがしい。
それに、ニッポンの風景に欠かせない「田んぼ」もGood Jobなワケですよ(^^)。

20150530090545.jpg

20150530095419.jpg

ニッポン人が忘れかけていた初夏の風景に会いに、白川郷と五箇山を訪ねてきました。
まずは白川郷の記事をUPしたいと思います。


Tag:世界遺産 白川郷 合掌造り集落 新緑 初夏 五箇山 白山連峰

3月と言えば、もう「春」ですよね。
カレンダーがまた一枚めくれて「弥生」になり、北陸でも随分過ごしやすい空気になっていますよ。
平地だけでなく山里でも少しずつ雪が緩んでいくこの時期、南砺市五箇山の世界遺産相倉合掌造り集落では、まだ雪の残る中、伝統的な家屋が光に照らされて幻想的な世界が楽しめるとのこと。
「残雪ライトアップ」と銘打ったライトアップイベントの初日、仕事帰りに早速行ってきました!

例年なら、「残雪」の名のごとく、厳しい冬から次第に解放されつつある山里の様子を楽しめるのですが・・・


すごい積雪!全然「残雪」ちゃうやんけ(笑)
20150305203707.jpg

真冬となんら変わらぬ雪に、合掌の里の厳しさを実感・・・
20150305200646_2.jpg


今回は、3月はじめに行われる五箇山の「春」の風物詩、「相倉残雪ライトアップ」の様子をお伝えします。
街に住んでいる人にとって、この冬は(この冬「も」)雪が少なくてとても助かったという印象をお持ちだと思います。
でもちょっと山に入れば・・・
山間部に残る雪の量は、昨年の3月をはるかに上回っていました。
本当に厳しい冬だったことが窺えます。
20150305200850.jpg


Tag:五箇山 相倉合掌造り集落 世界遺産 ライトアップ 残雪 南砺市