日本三名園のひとつ、金沢の兼六園
四季折々の美しい日本庭園を楽しめるとあって、多くの観光客を集めています。
兼六園と言えば冬の雪景色や春の桜景色、そして晩秋の紅葉が何かと話題になりますが、新幹線開業後は週末はほぼ例外なく賑わっていて、もはや兼六園にオフシーズンというものはないと言っても過言じゃないでしょうね。

最近は和服で着飾って金沢を歩くのが若い女性の間ではブームっぽくなっていて、数年前では全く見かけなかった華やかな姿の女性をすごくよく見かけます。
咲き始めた梅の花と華やかな和服を見ていると、春が来たな~って思います!

20170304140415.jpg


冬と春の狭間の3月。
この時期は雪景色を撮るにはちょっと遅くて、桜花爛漫を撮るには少し早い。
もしかすると兼六園にとってはちょっと中途半端な時期なのかもしれませんが、冬の名残りの雪吊りを眺めながら、春本番を目前に控えて次々と花開くウメの香りを楽しむ、なんというのはいかがでしょうか?
二つの季節を楽しめるから、ある意味贅沢な時期かもしれませんね~。

20170304134755.jpg


冬の間は晴れ間が少なくて週末に子連れで散歩できる日はほとんどなかったんですが、3月に入ると明るい空の日が増えました。
暖かくもなったし、いよいよ散歩シーズンの到来!ここは金沢市民らしく、早速兼六園でも散歩しましょう!
ってなワケで、今回は久しぶりに訪ねた兼六園の様子をお伝えします。

20170304125929.jpg


関連記事
スポンサーサイト

Tag:金沢 兼六園 三名園 梅林 金沢城 石川県 雪吊り

今冬の金沢は本当に雪が少なかったです。
せっかく北陸新幹線が金沢まで開通して、首都圏の人たちも気軽に北陸の冬を堪能できるようになったのに・・・
雪が降らなきゃ意味ないじゃな~い

もしかして、新幹線は人だけでなく天候まで連れてきちゃったのか・・・
なんて皮肉られている今日この頃です(^^;。

そんな冬ですが、立春も過ぎて次第に春らしさを感じられるようになった2月中旬の週末、珍しく朝から白銀のセカイやってきた!
今日撮らなかったらおそらく今年の雪景色はもう終わりだ!
そう思って、慌てて家を飛び出して、雪の積もった並木道に向かいました。

20170212103541.jpg

20170212110701.jpg

思えば、僕が写真を撮ることを好きになったきっかけを与えてくれた金沢太陽が丘のメタセコイア並木、通称「メタセ通り」
僕のホームグラウンドでもあるんですが、最近は全く撮ってなかったよなぁ。
久しぶりにカメラを持って、雪の降る中並木道を歩いてみました!


関連記事

Tag:金沢 太陽が丘 メタセコイア 並木道 雪景色 冬のソナタ

石川県を代表する名刹、小松市の那谷寺(なたでら)
那谷寺と言えば晩秋の紅葉が大変有名で、県内の紅葉名所の中でも指折りの美しさと人気を誇っています。
僕も秋の那谷寺にはもう何度もお邪魔しているんですが、今回はちょっと趣向を変えて冬の那谷寺を訪ねてみました。

列島は西日本を中心に大雪に見舞われていましたが、北陸は山沿いにほどよく積もる程度で済み、那谷寺もほどよい雪景色。
北陸を代表する名刹の、北陸ならではの冬の姿を楽しむことができました!

20170211134535.jpg
(那谷寺本殿大悲閣)

20170211133635.jpg
(奇岩遊仙境)


近年の北陸は(特に金沢は)、冬なら常に雪景色が見られるかっていうと決してそうではありません。
むしろ雪が積もっている日のほうが少ないかもしれません。
そんな中で、若干山沿いにある那谷寺は、平地の市街地よりも雪景色となる可能性が高いところです。
北陸で名刹の雪景色を楽しみたいなら、是非とも那谷寺へ!
20170211132420.jpg


関連記事

Tag:小松市 那谷寺 雪景色 石川県 名刹 奇岩遊仙境 大悲閣

2017年02月04日 石川県七尾市・珠洲市・能登町 能登内浦海岸


冬の北陸は連日曇りや雨・雪が続き、ウンザリすることもしばしばです。
せめて白銀の世界が広がればまだ救われるけど、近年は必ずしも雪景色が楽しめるワケではないですからね・・・
そんな北陸に住んでいると、冬のとびきり澄んだ青空が恋しくなり、稀にそんな空が広がった週末になると、とにかく景色を見にお出かけしたくなります。

北陸には、冬晴れの日に是非とも楽しんでほしい景色があります。
それは真っ白な雪をいただいたダイナミック山並みが連なる、北アルプス・立山連峰の絶景!
特に海の上に3000m級の山々が連なるシーンは、日本はおろか世界中探しても、この北陸くらいしか見られないそうです。

この絶景を楽しむためには、お膝元の富山県がベストなワケですが、何も富山だけの光景ではないのだ。
冬の北アルプス遠望を気軽に楽しみたいなら、能登半島の奥能登だって超オススメです!

20170204162938.jpg

20170204153622_1.jpg


能登半島には温泉もあるし、最近は「能登丼」というグルメも流行ってるし、冬だっていろいろ楽しめます。
今回は冬晴れの能登半島に向かい、「海の上の北アルプス」を中心に堪能してきました!
その様子をご覧ください。

20170204122856.jpg


関連記事
日本三名山のひとつ、霊峰白山の懐にある白峰という山里。
前記事にも書いた通り、白山市白峰は日本有数の豪雪地帯であり、冬は冷たい冷たい雪に閉ざされてしまうし、石川県内でも冬の気候が特に厳しいところです。
正直、よほどの用事でもない限り、平地に住む人はあまり寄り付かない場所かもしれません。

でも、毎年最も雪深くなる時期に、ほっこりととても温かみのあるイベントが行われることで、今や全国から観光客を集めるほどになりました。
村の集落いっぱいに雪だるまが並ぶ、その名も「雪だるままつり」です。

20170128173447.jpg

20170128174133.jpg


祭りと言っても、エイヤエイヤと大声を張り上げるようなものではありません。
集落に地域の方々が家族の数よりも多い数の雪だるまを作って、雪夜にライトアップするというもの。
とっても静かだけど、心がジンワリと温まり、ちょっとクセになるお祭りです(笑)。
地域外の若いボランティアの方々が加わって、大きな雪像やモニュメントも作られ、大人から子供まで人気のあるイベントです。

20170128172424.jpg

20170128170839.jpg


1月最後の週末、本来なら一年で最も寒さ厳しく雪が多く降るこの時期ですが、雪だるままつりが開かれたこの日はとても穏やかに晴れ、冬らしからぬ暖かさとなりました。
何年振りか忘れるくらいもう長い間このイベントには来ていなかったのですが、今回、子供も連れて雪だるまの里を歩いてみました!

ってなワケで、桑島雪だるままつりの様子をどうぞ!

20170128165711.jpg


関連記事

Tag:雪だるままつり 白峰 白山市 桑島 手取川ダム ライトアップ 雪だるま 豪雪