まっさの日々旅人な暮らし

北陸・金沢から発信!週末家でじっとしてられないオトコのお出かけ写真ブログです!

初夏の富士を彩るカラフルな花の絨毯。
カメラ好きなら誰もが憧れるそんな情景を見るために、富士山の麓を訪ねました。
「日本三大芝桜」というのがもし仮にあったとしたら、僕は今回訪ねた「富士芝桜まつり」をその筆頭に推したいです!
芝桜が美しい名所は全国各地にありますが、その借景が富士山という贅沢なロケーションは他の名所には決して真似できませんからね。
アメリカ合衆国のCNNが選んだ「日本の最も美しい場所31選」にもランクインしているという話だし、いまや世界が認める日本を代表する絶景地と言えるでしょうね。

20180428104915.jpg

20180428105841.jpg


芝桜は見頃まであと僅かという感じ。
多少まばらな感じもしましたが、場所によっては富士山を彩るに十分すぎるくらい美しい情景となっていましたよ~(^^)。
空にも恵まれて、とても綺麗な景色を収めることができました。
来て「正解」でした!

20180428110621.jpg


ってなワケで、今回の記事は「富士芝桜まつり」の様子です。
まだ行ったことがない方、どうぞ来年のGWの旅先として検討してみてはいかがでしょうか。

20180428112615.jpg


関連記事
スポンサーサイト

山梨県 富士河口湖町 富士山 芝桜 山岳風景

富山県はチューリップの県というのは割と有名な話・・・だと思っていますが、全国のみなさんいかがでしょう。
意義は認めませんからね。
富山県の球根類の出荷量は、鹿児島県、新潟県に次いで全国第3位、チューリップに絞れば全国一の量を誇ります。
(鹿児島が球根王国だというのは意外でした!)
また毎年4月後半からGWにかけて砺波市で開催される「となみチューリップフェア」は全国屈指のチューリップ名所として紹介されています。
そう、富山はまさにチューリップ王国!
香川県は公式に「うどん県」と称して全国に売り出している話は有名だけど、富山県だって「チューリップ県」を名乗ってもっと宣伝すれば、メルヘンチックな響きで若い人が集まってくるんじゃないでしょうか。

20180421100208.jpg

20180421123816.jpg

そんな富山県ですが、チューリップが咲く頃に訪れると、時々パっと明るい赤や黄色の畑が突然車窓に広がり、思わず目を奪われてしまいます。
4月下旬のとある週末、天気に恵まれたので富山のチューリップ畑の初夏のワンシーンを撮ってきました!
富山の春ならではの光景をお伝えします(^^)

20180421095554.jpg


関連記事

富山県 南砺市 チューリップ

世界遺産の五箇山合掌造り集落
四季折々様々な情景を醸し出してくれるので、写真好きじゃなくても五箇山を愛する人は多いと思います。

五箇山は春になると集落内の桜がいい感じで咲き、伝統の合掌造り家屋との見事な「和のコラボ」が楽しめるらしいことは聞いていました。
しかし、写真の世界に足を踏み入れてから軽く7~8年経って、これまで結構な回数五箇山を訪ねてはいろんな季節の風景を楽しんできた私なのに、実は桜が咲く時期に五箇山に行ったことがないことに昨年気が付いてしまいました。
そこで、急遽五箇山へ!
噂通り、見事な和のコラボが楽しめましたよ!

20180415094429.jpg

20180415095806.jpg


なぜ五箇山の桜を今まで見ていなかったか。
それは、五箇山で桜が咲く時期は、すでに麓の街ではチューリップとかに話題が移っちゃって、桜の存在がやや薄れてしまうからかもしれません(^^;。
あるいは普段あまり見ることのできない桜景色を追い求めて、五箇山ではなくもっと遠い街を見ていたのかもしれません。
今年は遠出をする時間もなかなか取れなかったのですが、それが功を奏して、地元北陸の綺麗な桜景色を再認識することができました!
写真の枚数はそんなに多くはないのですが、今年最後に撮った桜たちの写真をご覧ください。


関連記事

富山県 南砺市 世界遺産 桜景色 重要伝統的建造物群保存地区 五箇山

2018年04月03日 石川県金沢市 石川県教員総合研修センター(高尾城跡)


金沢市の南東部の丘陵地に、毎年春になると薄紅色の桜に包まれる小高い丘があります。
高尾町の石川県教員総合研修センターですが、金沢市民であれば「県教育センター」という名前のほうが馴染みがありますかね。
平成29年に県教育センターから今の名前に変わったようです。
地元ながら知らなかった~(^^;
20180403163445.jpg

20180403163739.jpg


この地の桜は結構前から金沢市内指折りの桜の名所ということで知名度は割と高かったのですが、実はまだここの桜を撮ったことがなかったんですよね~。
今年の春、ようやくこの地の桜も楽しむことができました(^^)。

幹線道路から山のほうへ若干入ったところに教育センターがあります。
この辺りの地理に不慣れな場合、ちょっと分かりにくいところにあるので注意が必要ですが、桜色に染まった丘は少し離れたところからも見えますので、それを目印にするといいかもしれません。
駐車場に至る道路と駐車場付近に桜がたくさん植えられていて、満開の時は結構見応えのある桜景色が楽しめます。
20180403160646.jpg


駐車場に咲く桜たちがとても華やか。
それもそのはず、ちょうどこの日、金沢のソメイヨシノは満開宣言を迎えたのです。
今年の北陸の桜はとても早く、金沢では3/28日に開花(平年は4月4日)、そして4/3に満開(平年は4月10日)となりました。
いつもの年よりも1週間も早い春爛漫だったのです。
20180403160516.jpg


駐車場付近の桜だけでも十分満足できるんですが、ここの特徴は小高い丘の上から桜と金沢平野を一望できることです。
ではセンターの駐車場に車を止めて、丘の上を目指しましょう!


関連記事

石川県 金沢市 展望台 桜景色

「今年の桜はあっと言う間だったねぇ」
なんて声をよく耳にしました。
確かに、今年2018年の北陸の桜は、あっという間に咲いて、気が付けば桜吹雪になっていた、そんな感じでした。
冬はしっかりと冷えて雪がたっぷり降ったし、3月以降は一転して暖かい日が続き、とうとう弥生に雪を見ることはなかった・・・そんなメリハリのある冬と春だったから、桜の成長が早かったのかもしれません。
さらにこの春は公私ともに忙しくて桜の名所をゆっくり回る時間がほとんどとれず、毎年のようにやっていたお花見旅もできずじまいで桜の季節は終わりを迎えてしまいました。
でも日常生活の中で写真に収められた桜景色がいくつかあるので、ブログで紹介したいと思います。

今年最初のお花見は富山市です。
まさかまさかの3月に満開という偉業を成し遂げた桜の名所、松川べり・磯部堤の桜並木。
満開の報せを聞いて半信半疑で訪ねてみたのですが、うん、確かにこりゃ満開だわ(笑)。

20180401143014.jpg

20180401142207.jpg


4月初日にここまで立派に桜が咲いたのを見た記憶がないような・・・。
「まだ4月になったばかりだから」と油断していた人もきっと多かっただろうな。
ってなワケで、今年最初の桜の記事は、北陸で最も早く満開を迎えた桜並木の様子をお伝えします(^^)

20180401143912.jpg


関連記事

富山県 富山市 桜景色 並木 子供向け