tag: 海岸風景  1/8

能登の天領「黒島」の集落と、黒島天領祭の曳山/北前船で栄えた能登半島唯一の重伝建地区

石川県に8つある重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)。北陸であれば、例えば金沢の茶屋街や寺院群、あるいは白川郷・五箇山の合掌造り集落などの有名な古い町並みを面として保存している地区のことで、このブログでもいろんな重伝建をこれまでお伝えしてきましたが、今回の記事もそんな重伝建の紹介です。今回訪ねたのは、能登半島で唯一の重伝建に指定された町並み、「黒島」です。北前船の船主や船頭などが住む町として繁栄し...

  •  1
  •  0

山口県を代表する「映えスポット」!角島大橋と元乃隅神社を訪ねる/2019年お盆の旅⑤

2019年お盆の旅第5弾!この旅の記録もこれが最終回です。今回は、山口県を代表するいわゆる「映えスポット」を2か所見てきましたので、お伝えします。いずれも山口県の日本海側の絶景スポットで、これまで数多くのメディアで取り上げられてきたので知っている人もとても多いと思います。エメラルドグリーンの海が忘れられない、角島大橋!紺碧の海に向かって続く赤い鳥居が印象的な、元乃隈神社!山口県の日本海側で、決して交通...

  •  2
  •  0

本州と九州の間の海底を歩いて渡る!「関門トンネル人道」と関門海峡の夕日/2019年お盆の旅④

本州と九州を隔てる関門海峡。みなさんもご存知の通り関門海峡は交通の要衝で、新幹線、在来線、一般国道がトンネルによって、また高速国道が橋によって、それぞれ本州と九州を繋ぎ、大動脈の物流を支えています。何かしらの交通手段でこの海峡を渡ったことがあるという人もきっと多いでしょうね。ところで、そんな関門海峡にちょっとだけ面白い道がありまして。今回せっかくここまで来たのだからとその「面白い道」に寄り道してき...

  •  0
  •  0

レトロ感満載の港町!ポニョの舞台にもなった鞆の浦を歩く/2019年お盆の旅②

今年の夏は、某映画番組でジブリの作品が放映されていました。その一つが「崖の上のポニョ」でしたが、そのポニョの舞台ともいわれている港町が、広島県にあります。「鞆(とも)の浦」という昔からある港なんですが、これが歩いてみるとなかなか面白い!町並みを歩いていると、「ポニョ感」はそれほど強くは感じなかったけど、国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定されている町並みは昔のまんまで重厚感もあり、古き良き鞆の様...

  •  0
  •  0

「海の京都」の観光地、伊根の舟屋群を訪ねて/舟のガレージがズラリと並ぶ伝統的な町並み

見所が満載の京都の海。特に日本三景の天橋立や琴引浜・八丁浜などのビーチが思い浮かびますよね~。どちらかというと自然の中の海岸風景を楽しむのが京都の海、そんな印象を持っているのですが、それだけではありません。丹後半島の東側には、昔ながらの舟屋や住居建ち並ぶ古い町並み、「伊根の舟屋群」と呼ばれている地域があるというのです。国により重要伝統的建造物群保存地区にも指定された歴史ある町並みを散策してきました...

  •  2
  •  0

福井・三国の夕日の名所!三国サンセットビーチと東尋坊の夕景

福井県を代表する港町、三国(みくに)。全国的に有名なブランド蟹「越前がに」の水揚げ港としても知られていて、カニのためにこの町を訪れる人もきっと多いと思います。それに東尋坊や松島水族館、さらに夏場は「芝政」(プールを中心とした大規模なレジャー施設)に出かける人もかなり多く、北陸の中でも有数のマリンレジャーの観光地になっています。そんな三国に、夕日の綺麗な海岸がありました。その名も「三国サンセットビー...

  •  2
  •  0

石川と福井の県境がとても不思議!越前加賀県境の館と吉崎地区の県境を撮る

2019年05月25日 福井県あわら市・石川県加賀市 越前加賀県境の館石川県と福井県の県境に吉崎という町があります。歴史が好きな人なら、かつて蓮如上人が浄土真宗布教のベースとして築いた「吉崎御坊」がある町と言えば分かるかもしれませんね~。かつては日本屈指の宗教都市ということで、遠方からも浄土真宗の門徒が訪れ栄えた吉崎ですが、今はかつてのような賑わいはなく、ちょっと物寂しい雰囲気漂う観光地って感じになってい...

  •  0
  •  0

能登さくら駅(本名:能登鹿島駅)の桜/昭和最後の春に名を授かり、平成最後の春の散り際を迎える

海の見える風光明媚な桜咲く無人駅に小さな列車が滑り込む・・・そんな田舎の桜風景を楽しめる駅が、能登半島にあります。その名も「能登さくら駅」。駅の本名は能登鹿島駅と呼ぶのですが、昭和63年の駅舎完成を機に「能登さくら駅」という愛称を授かり、今ではどちらかというと本名よりも愛称で呼ばれることのほうが多い気もします。それだけ愛されてるってことですかね。今では能登半島のみならず石川県でも屈指の桜名所になって...

  •  4
  •  0

渥美半島の菜の花畑「伊良湖菜の花ガーデン」で春を先取り!(ついでに伊良湖岬灯台も)

この冬こそ北陸でも割と穏やかな日が多かったけど、普段の冬の日本海側は毎日毎日ウンザリするほど曇りや雨・雪が続きます。だから、太平洋側の眩しいセカイは冬の北陸民にとっては憧れでもあるんですよね。それに、まるで春のように多くの花に包まれたセカイが広がっているのなら、何時間かけても行きたくなってしまいます!愛知県の東部の太平洋に突き出た渥美半島は、「常春」と呼ぶに相応しく年間を通して穏やかな気候に恵まれ...

  •  0
  •  0

日本三大水仙郷「灘黒岩水仙郷」と、西日本有数の要塞「洲本城」を散策する!/冬の淡路島ドライブ後編

「三大モノ」が好きな僕にとって、どうしても立ち寄りたい「冬の三大モノ」があります。一つ目は千葉県房総半島。二つ目は福井県越前海岸。そして三つ目が今回訪ねた兵庫県淡路島です。そう、三大水仙郷ですね(^^)。淡路島の水仙群生地は「灘黒岩水仙郷」と「立川水仙郷」が有名だけど、今回はそのうち、なんと500万本が自生すると言われている灘黒岩水仙郷を訪ねました!訪ねたのは1月の中旬。この時期はいわゆる「真冬」と言われ...

  •  2
  •  0