まっさの日々旅人な暮らし

北陸・金沢から発信!週末家でじっとしてられないオトコのお出かけ写真ブログです!

兼六園はどの季節がオススメですか?
よくそんなことを聞かれるのですが、春夏秋冬どの季節に訪れたって綺麗だと思うんです。ハズレはありません。
僕個人が特に強くオススメしたいのは雪が積もった姿なんですが、雪に慣れていない人の場合はちょっと難しいかな。
いっぽう、初夏の兼六園も写真好きにはたまりません!
特に5月下旬から6月上旬にかけて、緑多い兼六園では、曲水に4万本のカキツバタが咲き乱れ、その景観は見事!

20180525104854.jpg


経験則から言ってこの時期は金沢での晴天率は結構高く、新緑の眩しさと園内を彩るお花たちを楽しめます。
天気が悪かったとしても、シットリとした名園の風情を楽しめるでしょう。

では、初夏の兼六園2018年バージョンをご覧ください(^^)
20180525102833.jpg


関連記事
スポンサーサイト

石川県 金沢市 日本庭園 お城 兼六園 カキツバタ ご当地グルメ

2018年05月25日 石川県加賀市 加賀海岸(加佐ノ岬周辺)


石川で夕日が綺麗な場所はいくつもありますが、特に海に沈む夕日がオススメですね~(^^)
県の西側のほとんどが海に面しているので、海に沈む夕日を眺めるスポットは石川県には腐るほどあります。
そんな中でも特に美しい海夕景を求め、石川県の海岸では最南端に近い加賀海岸の加佐ノ岬に向かいました!
ここは、なだらかな砂浜海岸が多い加賀地方の中では珍しくゴツゴツした岩場の多い海岸で、ここで見られる夕景は、夕空に浮かぶ岬のシルエットが特徴的なんです。

加佐ノ岬に着いた時は、まだ少し太陽が高め。
夕日の時間までもうしばらく待つ必要がありましたが、でも西に傾いた太陽が照らすキラッキラな眩しい黄金の海、これも夕景の醍醐味の一つですよね。
20180525174548.jpg


「加佐ノ岬の夕日」とは言いつつも、加佐ノ岬そのものに立ってはいけません(もちろん岬からも海に沈む夕日は見えるけど、岬に立っちゃうと岬のシルエットは当然ながら見えないからね)。
加佐ノ岬周辺には夕日のスポットがいくつかあったのですが、その一つが「泉浜入口の広場」
少し車を停められるスペースがあって、海や岬を見渡せる崖の上には展望台が整備されています。
「泉浜」は崖から階段を降りたところにありますが、今回そちらには行かず展望台から海を見下ろす形で夕日を眺めます。
20180525174740.jpg


下の地図が、今回訪ねた夕日スポットのだいたいの場所。
橋立集落(下の地図のさらに右)から加佐ノ岬に向かう道の途中、岬の駐車場の少し手前にある「夕日ポイントA」が泉浜入口の展望台です。
そしてそれよりもさらに手前にある「夕日ポイントB」は、Aよりもさらに海に突き出た岬の様子がよくわかります。
(夕日ポイントAとかBとかってのは、僕が今勝手に名付けた名前ですのであしからず)
kasanomisaki_sunset_viewpoint.png

どちらで夕日を待てばいいか迷ってしまいますが、車で1分ほどで行き来できるくらい近い場所なので、本格的な夕日タイムの前に両方ともチェックしておくといいかもしれないね。
では、夕日の時間まで待つことにしよう!


関連記事

石川県 加賀市 海岸風景 朝日夕日

2015年の冬にオープンした伊豆箱根の新しい観光スポット、「三島スカイウォーク」
見るからに非常に立派な吊橋ですが、その長さは歩行者専用吊橋としてはなんと日本一!
そして高さ70mのその名の通り空中散歩(SKYWALK)が楽しめるということで、富士箱根を回った2018年のゴールデンウィーク旅の途中に立ち寄ってみました!

20180429095131.jpg

富士山が望めるスポットとして有名ですが、この日は天気が抜群に良くて、ポスターとかにありそうなとても綺麗な景色が楽しめましたよ!

20180429095810.jpg


ってなワケで、今回の記事は三島スカイウォーク体験記です(^^)。
初夏の箱根山麓を吹く心地よい風に揺られながらの空中散歩でした。


関連記事

静岡県 三島市 展望台 富士山 山岳風景

初夏の富士を彩るカラフルな花の絨毯。
カメラ好きなら誰もが憧れるそんな情景を見るために、富士山の麓を訪ねました。
「日本三大芝桜」というのがもし仮にあったとしたら、僕は今回訪ねた「富士芝桜まつり」をその筆頭に推したいです!
芝桜が美しい名所は全国各地にありますが、その借景が富士山という贅沢なロケーションは他の名所には決して真似できませんからね。
アメリカ合衆国のCNNが選んだ「日本の最も美しい場所31選」にもランクインしているという話だし、いまや世界が認める日本を代表する絶景地と言えるでしょうね。

20180428104915.jpg

20180428105841.jpg


芝桜は見頃まであと僅かという感じ。
多少まばらな感じもしましたが、場所によっては富士山を彩るに十分すぎるくらい美しい情景となっていましたよ~(^^)。
空にも恵まれて、とても綺麗な景色を収めることができました。
来て「正解」でした!

20180428110621.jpg


ってなワケで、今回の記事は「富士芝桜まつり」の様子です。
まだ行ったことがない方、どうぞ来年のGWの旅先として検討してみてはいかがでしょうか。

20180428112615.jpg


関連記事

山梨県 富士河口湖町 富士山 芝桜 山岳風景

富山県はチューリップの県というのは割と有名な話・・・だと思っていますが、全国のみなさんいかがでしょう。
意義は認めませんからね。
富山県の球根類の出荷量は、鹿児島県、新潟県に次いで全国第3位、チューリップに絞れば全国一の量を誇ります。
(鹿児島が球根王国だというのは意外でした!)
また毎年4月後半からGWにかけて砺波市で開催される「となみチューリップフェア」は全国屈指のチューリップ名所として紹介されています。
そう、富山はまさにチューリップ王国!
香川県は公式に「うどん県」と称して全国に売り出している話は有名だけど、富山県だって「チューリップ県」を名乗ってもっと宣伝すれば、メルヘンチックな響きで若い人が集まってくるんじゃないでしょうか。

20180421100208.jpg

20180421123816.jpg

そんな富山県ですが、チューリップが咲く頃に訪れると、時々パっと明るい赤や黄色の畑が突然車窓に広がり、思わず目を奪われてしまいます。
4月下旬のとある週末、天気に恵まれたので富山のチューリップ畑の初夏のワンシーンを撮ってきました!
富山の春ならではの光景をお伝えします(^^)

20180421095554.jpg


関連記事

富山県 南砺市 チューリップ