tag: 南砺市  1/4

南砺・縄ヶ池のミズバショウ群生地/池の畔に5万株!北陸ではとても希少な低地の大群生地!

冬は大変雪深い北陸の山地。そんな厳しい北陸の山地に春が訪れたことを告げるのが、ミズバショウの花です。北陸地方にはいくつかのミズバショウ群生地がありますが、中でも規模が大きくて、かつ登山の装備や技術などが全く不要で比較的簡単に行くことができるミズバショウの群生地が富山県にあります。富山県南西部にある、「縄ヶ池(なわがいけ)のミズバショウ群生地」です。花の見頃はその年の冬の厳しさや雪の量などに左右され...

  •  2
  •  0

そうだ紅葉ドライブ行こう in 五箇山/名もなき山道でも紅葉絶景が楽しめる!

2018年11月04日 富山県南砺市 五箇山北陸には、紅葉のシーズンに車を走らせるととても楽しい道がいくつかあります。中でも有名なのは「白山白川郷ホワイトロード」や「有峰林道」で、ともに有料道路で決して安くはない料金を払う必要があるのですが、紅葉の美しさはピカイチで毎年全国から多くの人が訪れています。しかぁ~し!今回の記事でお伝えするのは、北陸紅葉ドライブルートの中ではどちらかというと穴場的なスポットと言...

  •  2
  •  0

砺波平野の雲海/濃霧がもたらしたサプライズ!散居村を見下ろす八乙女山より 

2018年10月06日 富山県南砺市 八乙女山三連休の早朝、所用で富山県に向かっていたのですが、石川県と富山県の県境を過ぎた辺りから急に濃い霧に包まれました。僕の地元金沢市では、平地で霧が出るのは年に1回あるかないかの非常にレアな現象。一方、お隣富山県の砺波平野や福井県の福井平野では、頻繁ではないけれど年に何度かは必ず平地や市街地でも霧に包まれる日があります。たまたまこの日は早朝から砺波平野は一面濃い霧に...

  •  0
  •  0

砺波平野、初夏のチューリップ畑を撮る(2018)/思わず目を奪われる富山の春の風物詩

富山県はチューリップの県というのは割と有名な話・・・だと思っていますが、全国のみなさんいかがでしょう。意義は認めませんからね。富山県の球根類の出荷量は、鹿児島県、新潟県に次いで全国第3位、チューリップに絞れば全国一の量を誇ります。(鹿児島が球根王国だというのは意外でした!)また毎年4月後半からGWにかけて砺波市で開催される「となみチューリップフェア」は全国屈指のチューリップ名所として紹介されています...

  •  4
  •  0

五箇山・合掌造り集落の桜風景/厳しい冬を抜けて、五箇山にも春が来た

世界遺産の五箇山合掌造り集落。四季折々様々な情景を醸し出してくれるので、写真好きじゃなくても五箇山を愛する人は多いと思います。五箇山は春になると集落内の桜がいい感じで咲き、伝統の合掌造り家屋との見事な「和のコラボ」が楽しめるらしいことは聞いていました。しかし、写真の世界に足を踏み入れてから軽く7~8年経って、これまで結構な回数五箇山を訪ねてはいろんな季節の風景を楽しんできた私なのに、実は桜が咲く時...

  •  0
  •  0

五箇山の合掌造り集落 晩冬の雪景色(2018)/青空の下、白銀の世界遺産相倉集落

富山県西部の山間部に位置する、五箇山の相倉(あいのくら)集落。世界文化遺産「白川郷・五箇山の合掌造り集落」に指定された大変貴重な文化財であることは、多くの人が知っていると思います。この集落は春夏秋冬いつ訪れても日本の原風景を楽しめるのですが、そもそも何で屋根が手を合わせて「合掌」しているような形なのかというと、それはこの地域が大変雪深いからなんですよね。雪が積もる地域だからこそ合掌造り集落が形成さ...

  •  2
  •  0

砺波平野のチューリップ畑でのワンシーン/南砺の春はカラフルな絨毯がいっぱい!

春に咲く主役の花と言えば桜ですが、それとほぼ同じ時期に咲くもう一つの春の主役がチューリップ!お隣富山県はチューリップの生産地として全国的に知られていて、県の花はもちろんチューリップ。富山県の中でも特に県西部の砺波平野の田園地帯では、いくつものカラフルなチューリップ畑が広がっています。この時期は「となみチューリップフェア」が人気のエリアですが、美しく整備されたチューリップ公園だけではなくて、あえて「...

  •  8
  •  0

稲穂輝く秋の五箇山合掌造り集落(2015)/世界遺産菅沼集落のゴールデンな風景

今年の9月は6年ぶりの秋の5連休があり、北陸もまぁあちこち観光客で賑わいましたよ。天候にも十分に恵まれたし、暑さはあまり尾を引かずにスパっと秋に入れ替わってくれたおかげもあって、爽やかな秋の風情を満喫された方もきっと多かったでしょうね。さてそんなシルバーウィークに、シルバーならぬ「ゴールデン」な風景が広がるのが、富山県の山間部にある五箇山の世界遺産合掌造り集落です。毎年稲穂が輝く時期に五箇山または...

  •  8
  •  0

夏 緑いっぱいの五箇山を訪ねて/最も落ち着いた雰囲気が味わえる、菅沼合掌造り集落

前記事の白川郷に続いて、お次は五箇山の世界遺産合掌造り集落です。合掌集落は現代の日本人が忘れかけている「素朴さ」がウリの一つになっているのですが、菅沼集落はあまり観光地化が進んでいなくて、合掌集落の中では最も素朴な情緒が味わえる気がします。例えば春の桜とか、秋の稲穂とか紅葉とか、冬の雪景色とか、そういった「目玉となる光景」は6月にはなかなか見つけられないものなんですが、それが逆にいい味を出している...

  •  4
  •  0

福野夜高祭の引き合い(けんか行燈)/壮麗な行燈が激しくぶつかり合う「破壊」の儀式

毎年GWが近づいてくると、なんとなく南砺市福野がソワソワしはじめるような気がします。それは、「福野夜高祭」が近づいてくるから。福野夜高祭とは、旧福野町に古くから伝わる福野神明社の春の祭礼で、南砺・砺波・小矢部など砺波平野で広く行われている「夜高祭」の代表格です。これに関係する住民たちはこの行事にまさに「命を賭けている」と言っても過言じゃありません。「夜高行燈(あんどん)」と呼ばれる華美な装飾が施さ...

  •  4
  •  0