1月も下旬に突入し、一年で最も寒くて雪が多い時期になりました。
ひと昔前は、この時期は平地でも雪がドカっと降り、週末には庭に雪の滑り台なんかを作ってもらって、近所の子供たちとソリ遊びしていたものですが、最近はそういうシーンを滅多に見ることはなくなりましたね。
今年の冬も金沢の市街地では今のところ雪が少なくて、生活はラクだけどちょっと物足りない感じです。

ドカ雪が降っている地方のニュースを見るたび、「これじゃあ金沢は雪国返上だな~」なんて思いもしましたが、でもそんな冬であっても積もるところにはシッカリ積もっているということを今回知りました!
金沢から車でおよそ1時間強、白山の麓にある、白峰(しらみね)という山村。国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定されている、古き良きまちなみが楽しめる散策スポットです。

金沢では無雪の状態だったのに・・・
1時間ちょっとで別世界じゃん、コレ!
20170121151013.jpg

20170121143808.jpg


雪が少ないから、ちょっと足を伸ばして雪景色を見に行こうと思ってやってきた白峰だけど、想像以上の雪深さにビックリしましたよ。
さすがは日本有数の豪雪地帯、暖冬だろうが少雪だろうがお構いなしに積もるようですね~。

ってなワケで、今回の記事は白峰雪散歩!
娘たちも普段見ぬドカ雪景色にちょっと興奮気味でした。
まぁ一番テンション上がってたのは多分この僕なんだろうけど(笑)。

20170121144753.jpg


スポンサーサイト

Tag:石川県 白山市 白峰 豪雪 白峰温泉 白山 重伝建 重要伝統的建造物群保存地区

冬の越前海岸と言えば、日本海の冬の味覚の王様「越前ガニ」が超有名ですが、そんな高級なカニなど僕ら庶民の口にはなかなか入ってこない代物です。
ましてやカニを食べに聖地の越前海岸へ行くなんて、そう滅多にあるものではございません!

でも、越前海岸の冬の風物詩はカニのほかにもう一つあるのはご存知ですよね?
カニ並みに全国的な知名度を誇り、カニと違って時期さえ合えば誰でもタダで楽しめる冬の風物詩を。
そう、「越前水仙」です。

なんだ、食べ物じゃないのか・・・

とガッカリしないでくださいね(笑)。
越前海岸のスイセン、スゴいんですから!
海岸の山肌をクリーム色に染めるほどの大群生は、「日本三大水仙群生地」の称号を手にする日本屈指のスイセン名所。
いったい何万本、いや、何百万本咲いているんだろう・・・

20170107144851.jpg

20170107143712.jpg


冬の冷たい潮風にも負けず咲く姿に、「今年も一年頑張ろう」って気持ちを奮い立たされたかどうかは一旦置いといて、1月3連休に訪ねた越前海岸の水仙群生地の様子をお伝えします。

20170107144025.jpg


Tag:福井 越前町 越前水仙 スイセン 三大水仙群生地 水仙ランド

11月最初の週末。
この時期になると紅葉はいよいよ北陸の里山にも下りてくるので、あまり遠くに行かなくても錦秋の風景で目を楽しませてくれます。
市街地の紅葉はもう少し先だけど、標高数百メートルの山あいの峡谷なんかは紅葉真っ盛り。
天気が良ければ、無条件に山のほうへお出かけしたくなる、そんな時期です。

さて、毎年10月下旬から11月上旬にかけて紅葉の絶頂期を迎える北陸の紅葉名所といえば、候補はいくつかあるんですが、全国的な知名度の高さで言えばここしかないでしょうね。
「黒部峡谷トロッコ電車」です。


標高200メートルの宇奈月温泉から
20161105110904_1.jpg

標高600メートルの欅平まで
20161105131325.jpg

小さなトロッコ電車で駆け抜ける1時間20分!
20161105140435.jpg


ってなワケで、車止めたりチケット買ったりいろいろと面倒なんだけど、だからこそ見た後の充実感も大きい黒部峡谷トロッコ電車の紅葉です。
まるで遊園地の電車みたいなかわいいトロッコに乗れるので、子供たちも飽きることなく楽しめるスポットですよ(^^)
20161105141502.jpg


Tag:黒部峡谷 トロッコ電車 富山県 宇奈月温泉 黒部市 紅葉 欅平

2016年10月30日 長野県上高井郡高山村 松川渓谷


10月最後の週末。
山のほうからはすでにバンバン紅葉の便りが届く頃で、しかもなんとなく天気が良さそうだし、こりゃもう紅葉狩りに行かないわけにはいかないではないか!
ってなワケで、10月下旬時点で紅葉が見頃の場所を探してみると、中部地方ならだいたい標高1000mくらいの場所が見頃真っただ中らしい。
石川県で標高1000m付近の紅葉名所と言えば、白山白川郷ホワイトロードの独擅場なんですが、すでに何度も行っている場所だし、ブログの記事にも結構書いてるし、今年もまたまた行くんじゃあんまり芸がない(^^;。
そうなると、自然と目が向かうのが信州の紅葉名所です。

いざ信州へ紅葉を見に行こうと思うと、実に様々な名所が候補に挙がってきます。
山岳紅葉あり、渓谷紅葉あり、街の紅葉あり、寺社の紅葉あり・・・、どこへ行けばいいか本当に迷ってしまいます。
そんな数多くの名所から今回行き先に選んだのは、長野県の北東部にある松川渓谷というところ。
まずは、この松川渓谷でイチオシのシャッタースポット、錦秋に包まれた高井橋を眺めてから、松川渓谷へ入っていきます!
20161030114048.jpg


引いてみると下のような写真になります。
多くの写真愛好家が集まる、絶好のシャッタースポットなんですが、逆光なのがちょっと残念です(^^;。
20161030114523.jpg


いい感じに色づいてる!
では、錦秋の松川渓谷をどんどん進んでいきましょうか!


Tag:長野県 紅葉 松川渓谷 雷滝 裏見の滝 高山村 信州

石川県の綺麗な海と言ったら、なんとなく能登の海を思い浮かべます。
加賀の海は延々と砂浜が続くのですが、細かい砂が海中を浮遊しているせいか、あまり澄んでいるという印象は受けません。
でも、加賀地方にだって、実は結構綺麗な海があるんですよね~。

この海を初めて見た時は、素直にこう思いました。
加賀の海も捨てたもんじゃないなと(^^)。

20160904112802.jpg

20160904113223.jpg


今回の記事は、私が住んでいる石川県の加賀地方にありながら、これまでほとんど行く機会のなかった加賀海岸
その中でもとびきり景色のいい「加佐ノ岬」という場所にスポットを当ててみました。
ここに立ち寄ったのは9月の始め。季節は秋になったとは言え、海に飛び込みたくなるくらいの残暑の厳しい日のことでした。
まだまだ夏の余韻が残る秋の加賀の海、ご覧ください。

20160904113012.jpg