2017年の桜シーズン、どこかお花見の旅へ行ってきましたか?
僕の場合、お花見のために遠出ができるチャンスはたまたま代休がとれた4/7(金)のたった1日だけしかありませんでした。
この日の天気は全国各地どこもかしこも雨でハッキリ言ってお花見をするには最悪の天気だったのですが、でもこの日を逃してしまうと今年の花見旅はおそらく不可能と踏んで、天気などお構いなく思い切って旅立ちました(旅と言っても日帰りですが・・・)。

実は、「今年こそは観に行きたい!」と思っていた桜景色があったのですが、そこへ行く前にちょっとだけ遠回りをして「ついで」で観に行った桜名所があるんです。
ところがそのスポットがですね、「ついでに行こう」と思ったのが申し訳ないと思ったくらい、満足のいく桜景色でした。

西日本有数の桜名所、「さくらの名所百選」にも選ばれている、鶴山公園(津山城)の桜です!

20170407113746.jpg

20170407103517.jpg


家を出て、何時間も走って、「まだ時間が早いからついでに行けるところがないかなぁ」と思ってたまたま探し当てたのがこの津山城でした。
そもそも津山城の存在すら自分の中ではビミョーで、「そんな城、あったっけ?」って感じだったのですが、実際に行ってみると城跡としても立派でしたが桜名所としては間違いなく全国有数レベルだと思いましたよ。
あいにくの天気で、本当に美しい津山の桜は見られなかったけど、心底「行って良かったなぁ」と思えた桜名所でした!

20170407104634.jpg


なかなか始まらないなぁとじらされた上に、あっという間に過ぎ去ってしまった2017年のお花見シーズンでしたが、今年も何か所か素敵な桜景色に会うことができました。
ってなわけで、岡山県の津山城を皮切りに2017年の桜ネタのはじまりはじまりです(^^)。


関連記事
スポンサーサイト

Tag:岡山 津山市 津山城 桜の名所 鶴山公園 花見 桜景色

富山県西部射水市の富山湾に面した新湊(しんみなと)という街。
熱烈な高校野球ファンなら、新湊と聞くと血が騒ぐという人もごくごく一部いらっしゃるのではないでしょうか(^^)。
それに、「釣」「網」「魚」など漁師町ならではの珍しい苗字が多い町として、たまにバラエティ番組なんかで紹介されています。
そんな港町新湊で一番の観光スポットと言えば、富山新港の海王丸パークが有名。
天気が良かった4月の週末、少しだけ足を伸ばして新湊を訪ねてきました。
お目当ては何と言っても帆船海王丸とバックに聳える立山連峰!・・・でしたが
残念ながら立山連峰はてっぺんに雲がかかってご機嫌ナナメな様子。
でも青空と白い海王丸のコントラストが綺麗でした!
20170402132135.jpg

20170402145043.jpg


さらに「日本のベニス」という異名を持つ「内川」という運河沿いの美しい町並みも!
「へぇ、富山にこんなところがあったんだ・・・」とちょっと意外な発見でした。
20170402155452.jpg

20170402153628.jpg


ってなワケで、世間はすっかりサクラモードに入っていますが(ってか、すでに桜は散り始めていますが)、桜ネタはこの次以降にしまして、今回は「親子連れで新湊で過ごすまったりな休日プラン」をご紹介します(^^)。


関連記事

Tag:富山県 新湊 射水市 海王丸 内川 日本のベニス 運河 立山連峰

三重県桑名市にあるなばなの里
冬から春にかけて国内最大級のイルミネーションに彩られるのは結構有名な話で、地元東海地方以外の人にとって「なばなの里と言えばやっぱりイルミネーションっしょ」というのがなんとなく共通の認識のような気がしています。
ですが、そもそもなばなの里のジャンルは「植物園」であり、いつ訪れても四季折々の花が楽しめる花と緑のテーマパークってのが本業のハズ。
今回はイルミネーションではなく、季節の花を楽しむためになばなの里を訪ねました。

3月下旬のなばなの里の主役と言えば、やっぱり河津桜!

20170325141252.jpg

20170325122704.jpg

見頃後半って感じでしたけど、見頃は見頃!
ソメイヨシノよりも一足早く春爛漫を味わうことができましたよ~。


関連記事

Tag:なばなの里 河津桜 三重県 桑名市 チューリップ

3月の三連休最終日。若干霞んだ空ではあったけど、晴れて行楽日和になりました。
空が霞んでいると山や海に出かけても多分後悔してしまう。ならば街に出かけてみようではないか。
そう思い、娘を連れてやってきたのが富山県高岡市です。金沢から車で1時間ほど、ドライブとしてはちょうどいい距離感です。

高岡と言えば、銅器の街!
銅にまつわる観光地が、実は駅から歩いてでも行けるところにあるんです!

日本三大大仏の一つ(といわれている)高岡大仏!
20170320133535.jpg


そぞろ歩きが楽しい鋳物師の町、金屋町!
20170320150049.jpg


富山県、特に呉西エリアに住んでいる人なら誰でも胸張って「あんなとこ行ってもしゃ~ないちゃ~(しょーがないよ)」と口を揃えて否定しますが・・・
もっとアピールしてもいいと思いますよ!
ってなわけで、今回はたまに通りはするんだけどなかなか立ち寄らない街高岡の再発見のプチ旅リポートです(^^)!


関連記事

Tag:富山県 高岡市 高岡大仏 金屋町 古い町並 重要伝統的建造物群保存地区 三大大仏 高岡銅器

日本三名園のひとつ、金沢の兼六園
四季折々の美しい日本庭園を楽しめるとあって、多くの観光客を集めています。
兼六園と言えば冬の雪景色や春の桜景色、そして晩秋の紅葉が何かと話題になりますが、新幹線開業後は週末はほぼ例外なく賑わっていて、もはや兼六園にオフシーズンというものはないと言っても過言じゃないでしょうね。

最近は和服で着飾って金沢を歩くのが若い女性の間ではブームっぽくなっていて、数年前では全く見かけなかった華やかな姿の女性をすごくよく見かけます。
咲き始めた梅の花と華やかな和服を見ていると、春が来たな~って思います!

20170304140415.jpg


冬と春の狭間の3月。
この時期は雪景色を撮るにはちょっと遅くて、桜花爛漫を撮るには少し早い。
もしかすると兼六園にとってはちょっと中途半端な時期なのかもしれませんが、冬の名残りの雪吊りを眺めながら、春本番を目前に控えて次々と花開くウメの香りを楽しむ、なんというのはいかがでしょうか?
二つの季節を楽しめるから、ある意味贅沢な時期かもしれませんね~。

20170304134755.jpg


冬の間は晴れ間が少なくて週末に子連れで散歩できる日はほとんどなかったんですが、3月に入ると明るい空の日が増えました。
暖かくもなったし、いよいよ散歩シーズンの到来!ここは金沢市民らしく、早速兼六園でも散歩しましょう!
ってなワケで、今回は久しぶりに訪ねた兼六園の様子をお伝えします。

20170304125929.jpg


関連記事

Tag:金沢 兼六園 三名園 梅林 金沢城 石川県 雪吊り