富山湾って実に様々な神秘に溢れています。
例えば、ホタルイカ群遊海面とか波打ち際を青く染める「身投げ」という現象。それにはるか昔の森林の様子を今に伝える埋没林。飲料メーカーの原材料としても使われている海洋深層水などなど。
そして、今回お伝えする「蜃気楼」もその一つです。

小さい頃から、富山の魚津という街で蜃気楼という非常に珍しい現象が見られる、ということをたびたび学校で習ってきて興味はすごくあったんだけど、行けば必ず見られるものでもなく、見られなかった時のショックがでかそうだったからこれまでチャレンジしてこなかったんですよね(^^;。
しかし今回、たまたま別の目的で近くまで来ていたので、ダメモトで魚津の浜に立ってみたんです。
そしたら・・・

見えた!蜃気楼が見えたぞ~!!

20160416144059.jpg

天気はうす曇りでモヤが濃く、ハッキリ言ってあまり上手に写せなかったのが心残りですが。
ってなワケで、今回の記事は生まれて初めてこの目で見た魚津の蜃気楼をお伝えします!


スポンサーサイト

Tag:富山湾 魚津市 蜃気楼 しんきろう

夏になると必ずと言っていいほど抜群に知名度が高くなる街ってのがいくつかあります。
普段はあまり耳にしないのに、列島が熱波に覆われた時には必ず全国ニュースのネタになり、地名が連呼される。そんな街に今回敢えて訪ねてみることにしました。

目的は何を隠そう、「日本一の暑さ」を身をもって体験すること、その一点。
そのためだけに、はるばる北陸から3時間半車を走らせて、岐阜県多治見市にやってきました。

見よ、この温度計!
多治見の安定感たるや、ハンパない(苦笑)。


20150802144950.jpg

ってなワケで、今回の記事はとってもHOTでホットな話題、日本一アツい街体験記です。
いやもうホントに暑かった。別世界でした。
連日40℃近くの猛暑に見舞われて現地の方々は本当に大変だと思います。でも今までは経験もせずに「大変だねぇ」と思っていたのですが、今回この暑さをナマで経験したことによって、ちょっと考え方が変わりましたよ。
ホントに大変だよ、この暑さは!


2014年最大の天体ショーと言われていた皆既月食がついにやってきました!
楽しみにしてたんだよね~。
お月様が地球の影にすっぽり入ってしまう数年に一度の大イベントに、今回初めてデジイチで挑みました。
結論を言えば、何とか赤銅(しゃくどう)色の月を撮ることができましたが・・・
その「1枚」を撮るのがものすごく大変だったんですよ(^^;。

20141008202307_1.jpg

そんなワケで、撮りたてホヤホヤの2014年皆既月食の様子を、さっそくお伝えいたします!


Tag:皆既月食 天体ショー 満月 金沢

2014年05月24日 石川県金沢市 金沢駅西口


出張を終えて東京から金沢へ戻る列車の窓から外を見ると、何かトンデモないことが空で起きていました。
クッキリと見えるハロに、生まれて初めて見るレベルの非常に濃い色の環水平アーク。
もうそれだけでも大興奮で、思わず「電車、止めて~!!」って叫びたくなるほどでした(笑)。

ところが、それだけではなかった。
金沢駅を降りると・・・

うわぉぉぉ、幻日環だ!
これはすごい現象だぞ!

金沢の空に現れた幻日環(金沢駅にて)


Tag:幻日環 大気光学現象 ハロ 金沢 レア 9度ハロ

浮島現象ってご存知でしょうか?
言い方をかえれば「冬型蜃気楼」あるいは「下位蜃気楼」

比較的暖かな海水と冷たい空気が触れ合う場所でしばしば発生するもので、遠くの岬や島が浮いたように見えることから「浮島」と呼ばれています。
詳しい原理は長くなるからおいときまして(←説明できないだけだろ)
・・・とにかく見えたんですよ!
浮島が!!(笑)

湘南の浮島現象 鵠沼海岸より

しかも、夕日の下でシルエットになったんだよ!
茅ヶ崎・烏帽子岩の浮島現象シルエット夕日とともに

本当は冬の富士山を楽しむのが主目的だったのですが、気がつけばちょっぴり神秘的な冬の風物詩に夢中でシャッターを切っていました。
冬の鵠沼海岸は2記事に分けて、前編は浮島現象を、後編は富士山を中心にお伝えします(^^)。