日本三名山のひとつ、霊峰白山の懐にある白峰という山里。
前記事にも書いた通り、白山市白峰は日本有数の豪雪地帯であり、冬は冷たい冷たい雪に閉ざされてしまうし、石川県内でも冬の気候が特に厳しいところです。
正直、よほどの用事でもない限り、平地に住む人はあまり寄り付かない場所かもしれません。

でも、毎年最も雪深くなる時期に、ほっこりととても温かみのあるイベントが行われることで、今や全国から観光客を集めるほどになりました。
村の集落いっぱいに雪だるまが並ぶ、その名も「雪だるままつり」です。

20170128173447.jpg

20170128174133.jpg


祭りと言っても、エイヤエイヤと大声を張り上げるようなものではありません。
集落に地域の方々が家族の数よりも多い数の雪だるまを作って、雪夜にライトアップするというもの。
とっても静かだけど、心がジンワリと温まり、ちょっとクセになるお祭りです(笑)。
地域外の若いボランティアの方々が加わって、大きな雪像やモニュメントも作られ、大人から子供まで人気のあるイベントです。

20170128172424.jpg

20170128170839.jpg


1月最後の週末、本来なら一年で最も寒さ厳しく雪が多く降るこの時期ですが、雪だるままつりが開かれたこの日はとても穏やかに晴れ、冬らしからぬ暖かさとなりました。
何年振りか忘れるくらいもう長い間このイベントには来ていなかったのですが、今回、子供も連れて雪だるまの里を歩いてみました!

ってなワケで、桑島雪だるままつりの様子をどうぞ!

20170128165711.jpg


スポンサーサイト

Tag:雪だるままつり 白峰 白山市 桑島 手取川ダム ライトアップ 雪だるま 豪雪

毎年GWが近づいてくると、なんとなく南砺市福野がソワソワしはじめるような気がします。
それは、「福野夜高祭」が近づいてくるから。
福野夜高祭とは、旧福野町に古くから伝わる福野神明社の春の祭礼で、南砺・砺波・小矢部など砺波平野で広く行われている「夜高祭」の代表格です。
これに関係する住民たちはこの行事にまさに「命を賭けている」と言っても過言じゃありません。

「夜高行燈(あんどん)」と呼ばれる華美な装飾が施された巨大な行燈が夜空を染めながら町内を練り歩き、深夜に行われる通称「ケンカ」と呼ばれる行燈の引き合い(壊しあい)で祭りの熱気は最高潮に!

20150502233428.jpg

20140503003212.jpg


これほど激しく熱気渦巻く祭りは残念ながら金沢にはないんですよね~。
派手な祭りのない街に住む人間にとって、「夜高」という祭りはちょっと羨ましくもあります。
今回は、ほぼほぼ毎年観ることになっている福野の夜高祭にスポットを当ててみます。

20140503004957.jpg

(※今回の記事は、昨年(2014年)に撮影した写真も一部含まれています。)


Tag:南砺市 福野 夜高祭 夜高行燈

この記事を書いている2015年1月17日は、あの阪神淡路大震災からちょうど20年の節目の日です。
「震災」と言えば、今日なら2011年の東日本大震災のほうがよく語られている感もありますが、でも今日の(世界に比して)災害に強いニッポンがあるのは、あの阪神大震災の非常に苦い経験があったからこそだと僕は思います。
20年の歳月が経ち、今では成人すらあの震災を直接は知らないのですが、僕は自分の子供達にはシッカリとあの出来事を伝えていくつもりです。

昨年も自然災害が多く、広島の水害や御嶽山噴火が記憶に新しい。
そんな非常事態の際に、市民の生命を命を賭して守ってくれるのが消防士たちです。
そんな頼もしい消防士たちの心意気を示す儀式として、毎年年始に行われているのが、「消防出初式」
全国各地で様々な出初式が行われているようですが、ここ金沢の出初式も見応えがありますよ。

一斉放水はもちろん
20150111105751.jpg

勇壮な加賀鳶はしご登りの技も披露!
20150111104647.jpg

太平洋側にお住まいの方にとって、出初式と言えば青空に向かって放水するイメージでしょうね。
ところが、北陸の冬は天気が悪いのが常なので、出初式と言えば鉛色の空の下で時には吹雪に見舞われながら行われるものです。
今年も式典中に天候が悪化して風雨がとても強かったためマトモな写真が撮れたなったのですが・・・
金沢の出初式がどんなものかを少しでも知っていただければ幸いです。

会場が金沢城公園のため、ついでにお城や兼六園の散策もできます。
首都圏にお住まいの方で、来年北陸新幹線で金沢へお越しの方は、是非兼六園や金沢城の観光も兼ねて出初式をご覧になってはいかがでしょうか。

20150111094353.jpg


Tag:金沢市 消防出初式 金沢城 加賀鳶 はしご登り 一斉放水

いよいよ梅雨に突入してなんだかムシムシした日が続きますね。
そんな中、城下町金沢の「夏」の到来を告げるお祭りが始まりました。
毎年6月第一土曜日・日曜日に開催される「金沢百万石まつり」
金沢市民なら誰もが知っている市最大のイベントですが、その「前夜祭」に位置付けられているのが、浅野川で行われる「加賀友禅灯篭流し」です。
今年、初めてこの灯篭流しを見に行ってきましたので、早速UP!

加賀友禅灯篭流し(金沢市東山界隈の浅野川にて)

川面で輝く無数の灯篭(加賀友禅灯篭流し2014)20140606203403.jpg

加賀友禅灯篭流しの灯篭(浅野川にて)

その穏やかな流れから「女川」の別名で親しまれている浅野川を、ゆっくりゆっくりと無数の灯篭が流れる様は、なんだかとても幻想的。
川辺だからってのもありますが、梅雨の蒸し暑さを忘れて楽しめた光のイベントでした。

ちなみに、ここで三脚は足かせにしかならないだろうと思い、三脚は置いてきました。
全て手持ち撮影のため多少ブレたりしていますが、勘忍してね(^^;。
いや~、灯篭流しの撮影は難しいです!(ISO1600~2500の高感度撮影です)


Tag:金沢百万石まつり 加賀友禅 灯篭流し 浅野川 金沢市 前夜祭

10月最初の土曜日に行われた空の祭典、小松基地航空祭。
8時から15時まで空と地上でいろんな見所が満載で、お土産屋やたこ焼き屋で並んでいる暇なんてありません(*_*)。

そんなお祭りの大トリと言えば、もはや説明不要のブルーインパルス
小松基地航空祭の後編は、ブルーインパルスのアクロバット飛行を中心にお伝えします。
ブルーインパルスによる編隊飛行 小松基地航空祭2013

ブルーインパルス 小松基地航空祭2013

20131005133656(3).jpg


F-15もいいんですが、やっぱりブルーインパルスは華やかさがあってイイですよね!
青空ならもっとよかったんだけど・・・(^^;

前編はこちらから


Tag:ブルーインパルス 小松基地 航空祭 パイロット 曲技飛行 アクロバット