石川県を代表する名刹、小松市の那谷寺(なたでら)
那谷寺と言えば晩秋の紅葉が大変有名で、県内の紅葉名所の中でも指折りの美しさと人気を誇っています。
僕も秋の那谷寺にはもう何度もお邪魔しているんですが、今回はちょっと趣向を変えて冬の那谷寺を訪ねてみました。

列島は西日本を中心に大雪に見舞われていましたが、北陸は山沿いにほどよく積もる程度で済み、那谷寺もほどよい雪景色。
北陸を代表する名刹の、北陸ならではの冬の姿を楽しむことができました!

20170211134535.jpg
(那谷寺本殿大悲閣)

20170211133635.jpg
(奇岩遊仙境)


近年の北陸は(特に金沢は)、冬なら常に雪景色が見られるかっていうと決してそうではありません。
むしろ雪が積もっている日のほうが少ないかもしれません。
そんな中で、若干山沿いにある那谷寺は、平地の市街地よりも雪景色となる可能性が高いところです。
北陸で名刹の雪景色を楽しみたいなら、是非とも那谷寺へ!
20170211132420.jpg


スポンサーサイト

Tag:小松市 那谷寺 雪景色 石川県 名刹 奇岩遊仙境 大悲閣

東日本にお住まいの方なら、信州の戸隠(とがくし)を聞いたことのない人はほとんどいないですよね。
鏡池とか戸隠連山とか、非常にフォトジェニックな場所でもあって、季節を問わずカメラ好きに人気が高いスポットです。僕もこれまで何度か訪ねたことがあります。
でも戸隠の魅力って、そういう自然の風景だけではないって話じゃないですか?

僕にもなんとなくだけど「戸隠はパワースポットなんだろうな」くらいの意識はありました。
でもこれまでは戸隠のいわゆる「聖域」としての側面は一度も見たことがなかったんです。
今回、改めて戸隠のそういう面に触れてみたいと思い、車で3時間、長野市を訪ねました。

現地で目を釘付けにされたパンフレットの写真がありまして。
その写真の場所にどうしても立ちたくて、迷わず向かった先があります。

「戸隠にこんなところがあったんだ!」
普段目にすることのできない光景に圧倒的されました!

20160919145811.jpg


天八意思兼命とか天手力雄命とか、ぶっちゃけ何て読めばいいのか分からないんだけど(笑)。
でも調べてみると、日本の神話に出てくる代表格の神様たちが祀られている、とっても神々しい領域なんだそうです。
ってなワケで、今回の記事はそんな戸隠神社にスポットを当ててみました。

20160919134816.jpg


Tag:戸隠神社 戸隠連山 長野県 信州 長野市 パワースポット 善光寺 天八意思兼命 戸隠そば

北陸にある日本庭園と言えば、そりゃあもう金沢の兼六園でしょ!
でも、実はお隣福井県の福井市中心部にも、なかなか素晴らしい日本庭園があるって話じゃないですか。

え!?
福井市街地って、そんなイメージが全くないんですケド・・・。
だるまや西武(古!)と路面電車と、あと最近では駅前の動く恐竜像くらいしか思い浮かばないんだが。。。

ところが、ここ最近知名度的に結構上がってきている庭園があるんです。
その名は養浩館庭園です。

20160910104557.jpg


庭園だけではない!
純和風な数寄屋造りの屋敷からも、美しい庭園を眺めることができるのがGood!
20160910114219.jpg


米国の日本建築・日本庭園の専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」でも毎年高評価を得ていて、その美しさや完成度は世界が認めているって話です。
まだ少し気は早いけど、2023年の北陸新幹線福井・敦賀開業の暁にはきっと化けるんじゃないか、そう思わせる綺麗な庭園でした。
今回の記事は福井市の、そんな日本随一の日本庭園にフォーカスを当ててみました!

20160910114335.jpg


Tag:福井 養浩館庭園 日本庭園 数寄屋造り ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング

2016年お盆の旅、最終日。
この日は岡山市からスタートでしたが、せっかく岡山市にいるんだからということで、前からずっと行ってみたかった場所へ行くことに決めました!

我々金沢市民にとって、金沢の代名詞ともいえる「兼六園」は日本三名園の称号を得ているということで全国に誇るべき文化財であることは周知の事実です。
では、兼六園以外の三名園っていったいどんなところだろう?
自分の街にある三名園以外のそれって、自分の街のそれと比べてどう違うんだろう?
正常な金沢市民、あるいは岡山市民、水戸市民なら、ごくごく自然に湧いてくる疑問だと思うんですよね。

ってなワケで、岡山市にある三名園、岡山後楽園を本気で訪ねてきました!

20160812110850.jpg


そして、後楽園のすぐお隣にある百名城、岡山城も見てきました!

20160812113811.jpg


今年のお盆の旅最終章は、名城と三名園のつながりで、私たち金沢市と実は類似点の多い、城下町岡山です。
「三名園」と言われている庭園がどれほどの価値を持っているのかは、自分がよく知っている兼六園以外の三名園を実際にこの足で歩いてこの目で見てみないと分からないじゃないですか。
偕楽園、後楽園が何たるかを知ってこそ、真の兼六園の良さが理解でいるのではないかと思うのです。
2015年には偕楽園をじっくり回ってきましたが、今回の旅の最後に長年夢見てきた「昼間の後楽園」も回ることができ、これにて三名園完全制覇を果たしてきましたよ!

20160812120759.jpg


Tag:岡山 後楽園 三名園 兼六園 偕楽園 岡山城 天守閣 日本庭園

昨年(2015年)、日本全国のお城ファンが歓喜した大ニュースがありましたよね!

松江城天守閣が国宝に!
おめでとうございます!!


今年のお盆は山陰地方を旅してきたのですが、せっかくだから63年ぶりに誕生した国宝天守閣というものを一目見てお祝いしようと思い、およそ5年ぶりに松江城に立ち寄りました。

松江城天守は間違いなく国内屈指の美天守閣です!
5年前と何ら変わらぬ姿なんですが、「国宝」の格がついたというだけで、なんだかとても立派になった気がしました(^^)。

20160811115607.jpg


さらに、この日は「山の日」だったので、中国地方の一大リゾート地、蒜山高原(ひるぜんこうげん)へ!
蒜山三座と言われている山や、中国地方最高峰の大山の雄大な景色を楽しんできましたよ~。
普通なら松江も蒜山高原もどちらも一日かけて回るところなんだけど、それを一日で済ませちゃうのが私流です(笑)。

20160811154639.jpg
(蒜山三座(上蒜山と中蒜山))

20160811173806.jpg
(大山)



9月も下旬になったのに、いまだにお盆の出来事の記事を書いているので、ペースを上げるべく今回は一つの記事に松江と蒜山高原の二つの観光地を詰め込みました(^^;。
ってなワケで、今回の記事は山陰を代表する「文化」と「自然」に触れる内容です。

20160811115505.jpg


Tag:国宝 松江城 島根県 現存天守 岡山県 蒜山高原 大山 ひるぜん焼きそば ご当地グルメ ドライブ