まっさの日々旅人な暮らし

北陸・金沢から発信!週末家でじっとしてられないオトコのお出かけ写真ブログです!

ここ数年で、「天空の〇〇」と称される観光名所がかなり増えた気がします。
特に耳にするのが「天空の城」でしょうか。
雲海の上にそびえる天守閣や石垣で、竹田城や越前大野城が有名になりましたよね~。

天空らしさを醸し出す上で欠かせないのが「雲海」であり、近年雲海を楽しむための施設、あるいは雲海とは言わないまでもめちゃくちゃハイレベルな空中散歩が楽しめる〇〇テラスと呼ばれる場所が増えてきました。
今回の記事では、そんな天空のテラスのうち、東日本を代表するテラスと西日本を代表するテラスを写真とともに一気に書き連ねてみました。

東の横綱、長野県の竜王マウンテンパーク「SORA terrace」
20171008122908.jpg

20171008134322.jpg


西の横綱、滋賀県のびわ湖バレイ「びわ湖テラス」
20161015144121.jpg

20161015143734.jpg

各テラス個別の記事はすでに数多くあるけれど、二つとも一気に説明する記事はなかなかないぞ!(笑)
ってなわけで、東西日本を代表する天空のテラスをご紹介!
どっちが上とか下とかじゃなくて、とにかくどちらもスゴいんです!ってのが正直な感想かな(^^)。

20171008122700.jpg

20161015144327.jpg


関連記事
スポンサーサイト

竜王マウンテンパーク ソラテラス 長野県 雲海 びわ湖バレイ びわ湖テラス 滋賀県 ロープウェイ 紅葉

2017年08月28日 北海道函館市


北陸・金沢から、北陸新幹線・東北新幹線・北海道新幹線を使って北の大地北海道へ!
かつて、北陸から北海道へ向かうとなると、飛行機を利用するか、あるいは寝台特急に乗ってそれこそ半日以上の長旅が必要でした。
それが、2016年に北海道新幹線が函館まで開通し、一応は北陸と北海道が鉄路で結ばれたのです。
今まで一度も足を踏み入れたことがなかった北海道へ、新幹線で上陸してみよう!
そしてごくごく一般的な週末(土日)でどれだけ函館を満喫できるのか、やってみよう!

多少無謀とも思えるかもしれないそんな旅を強行してきました。
今回はそんな弾丸ツアーの後編、2日目の様子をお伝えします。

20170827094237.jpg
(函館らしからぬ風景が楽しめた立待岬)

20170827103716.jpg
(在りし日の姿を再現 摩周丸)

20170827123529.jpg
(函館観光では外せない、五稜郭)


新幹線の終着駅であり、全国的な知名度は抜群であり、そしてコンパクトな市街地の中に数多くの観光スポットがギッシリと詰まっている。
金沢と函館はそういう意味ではとても似た街であると思うんですよね。
もともと函館という街には興味を抱いていましたが、今回の旅を通して函館が好きになりました!
晩夏の函館旅、是非一緒に楽しんでください!


関連記事

北海道 函館市 海鮮丼 摩周丸 立待岬 五稜郭 五稜郭タワ 箱館奉行所 北海道新幹線

8月最後の週末。
僕と息子は、ちょっとおバカな旅を計画しまして・・・。

その名も
「ごくごくフツーの週末に、金沢から函館まで新幹線で往復1泊2日弾丸旅行!」

2015年3月に金沢まで開通した北陸新幹線と、その翌年2016年3月に津軽海峡を渡って北の大地北海道の函館まで伸びた北海道新幹線。
これら2つの新幹線を乗り継いで、片道6時間強、1200kmを超える大移動を伴う1泊2日の旅を考えたのです。
ハッキリ言って、バカですね(爆)。
この無謀というか、勿体ないというか、ほとんど誰もやらない旅を敢えて息子と2人で体感してきましたよ。

午前7時30分 金沢駅前
20170826073120.jpg

↓↓↓↓↓↓↓↓

午後2時15分 函館駅前
20170826141620.jpg

今回の旅では、函館の滞在時間はおよそ24時間です。
多少無謀な計画に思えるかもしれませんが、実は24時間あれば函館のいろんな名所を見て回ることができ、結構おなかいっぱいになるんです(^^)。

異国情緒溢れる元町散策
20170826155614.jpg


函館に行ったら欠かせない、函館山の100万ドルの夜景
20170826185720.jpg


北海道新幹線の開業のニュースを見ながら、いつか新幹線で北海道に上陸したいと密かに思っていたのですが、意外と早くにその夢は実現することになりました。
フツーの人間ならまずやらない金沢-函館新幹線旅行、その第1日目の様子をお伝えします!


関連記事

北海道 函館市 函館山 夜景 函館ラーメン 元町 はやぶさ 新幹線 新函館北斗 弾丸旅行

夏の郡上八幡そぞろ歩きの旅。後編は郡上八幡の城下町散策です。
郡上八幡と言えばお城が有名で、そばを通る高速道路からも城下町よりもお城がとにかくよく見えます。
ですが、お城の下に広がる城下町も見所がたくさんあって、そぞろ歩きが楽しいんですよね~。

郡上八幡は「水のまち」とも呼ばれていて、街のすぐそばを清流の吉田川が流れ、街中のいたるところに小さな用水があり、古くから続く市民と水との深い関わりを知ることができます。
特に暑い夏は、冷たい水と戯れることができる郡上八幡がオススメかも(^^)。

20170820161405.jpg
(清流 吉田川)


伝統的な家屋が連なる城下町の町並みも歩いていて楽しいです。
郡上八幡は吉田川を挟んで「北町」と「南町」に分かれていますが、どちらも歩いてみることをオススメしますよ(^^)

20170820143340.jpg
(古い町並み)

20170820155944.jpg


ってなわけで、時間が許す限り歩きまくった城下町郡上八幡です。
「今度の旅行は高山にしようか・・・それとも郡上八幡にしようか・・・」と悩んでいる人も少なくないかもしれませんが、日頃の喧騒を忘れて心の洗濯をしたいなら、郡上八幡もいいかもしれませんよ。

20170820123813.jpg
前編 郡上八幡城はこちら


関連記事

郡上八幡 城下町 水のまち 郡上市 岐阜県 重要伝統的建造物群保存地区 郡上おどり

夏のとある週末、少しだけドライブをしたくなって、岐阜県美濃地方の山あいにある小さな町、郡上八幡に行ってきました!
東海北陸道を使って金沢や富山から2時間、反対方向の名古屋からなら僅か1時間。
高速のインターチェンジの名前になっている(郡上八幡IC)し、市街地を見下ろす山のてっぺんに立派なお城があって高速道路からもよく見えるので、結構多くの人が郡上八幡という名前くらいは知っているんじゃないかな。

郡上八幡といえばやっぱり「城」。今回の郡上八幡そぞろ歩きは、街のシンボルにもなっている郡上八幡城からスタートです!

20170820123813.jpg
(郡上八幡城)


そして郡上八幡はお城だけじゃないってことがよく分かりました!
街のあちこちに古い町並みやお寺、それに美しい水辺などの見所があって、夏のそぞろ歩きがとても楽しい街だと言えます。

20170820142145.jpg
(やなか水のこみち)

ってなワケで、思いつきで出かけた夏の郡上八幡をお伝えします(^^)。
前編は郡上八幡城。そして郡上八幡の城下町散策は後編で!

20170820143236.jpg
後編 郡上八幡散策はこちら

関連記事

郡上八幡 郡上八幡城 郡上市 岐阜県 城下町 天守閣